• Tue. Nov 29th, 2022

廃院になった精神病院の闇――元患者が明かす「廊下でレイプ」「差し入れ着服」恐ろしい実態

 覚醒剤の使用や密売などで逮捕起訴され、通算12年を塀の中で過ごした後、その経験を基にさまざまな活動を続ける中野瑠美さんが、女子刑務所の実態を語る「知られざる女子刑務所ライフ」シリーズ。

精神病院に3カ月入院

 突然ですが、皆さんは精神病院に行ったことがありますか?

 今は、小ぎれいな心療内科のクリニックとか珍しくないですが、少し前までは「精神病院」というと、不衛生で虐待も普通なイメージで、実際にそうでした。

 瑠美は、たぶんその中でも一番えぐい病院に3カ月も入れられていました。本(イースト・プレス『女子刑務所ライフ!』)でも少し書いていますが、思い出すのもつらくて、そんなに深掘りはしてません。

 でも、この間、偶然に病院の近くを通ってしまい、いろいろ思い出しました。今は笑い話ですが、マジで生命の危険を感じましたね。

「患者による殺人」で廃院になった精神病院

 その病院は、「大和川(やまとがわ)病院」といい、奈良との県境、大阪府柏原市にありました。

 1993年に起こった患者さんの虐待死がめくれた(発覚した)ことが問題になって、97年に廃院になったのですが、瑠美がいたのは94年です。暴力は日常的で、糞尿と消毒薬の匂いがひどく、地獄でした。ボスみたいな患者がほかの患者さんをどつくのも普通で、廃院のきっかけである虐待死も、ボス患者による暴行が原因でした。

 ちなみに69年には、脱走しようとした患者さんが、無資格の看護スタッフにバットで殴られて殺されてます。

 今は病院の建物は解体されてますが、しばらく残っていた建物周辺は心霊スポットとしても人気があったようです。

 先日、瑠美はクルマを運転中に道を間違えて川沿いに出てしまい、しばらく走って「あれ? ここ見たことあるな……」って。当時の建物はないですが、川や線路はそのままやから、どんどん思い出して怖くなりました。

 瑠美が収容されたのは22歳の時です。自分で覚醒剤を使いながらバイ(密売)もしていました。兄からは「瑠美、おまえクスリ(違法薬物)いっとるやろ?」と聞かれて、「やってへん」と答えていましたが、バレバレでしたね。

 ある日、ツレとクルマに乗っていたら、黒塗りのハイエースが急に道路に出てきたんです。危ないと思って止めたら、ハイエースから屈強なお兄さんたちが6人ゾロゾロと降りてきて、フロントガラスとドアのガラスをコンクリートブロックで割りだしました。

「ちょ、やめんかい! コラッ」

 怒鳴ってもムダな抵抗ですよね。瑠美は引きずり出され、布団で簀巻きにされてハイエースに乗せられました。

(何やらかしたんやろか……)

 簀巻きのまま考えましたが、ほんまに思い当たることがありませんでした。

(このまま輪姦されて殺されるんかなあ)
(山に埋められたら虫がいっぱいいてるな……イヤやなあ)
(海に放られるのも怖い……)

 などとぐるぐる考えてると、屈強なお兄さんの一人が「間違いありません、妹さんやと思います」と電話をしているのが聞こえました。

 兄の後輩さんたちのようです。殺される不安はなくなりましたが、いかんせん簀巻きですからね。わけわかんないまま降ろされたのが大和川病院でした。

 そこから3カ月、瑠美はまさに地獄を見ることになります。ちなみにクルマに乗っていたツレは自分だけ逃げました。それ以来、音信不通です。

「放さんかい、コラッ!」

 瑠美は帰ろうとして暴れましたが、すぐに強い精神安定剤を打たれて気を失いました。気がつくと手足に拘束具をつけられ、一人部屋に入れられてました。父と兄が高いお金を払って一人部屋にしてくれたんですが、全然うれしくないですよ。

 ドアの下のほうに食器を出し入れする食器口があって、そこからビニール袋に入ったお水やおにぎりが差し入れられてきました。トレイを蹴っ飛ばして、滑らせて入れてくる感じでしたね。

 この後、しばらくは「暴れる」→「強い精神安定剤を飲まされる」が続いてしまいました。口を無理やりこじ開けられるんですよ。

 父は毎日面会に来てくれましたが、強い薬で頭がぼうっとして何も話せませんでした。

 「瑠美ちゃん、かわいそうに。覚醒剤なんか使うから」と泣いてました。

 「パパ、ちゃうちゃう、これは病院で打たれたクスリ……」と言いたくても、言葉が出ないんです。

 これが続いたらガチの廃人ですから、薬を飲まされたら水を大量に飲んでトイレでソッコー吐くことにしました。これがまたつらかったです。

 過食症の方とか経験あると思いますけど、「吐き癖」がついちゃって、喉に指を入れなくても吐けるようになって、ちょっとしたことで吐いてしまうんです。でも、それで薬が回らなくて済んだので、まあよかったです。よくないか。

 一人部屋には時計もなく、近くの線路から聞こえる電車の音と、窓から見える朝日と夕日で、なんとなく時間がわかる感じでした。外が明るくなって、電車の音が聞こえると、「あー始発か。朝やなあ」とか思うんです。

 クスリが抜けてきて、周囲の様子がわかってくると、これがまたひどかった。

 後でわかったことですが、病院の経営陣は、スタッフの給料や備品の経費をケチるだけケチって、家族からの差し入れのお金も着服していました。そうして貯めたお金を地元の政治家に配ってたんで、虐待もうやむやにされてたそうです。それに、どこも受け入れない患者さんの受け入れ先としても重宝されていたとか。

 これも後から知りましたけど、スタッフが足りない分は、どこから連れてきたのか、資格のない人を使うていました。この人らは、患者さんを殴る蹴る、怒鳴る――頭をつかんでトイレのモップを洗う流しに入れ、水で洗うのも当たり前だったんです。

 それと患者のコワモテのおっさんと姐さんをボスにして、ほかの患者さんたちを仕切らせてたんですが、これがまた最悪でした。とにかくすぐに殴るし、患者さんたちの家族からの差し入れのお菓子も取り上げてました。ムショでいう「シャリ上げ」、食べ物を取り上げることです。

 閉鎖病棟はあったかもしれませんが、昼間は患者さんたちが部屋から出てうろうろしていました。男女一緒やから、当然エッチなことをしてる人もいてましたね。階段の上でSMプレイみたいのしてるとか。さすが、のちに廃院になった精神病院です。

 いちばんエグかったのは、17歳の女の子が毎日廊下でレイプされてたことです。もう抵抗する気力も体力もないようで、いろんな男にやられながら、ぼうっとした目で遠くを見ていました。

 何かの機会で話をすることがあって、「いつからいるの?」と聞いたら、「ずうっと前……」と言うてました。かわいそうな患者さんばかりでしたが、彼女のことは特に気になります。97年には別の病院に移ってるはずですから、元気になってると思いたいです。

 3カ月くらいして、面会に来た父に「1日だけウチに帰りたい。パパと一緒にいたい」と言ったら、父が病院に交渉してくれて、出ることができました。

 そこから実家には戻らず、仲のよかった伯母の家に行き、クルマの鍵と現金10万円をもらって逃げました。伯母は、あとでめっちゃ兄に叱られたそうです。

 今は父とも兄とも「あの病院はなあ」って笑い合えますが、実態は、そんな気楽なもんと違いましたからね。

 ムショもひどいですが、あの病院に比べたらなんてことないです。まあ、もとはといえば覚醒剤に手を出したからで、そこは反省しております。