• Wed. Dec 7th, 2022

電子レンジでカンタン味噌汁! うれしい栄養が詰まったおすすめレシピ3種類を紹介

ByAdmin

Nov 11, 2022

――調味料ソムリエ/野菜ソムリエでカレーマイスターのMICHIKOさんが、定番料理の簡単おいしいアレンジ方法を紹介します。今回は、カンタン味噌汁3種類です!

 温かい汁物が恋しくなるこの季節! 味噌汁が体に良いことはわかっていても、作るのは面倒……という方も多いのではないでしょうか。そこで、手軽に作れる「カンタン味噌汁」のレシピをご紹介します。

 カップに味噌と顆粒だし、具材を入れて、沸騰したお湯を注ぐだけでいいんです。お湯の代わりに水を加えて、電子レンジで加熱しても大丈夫。味噌は固まったものだけでなく、液状や顆粒のものもあります。ワカメやネギなどが入った乾燥具材を常備しておけば、具材のバリエーションも増え、お湯だけでなく、牛乳や豆乳、トマトジュースやココナッツミルクなどを入れれば、いろいろな味わいを楽しむことができますよ!

いつもの「和風味噌汁」

 

材料 分量(1人分)
豆腐(さいの目切り) 40g
万能ねぎ(小口切り) 適量
味噌 大さじ1
顆粒だし 小さじ1/3
熱湯 200ml

 

おしゃれな「サラダ味噌汁」

 

材料 分量(1人分)
ミニトマト 2個
レタスの葉 1/3枚
味噌 大さじ1
顆粒だし 小さじ1/3
熱湯 200ml

※水(100ml)と豆乳(100ml)を合わせてもOK

万能「お手軽味噌汁」

 

材料 分量
味噌汁用の乾燥具材パック(市販) 4g
味噌 大さじ1
顆粒だし 小さじ1/3
熱湯 200ml

 

(1)カップに水と顆粒だし、味噌、好みの具をそれぞれ入れる。
(2)沸騰した湯(200ml)を(1)に加えて、全体をよく混ぜる。または、(1)に水(200ml)を加えて、電子レンジ(600w)で2分30秒~3分ほど加熱して取り出し、全体をよく混ぜる。

カンタン味噌汁の加熱時間は?

 豆腐やネギ、油揚げなどの火の通りやすいものは電子レンジ(600w)で3分ほど加熱します。一方、火の通りにくい大根やにんじんなどの根菜類は薄切りにし、5分程度を目安に加熱してください。あらかじめ、野菜等の具材を軽くラップをして電子レンジで加熱したものを、具として加えるのもおすすめです。

*電子レンジを使う場合は、電子レンジ可のカップをチョイスしましょう。
*だし入りの味噌を使う場合は、顆粒だしは省きましょう。
*電子レンジで豆乳などを加熱する場合、吹きこぼれることがあるので気をつけましょう。

カンタン味噌汁のおすすめ食材

 上で紹介し具材以外にも、すりおろし生姜やカレー粉、切干大根やキャベツ、アボカド、桜えびやとろろ昆布、サバ缶や生ハムなどを加えてもおいしいです。

 また食べる時に、オリーブオイル、MCTオイルなどを小さじ1かけると、口当たりもよくなり、オイルの効果も期待できます。具材を選ぶコツは、火の通りやすいもの、生食ができるもの、味噌汁用乾燥具材などを選びましょう。

味噌汁にはうれしい栄養がいっぱい

 味噌は、味の素、命の素、美の素の3つの効用があるともいわれ、美しい肌や髪、爪をつくるのに大切なたんぱく質が多く含まれ、アンチエイジングも期待できます。また、イソフラボンも豊富なので、ホルモンバランスやダイエット、健康効果も。味噌汁にはうれしい栄養素がいっぱい詰まっています。

 栄養価の高い味噌と、さまざまな栄養素の具材をまるごと摂取できる味噌汁は、ヘルシーで万能な一品。朝の味噌汁はカラダを温めて1日の活力を補ってくれるとか。味噌汁を毎日飲んで、美と健康力をアップさせましょう!