• Thu. Dec 8th, 2022

手越祐也、滝沢秀明氏にスルーされ「フォロー外した」? 揶揄したアカウントから「ブロックされた」報告も

 10月末でジャニーズ事務所を退社した元副社長・滝沢秀明氏。同氏は退社後の11月に、Twitterにアカウントを開設したが、元NEWS・手越祐也との間でちょっとした“事件”が起きているようだ。

 元ジャニーズの赤西仁や山下智久、錦戸亮が7日、各々のTwitterで滝沢氏のアカウントを紹介したことから、フォロワーが爆発的に増加。その後、しばらくはアカウントのプロフィール欄が頻繁に変更されたり、赤西らの投稿をリツイートするなどしていたが、8日の午後5時2分に、ようやく初めてのツイートが行われた。

「初投稿は画像で、そこには『時代、時代がただただ流れていってしまわぬ様に 平等に与えられた未来という場所で 僕ら人間が夢を見るだけでなく掴む為に たったそれだけの事。一個人ではありますが、皆様引き続き宜しくお願いします。滝沢秀明』と意味深な文章がつづられていました。ただ、この画像はなぜか上下逆さまであったため、『使い慣れていないから、ミスっちゃったのかな?』『わざと逆さまにしたの?』など、さまざまな臆測を呼んでいます」(芸能ライター)

 同投稿は9日午後3時現在、16万件以上のリツイートと、78万件を超える「いいね!」を獲得しており、この謎めいた画像は大いに注目を集めているようだ。なお、現時点までに、滝沢氏のアカウントは新規投稿を行っておらず、画像が逆さまである真意はわかっていない。 

「一方で、2020年6月にジャニーズ事務所を退所した手越と滝沢氏の関係が注目されています。というのも手越は7日、滝沢氏のアカウントに対して『僕にとって色んな相談に乗ってくれたり、親身になって受け止めてくれた頼れる先輩です。なにも知らない人たちに不仲みたいな記事たくさん書かれましたが... これからもよろしくお願いします』と投稿。しかし、滝沢氏は前出の赤西、山下、錦戸の投稿をリツイートする一方、手越のツイートはしばらくスルーしていたんです」(同)

 手越は当初、滝沢氏のアカウントをフォローしていたと思われるものの、投稿をスルーされた影響なのか、その後、フォローを外してしまったようだ。

 とはいえ、赤西ら3人の投稿は、文章の冒頭以外に滝沢氏のアカウント名を添える“メンション”と呼ばれる形だったのに対して、手越が行った投稿は文頭にアカウント名を添える“リプライ”であったため、ファンから「メンションにしないと気付かないんじゃない?」「文末にアカウント名をつけて」などの助言が相次いでいた。

「リプライとメンションでは表示される形が違うため、その影響で滝沢氏が手越の投稿に気付かなかった可能性がある模様。結局、手越は自身の投稿を引用リツイートし、これに滝沢氏のアカウントが『いいね!』をつけていました。しかし、手越は滝沢氏から無視された揚げ句、不貞腐れてフォローを外したような格好になってしまったのは事実。Twitter上では『やっぱり手越とタッキーって不仲なのかな』『フォロー外した後に「いいね!」されてるの笑う』など、揶揄するようなコメントが続出。さらに、こうした投稿を行ったアカウントから『手越にブロックされた』という報告が相次いだため、さらなる騒ぎに発展しています」(同)

 一連の流れに「タッキーとのことを揶揄されてブロックするの、手越っぽくてほっこりした」「手越くんらしくてかわいい」と好意的な声も寄せられている手越。意図的にフォローを外したのかどうか、真相が気になるところだ。