• Wed. Dec 7th, 2022

滝沢秀明氏が“名付け親”のジャニーズJr.・IMPACTors、『スプパラ』出演も「序列下がった」とファン落胆

 11月11日、東西のジャニーズJr.ユニット7組が2023年2~6月に、東京と大阪でコンサート『東西ジャニーズJr. Spring Paradise』(以下、スプパラ)を開催することが明らかになった。先日は、Jr.の育成やプロデュースを手掛けていた滝沢秀明氏がジャニーズ事務所を退社し、ファン界隈に動揺が走ったばかり。滝沢氏が目をかけていたグループの存続も危ぶまれる中で来春のコンサートが発表され、ファンからはさまざまな反応が上がっている。

 今回の『スプパラ』には、少年忍者、IMPACTors、Jr.SP、Go!Go!kidsに加えて、関西を中心に活動するLil かんさい、Boys be、AmBitiousのほか、東西のJr.が出演。少年忍者の大阪・松竹座公演(2月18日~23日)を皮切りに、東京・日本橋三井ホールでは5月22日~6月12日まで行われる予定だ。

 事務所からの発表を受け、一部のJr.ファンは「IMPACTors、明らかに序列が下がった」「IMPACTors、ワンランク下げられた? 今までが高待遇すぎたのかもしれないけど……」「IMPACTorsは3,000人規模の会場でも集客できると思う。スプパラ決定は素直に喜べない」「冷静に考えて、会場のキャパが狭くない? IMPACTorsが舐められてる!?」と困惑している。

 2020年10月に結成されたIMPACTorsは、滝沢氏が名付け親のグループ。彼らを話題にする際、Jr.ファンの間では“滝沢氏のお気に入り”を意味する「タキニ」なる言葉も使われるほど、密接な関係だった。

「滝沢氏がジャニーズを離れた後、プロデュースに力を注いでいたIMPACTorsはどうなるのか……と不安視するファンは多く、ネット上では『解体されたりしないよね?』『あり得ないことじゃないから怖い』などと不安視していました。そんな中で、来春のコンサート開催が発表されたため、少なくとも『スプパラ』期間まではグループが存続することが判明したわけです」(ジャニーズに詳しい記者)

 とはいえ、松竹座の座席数は合計1,033席。また、日本橋三井ホールの公式サイトによると、基本座席は678席、スタンディング時の収容人数は1,000人となっている。IMPACTorsは今夏、2,000~3,000人規模のTOKYO DOME CITY HALLで『SUMMER PARADISE 2022』(以下、サマパラ)を行っていたため、それよりキャパの少ない会場で開催される『スプパラ』出演グループに入れられたことに対し、ファンは違和感を抱いたのかもしれない。

 さらに、IMPACTorsファンが落胆している理由はほかにもある。11月9日配信のニュースサイト「NEWSポストセブン」や、10日発売の「女性セブン」(小学館)では、滝沢氏の退任前に起きていた“重大事件”について報道。記事によれば、滝沢氏は自身が「名付け親となったあるグループ」の単独コンサートの計画を進めていたという。

「すでに会場を押さえ、セットリストも決まっていたにもかかわらず、8月下旬にその予定が『白紙撤回されてしまった』と伝えています。舞台関係者は『諸々の事情が重なったことが原因』などと同誌に証言していました。『セブン』には、肝心のグループ名は書かれていませんでしたが、“滝沢氏が名付け親”といった情報から、Jr.ファンは、IMPACTorsのことを指してるのではないかと予想しているんです」(同)

 また、メンバーの横原悠毅はグループ結成当時から神奈川・横浜アリーナでの単独公演を2年以内に行うという目標を掲げており、今年の『サマパラ』でも、「一緒に行こうぜ横浜!」などとファンを煽っていたとか。

「一部のIMPACTorsファンは、これを“匂わせ”ととらえ、本当は横浜アリーナなどで単独コンサートができたのかもしれない……とモヤモヤしているのでしょう」(同)

 一方で、来春の『スプパラ』については、ネット上で「7 MEN 侍の名前がない」「侍は出ないの?」と残念がる声も見受けられる。ただ、メンバーの佐々木大光が4~5月に上演されるミュージカル『GYPSY』に出演するため、「スケジュール的に、『スプパラ』出演が難しいいのでは?」(前出・ジャニーズに詳しい)という指摘も。

 ひとまずIMPACTorsファンは、来年の『スプパラ』まではグループ解体はないとわかり、安堵しているものの、それ以降、このまま活動を継続していけるのかは不明だ。今後もJr.たちの動きを注視していきたい。