• Wed. Dec 7th, 2022

SixTONES・京本大我、嵐・二宮和也にお悩み相談! そのアドバイスに「クソ2世じゃないですか」とぼやいたワケ」

 嵐・二宮和也の冠バラエティー『ニノさん』(日本テレビ系)が11月13日に放送され、Sexy Zoneの菊池風磨、お笑い芸人の麒麟・川島明、お笑いカルテット・ぼる塾らが出演。ゲストにSixTONESの京本大我が登場した。

 冒頭で、進行役の川島から「1人で(バラエティに)出るって珍しいんじゃないですか?」を聞かれた京本は、「SixTONESの中では、一番あんまりこういう(バラエティ出演の)機会がない」そう。「ちょっと緊張していますけど、(二宮)先輩だったり風磨もいてくれてるんで」と語り、菊池から「腹から声出てるなぁ」と茶化されると、「めっちゃ(声)出てますね。(バラエティー番組は)戦場だと思ってるんで」とも告白。

 なお、現在放送中のドラマ『束の間の一花』(同)で主演している京本はこの日、黒ブチメガネをかけて出演。菊池が「なんでメガネなの?」と質問をぶつけると、「コンタクトを忘れてしまって……」と笑いながら話し、「ドラマの(役柄)じゃなくて?」と再確認する二宮らに、「ドラマで全くかけてなくて、“ガチメガネ”です」「カバンの中開けたら、唯一“映画館で掛ける時用のメガネ”があったんで」と明かしていた。

 そんな京本は、『ニノさん』メンバーに「クールに見られがちで、バラエティ番組でもスベりがち。強めにツッコんだら周囲がヒヤヒヤする」「周りからイジってもらうには、どうしたらよいのか?」という悩みを相談。二宮は、「やっぱさ、後ろに見えるのよ」と、京本の父親である俳優・京本政樹の姿がチラつくため、周囲は、なかなかイジリづらいのではないかと指摘し、菊池も「敷居が高い感じはありますよね」とうなずいた。

 二宮は解決策として、「ツッコまれたりとか、イジられたりしたら、『お父さんに言うぞ!』って……」と、ギャグにしてしまえばいいと京本にアドバイス。それを聞いた京本が「いやもう、クソ2世じゃないですか」とボヤくと、二宮は手を叩いて大爆笑。続けて二宮は「1回、自分でいじってくれると(相手も)“こっちも(イジって)いいんだ”ってなるから」と意図を説明したが、京本は「本当ですか?」と半信半疑に。

 すると、川島の「はるちゃんは、“あいさつギャグ”何個でも持ってる」という一言をきっかけに、ぼる塾・きりやはるかが「私の鉄板のギャグ差し上げます!」と京本に持ちネタを伝授。“共演者の楽屋にあいさつをしに来た”という設定で、「おはようございます。ぼる塾のきりやはるかと申します。ギャグやりま〜す。パン・パン・フライパン!」とダジャレを披露した。

 きりやのお手本を見た京本は、「おはようございます。SixTONESの京本大我です。ギャグやりまーす。パン・パン・フライパン……」と言い、スタジオがシラけた瞬間に「お父さんに言うぞ!」とノリツッコミをしてスタジオは大爆笑。二宮は「できた、できた!」と拍手を送り、京本も「あーよかった、よかった」とうれしそうに笑顔を浮かべたのだった。

 その後、私物を見て持ち主の芸能人を推理する「芸能人私物捜査官」企画では、元AKB48の高橋みなみがスタジオに出演。高橋が父・政樹とLINEをする仲だと知ると、京本は「(父から)いろんなスクショ(スクリーンショット)写真とか100件とか(送られて)くるんですけど大丈夫ですか?」「被害には遭われてないですか?」と高橋を気遣う場面も。

 京本いわく、「僕が忙しくしているときに、僕が出ている(ネット)ニュースなどを把握できてないんじゃないかと思っているみたいで、『いまこういうのニュースになってるぞ』って」父親から大量のスクショが送られてくるそう。

 高橋が「100件の被害はないです」と明かすと、京本は「ならよかったです」と語り、「(父親からのLINEには)本当にもうSNSみたいな扱いで僕は接してるので。返信もそんなしない」ともコメント。この言葉に、菊池は「公式LINE(みたい)」とツッコんでいた。

 この日の放送に、ネット上では「にのふまの引き出し方が上手いから、なんか本当に見てて楽しかったし平和だったわ」「きょものバラエティ力にますます磨きがかかって面白い」「きょもパパLINE100件。愛が溢れてるー」などのコメントが寄せられていた。