• Tue. Nov 29th, 2022

King&Prince・永瀬廉、メンバー脱退の経緯を赤裸々に告白……「飲み込むしかなかった」

 King&Prince・永瀬廉がパーソナリティを務めるラジオ番組『King&Prince 永瀬廉のRadioGARDEN』(文化放送)。11月4日に平野紫耀、神宮寺勇太、岸優太の3人がグループ脱退およびジャニーズ事務所を退所すると発表して以降、初のオンエアーとなった同10日放送回では、永瀬が現在の心境を赤裸々に告白した。

 当初の放送内容から予定を変更し、いつもより早い時間にスタートした同ラジオ。冒頭で永瀬は、「ほとんどの方がもうご存知かと思うんですけど、(2023年)5月22日をもってKing&Princeは5人での活動を終了します」とあらためて報告。「ファンの皆さん、このラジオを聞いてくださっている皆さん。驚かせてしまうような発表をすることになり申し訳ありません」と謝罪した。

 来年デビュー5周年を迎えるにあたって、今後の活動について話し合いをしていた日々の中で、「グループ仕事の終わりに(平野、神宮寺、岸に)呼ばれて『実は辞めたいと思っているんだよね』というふうに伝えられて」と、そこで初めて3人の気持ちを知ったという永瀬。それぞれの退所理由は「発表したコメント通りなんですけど」とのことだが、永瀬はそれぞれの個人仕事も軌道に乗っていたことから「俺からしたらその(辞めるという)選択肢があったってことに気付きもしなかった」とコメント。

 「3人が辞めたいと思ってることもショックやったし、気付かれんかった俺もなんかすっごい……何してたんやろと思ったし。止めたし。いやいや、嘘でしょ……って」と、戸惑いを隠せなかったようだ。しかし、「聞けば聞くほどやっぱり3人の意思はものすごい固くて」「『2~3年はもう少し一緒に(グループとして)やらせてくれ』みたいなことも言ったけど、気持ちは変えることはできず」と、永瀬や事務所が引き留めても3人の意思は変わらなかったそう。

 その後、メンバーで話し合いをしたものの「もうそこ(3人の決断)は飲み込むしかなかった」といい、「各々の人生だから何かに縛られる必要もないし、自分が思うタイミングで好きなことをするべきやと思う反面、いろいろつらいですよね」と複雑な心境を吐露。

 特に、永瀬と平野はデビュー前から関西ジャニーズJr.として長らく一緒に活動してきた仲のため、「紫耀とかはずっと一緒にいるんですけど。そういう人間関係っていうのはね、自分が思っているより難しいなって感じました」「(付き合いが)長ければ長いほど考え方がわかってくるわけでもないし、その人の深層にあるものなんてね、(他者が)触れられることなんてもうないんだなっていうふうには思ったね」と相当ショックを受けた様子。

 グループでは年上の“兄組”と呼ばれる3人が抜け、23年5月以降は年下組の永瀬と高橋が2人でKing&Princeとして活動していくことになるが、永瀬は「やっぱ怖いし不安やし。言うたら俺が最年長になるわけで。(今まで3人に)すごい助けられてた部分もあったから……やっぱ悲しいですよね」と正直に発言。今はまだメンバーが隣からいなくなることが「想像できない」という。

 最近は5周年に関するインタビューを受けることも多かったようで、「すごくつらかった」とも話した永瀬。涙声で「仕事が楽しければ楽しいほどつらかった」と明かし、その間には全国アリーナツアー『King&Prince ARENA TOUR 2022 ~Made in~』もあったことから、「どんな顔してライブとかしたらいいのかわからんかった」と葛藤の日々を送っていたと語った。

 なお、平野、神宮寺、岸の脱退・退所発表にあたり、ファンクラブ会員向けに公開された動画内で永瀬は高橋と2人で「『King&Prince』というグループを守っていく」などと発言していたが、その裏には苦悩もあったそう。

 「そもそも大好きだった6人だったころのグループも、玄樹のこともそう。今回、脱退していく神、岸さん、紫耀のことも守れんかったわけで……。何が『守っていく』やねん。自分で判断したことだけど、わからなくなった」と、元メンバーの岩橋玄樹の名前出しながら、自分自身の言葉に疑問を抱いたと発言。「玄樹がいて、紫耀がいて、 神がいて、岸さんがいるKing&Princeが好きやったから」こそ、高橋と2人で活動することに「意味あるのかな」と悩んだようだ。

 「解散という選択肢もゼロじゃなかった」というが、それでも高橋と2人でKing&Princeを存続させることを決意。「3人が悪いわけやないのよ。各々の人生だから、背中を押してあげるのが俺たちの役目」としつつ、「残った2人が、今までKing&Princeを応援してくれた人たちの、寄りかかる場所にならんといかんなと思った」とその理由を説明した。

 永瀬は「どうしてもこういうことがあるとさ、所詮はアイドルとファンの関係で『私たちの気持ちなんてやっぱ(メンバーには)届かないと思う方もいるかもしれない」とファンの心境に寄り添いながら、「少なくとも皆さんのそういう気持ちを感じたから、俺と海人は残る決断をしたわけで」と、ファンがいたからこその決断だったともコメント。

 そのため「自分たちは何もできなかったなんて思わんといてほしいな」とファンに向けてメッセージを送り、「そう思ってると、俺と海人が浮かばれないし。皆さんを受け止めたいから2人が残る決断をしたわけで。その決断をできたのはみなさんの存在があったからってことを忘れないでほしいな」「みなさんが思ってた“たかがファン”という存在が、俺らにとっては“アイドル”っていう活動を続ける意味になったってこと、知っててほしいなって思います」「3人はそういう(脱退・退所)決断をしたけど、その裏で『頑張ろう』『踏ん張ろう』と思っている2人がいるってことも気付いてもらえたら」と話したのだった。

 時には涙声や言葉に詰まりながらも赤裸々に現在の心境を語った永瀬に、ネット上のファンからは「6人のそして5人のキンプリが大好きだからやっぱり悲しいけれど、廉くんも同じ気持ちと知れてうれしかった」「泣きながらも必死に伝えてくれた永瀬を一生信じたい」「メンバーとファンを守りたい廉くんの優しい気持ち、ちゃんと届いたよ」「2人になっても、ずっと応援するからね」などの声が寄せられていた。