• Fri. Dec 9th, 2022

『世にも奇妙な物語』パクリ疑惑、リメーク版が不評……物議を醸した迷作4作品

 11月12日午後9時から、フジテレビ系「土曜プレミアム」枠で『世にも奇妙な物語’22 秋の特別編』が放送される。ストーリーテラーはおなじみのタモリで、今回は土屋太鳳、沢村一樹、観月ありさ、Snow Man・渡辺翔太がそれぞれ主演する4作品のオンエアが予告されており、ネット上のファンも楽しみにしている様子だ。

 『世にも奇妙な物語』自体、30年以上にわたって放送されている人気シリーズだが、長年続いてきた歴史の中には、さまざまな理由で物議を醸した作品がある。

「例えば、2015年11月の『世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP』の2週目(同28日)に放送された『箱』は、ネット上で海外映画の“パクリ”疑惑が噴出しました」(映画誌ライター)

 同回は、「映画監督編」と題され、“日本の有名映画監督による演出”の作品がラインナップ。『箱』も、三度の映画化を果たしたフジテレビのヒットドラマシリーズ『アンフェア』などで知られる佐藤嗣麻子監督が脚本・演出を手がけていた。

「『箱』は、竹内結子さん(20年9月に死去)が演じる主人公・吉野朔子が何者かによって箱に閉じ込められ、携帯電話を使って脱出を試みるというストーリー。しかし、この内容について、一部ネット上では(10年公開)の『パクリではないか』と大騒ぎになったんです」(同)

 『[リミット]』は男性主人公のポール・コンロイ(ライアン・レイノルズ)が何者かに襲われ、気がついた時には棺の中に閉じ込められており、手元にあった自分のものではない携帯電話で外界とのコンタクトを試みるというストーリーだったが……。

「確かにこれは『箱』とほぼ同じ設定ですし、オチ自体は異なったものの、内容が酷似しているのは間違いない。なお、クレジットにも『リミット』が原案であるとする記載がなかったため、ネット上には困惑が広がるとともに『佐藤監督にはガッカリ』『海外作品ならバレないと思った?』との苦言が寄せられました」(同)

 また同回では、妻夫木聡主演の『幸せを運ぶ眼鏡』も放送されたが、こちらにもまさかの“パクリ疑惑”が浮上。同作は、フジテレビだけでなく日本のドラマおよび映画史に残る金字塔となった『踊る大捜査線』シリーズなどの本広克行氏が監督を務め、脚本もやはり同局でドラマが放送され、劇場版にもなった『信長協奏曲』シリーズなどの宇山佳佑氏が手掛けた。

「『幸せを運ぶ眼鏡』のストーリーは、独身で冴えない主人公・村上涼太(妻夫木)の人生が、特殊な機能を持つ眼鏡の力で好転していくも、次第に眼鏡の指示に頼りきりになって……というもの。ドラマが放送される約1週間前、小説家・渡辺浩弐氏がTwitterで『「世にも奇妙な物語」のスタッフさんに2年ほど前、眼鏡型端末を使ったシナリオ企画を渡したことがあります。主人公は彼女をゲットするためにそれを利用しようとします。視界に表示される情報で相手の好みを調べつつデートするのですが…という話。その後音沙汰ないけどあの企画どうなったかな』(原文ママ、以下同)と投稿し、波紋を呼んだんです」(週刊誌記者)

 そして、実際に『幸せを運ぶ眼鏡』が放送されると、渡辺氏は「『幸せを運ぶ眼鏡』面白かったです! 僕が書いたシナリオとはオチが違いました」などと投稿。だが、やはりクレジットに渡辺氏の名前はなく、ネットユーザーの間では「監督と脚本家は、他人のシナリオのオチだけ変えて、自分たちの作品みたいに放送したの?」「胸張ってオリジナルって言える?」などと騒然となり、フジテレビへの批判も飛び交った。

「なお、ストーリーではなくキャスティングが物議を醸したケースも。17年10月14日に放送された『世にも奇妙な物語 '17秋の特別編』内の1作『女子力』は、前年4月にフジを退社した加藤綾子アナウンサーを主演に抜てき。加藤にとってはこれがフリー転身後初の俳優仕事、そして初主演作となりましたが、ネット上では『完全に話題性だけ』『なんで素人を主役に起用するの?』といったブーイングが巻き起こったんです」(同)

 そんな加藤が“インスタグラムに夢中な会社員”という設定の主人公・綾子を演じた『女子力』は、「超短編」といえるほど、あっという間に物語が終わったため、ネット上では「短っ!」「あれだけカトパン主演って宣伝してたのに」とあきれられていたほか、「演技力ないし、これくらいでちょうどよかった」といった皮肉も散見された。

「一方、15年11月21日に放送された『世にも奇妙な物語』の『傑作復活編』では、1992年6月11日放送の『ハイ・ヌーン』を和田アキ子主演でリメーク。漫画家・江口寿史氏が『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載していたギャグ漫画『すすめ!!パイレーツ』内のエピソードを原作とし、サラリーマン風の主人公の“男”が、食堂で注文した料理を次々に平らげていくという独特な世界観の話で、92年版の主人公は玉置浩二が演じ、業界内外で“名作”と評されています」(スポーツ紙記者)

 15年のリメーク版では、局側は“和田が初の男役に挑戦する”という点も大々的にPRしていたのだが……。

「正直、男性キャラクターを女性に演じさせる“意図”がまったくわからない出来でした。フジは『和田が“男”を演じる』という話題性のみを優先してキャスティングしたのではないでしょうか。ネット上でも『なんで和田アキ子?』『別に嫌いじゃないけど、一気にコント感が出ちゃうね』などと難色を示されていました」(同)

 今回、新たに土屋や沢村、観月、渡辺の主演で放送される作品が、「迷作」でないことを祈るばかりだ。