• Thu. Dec 8th, 2022

岡本カウアンだけじゃない! 元7 MEN 侍・前田航気、元Hey!Say!JUMP・森本龍太郎……ジャニー氏の性加害を告発したタレントたち

 かつて「岡本カウアン」名義で、ジャニーズJr.として活動していたカウアン・オカモトが、自身のYouTubeチャンネル「KAUAN OKAMOTO」で、暴露系動画配信者で参議院議員の“ガーシー”こと東谷義和氏とコラボレーション配信を行った。

 その中で、カウアンはジャニーズ事務所前社長の故・ジャニー喜多川氏からの“性加害”について言及。15~16歳の頃、ベッドで寝ていたところ、ジャニー氏に「(体を)触られました」などと衝撃的なエピソード明かし、ネット上は騒然としている。

 東谷氏は今年2月から“暴露系YouTuber”としてさまざまな有名人・著名人のスキャンダルを世に放ち、現在は『芸能界をクリーンにする』という公約を掲げてNHK党の参議院議員として活動中だ。

「一方、最近のジャニーズといえば、副社長を務めていた滝沢秀明氏の退社、King&Prince(以下、キンプリ)メンバー・岸優太、神宮寺勇太、平野紫耀のグループ脱退・退所問題で揺れている最中。今月6日、有料オンラインサロンで生配信を行った東谷氏は、『平野くんが「ジュリーさんを許さない」などと言っている』と退所理由について言及し、ジャニーズを次なる暴露の“標的”にしたようです。カウアンは、そんな東谷氏に乗じる形で、コラボ配信を行ったのでしょう」(芸能ライター)

 カウアンは2012年、15歳の時にジャニーズ入り。日本とブラジルのハーフで、愛知県・名古屋出身の彼はKing&Prince・平野らと“名古屋Jr.”のくくりで一時的に活動していた。Sexy Zoneの弟分ユニット・Sexy Boyzの一員として雑誌に載ったこともあるほか、14年放送のEXILE・AKIRA主演ドラマ『GTO』(フジテレビ系)に生徒役で出演。比較的に良いポジションでジャニーズの舞台・コンサートに参加してきたが、16年夏頃にファンの間で退所のうわさが飛び交うように。現在はソロでアーティスト活動を行っているという。

 そんなカウアンは、キンプリメンバーの脱退が発表された11月4日午後11時台、SNSに「また俺と組む? 懐かしく四人でいこうぜ」という一文とともに、Sexy Boyz時代の平野、神宮寺、King&Prince元メンバー・岩橋玄樹と並んでいる雑誌の画像をアップ。騒動に便乗しているとしてネット上のジャニーズファンから反感を買った。

 すると、今度は13日に東谷氏とYouTube上で対談を実施。事務所の暗部に関する話になると、カウアンは、ジャニー氏の自宅に泊まり、同じベッドで寝ていた際、「(体を)触られました」「結局、くわえられて……みたいな感じです」と過去の実体験を告白。体を触られている間は、“半泣き状態”でこらえていたという。

 さらに、カウアンは「僕正直、(証拠となる)動画とかも持ってるんですよ。(中略)さすがに自分の身を守らなきゃいけないと思って。やっぱ何が起きるかわからないじゃないですか。それって。怖すぎて」「実はその……2人同時っていうのがありましたね、1回。僕と平野」などと赤裸々に語った。これらはあくまでカウアンの主張であり、真相は藪の中だが、配信中はチャット欄が「この話、大丈夫!?」「生々しい」と騒然となっていた。

「ジャニー氏の同性への性的虐待については、かつての所属タレントが“暴露本”で詳細を語っています。例えば、元フォーリーブスの故・北公次さんの半生記『光GENJIへ』(データハウス、1988年発売)や、初代ジャニーズのメンバー・中谷良による『ジャニーズの逆襲』(同、89年発売)内には、ジャニー氏の性癖などが克明につづられていました。一方、『週刊文春』(文藝春秋)が99年に、所属タレントへのセクハラに関して報じたこともあるのですが、ジャニーズサイドは名誉毀損で同誌を訴えています。その後、ジャニー氏の同性愛行為は04年に最高裁の判決で認定されました」(ジャニーズに詳しい記者)

 近年、こうした暴露本はめっきり見かけなくなったが、昨年は岡本以外の元ジャニーズがジャニー氏の性事情に触れていた。ジャニーズJr.内ユニット・7 MEN 侍の元メンバー・前田航気は同1月、ウェブメディア「ARAMA! JAPAN」のインタビューに登場。前田は自身のTwitterで「ジャニーズJr.時代やジャニーズのあんなことやそんなことに関して赤裸々に語ってます!笑是非に!!」(原文ママ、以下同)と記事をPRした。

「インタビューの中で前田はジャニー氏が『同性愛者』だと明かしつつ、デビューを目指すJr.の何人かは、彼との“性交”を望んでいた……などと証言。『これが虐待と見なされるかどうかはわかりませんが、ジャニーズJr.と喜多川氏の間に性交があったことは確かです』といったコメントも見受けられましたが、その後、告知ツイートと共に、当該部分は削除されました。事実ではない話が含まれていたのか、それともどこからか削除要請があったのか……。何らかの理由で取り下げる流れになったのでしょう」(同)

 一方、元Hey!Say!JUMP・森本龍太郎も、昨年9月配信のYouTube動画「黒歴史を教えて下さいという企画なのに森本が公表できない話ばかり出してきた。の巻」内で、意味ありげな発言を残していた。森本は、11年6月発売の「週刊女性」(主婦と生活社)で喫煙写真をスクープされたことをきっかけに、芸能活動を休止。当時未成年だった彼はグループに復帰せず、事務所を去った。

 今はYouTubeを中心に活動しており、昨年9月22日公開の動画で自身の“黒歴史”をカミングアウト。「小学校5年生ぐらいに、ジャニーさん家に泊まりに行きまして。プールとかもあるんで、プールで泳ぐために泊まりに行ったんですけど」「カラオケルームがあって、そこで寝ちゃったんですよね。パッて目が覚めて起きたら、○○○○(規制音)。あれ? 何だろうと思ってパッて右見たら、1万円が置いてありました」とジャニー氏とのエピソードを語っていたのだ。

「重要な部分は『ピー』という音でかき消されていただけに、森本がジャニー氏から性的虐待を受けたと明言しているわけではありません。ただ、森本の弟である慎太郎は、現在もジャニーズに所属し、SixTONESのメンバーとして活躍中だけに、動画を見た一部ジャニーズファンは『ジャニーさんの暴露をし始めたら、慎太郎の立場がなくなっちゃう』『真相はわからないけど、弟には迷惑はかけないで』と危惧していました」(同)

 なお、今回、口火を切ったカウアンは、東谷氏との対談翌日、Twitter上にコメントを発表。「一度ガーシーさんと話してやめようともしました。しかしここで話さなかったら一生後悔すると思いました」と、暴露にあたって葛藤があったことを明かし、視聴者やYouTubeチャンネル登録者への感謝をつづった。そして、「日本とブラジルの国旗を背負って世界で絶対に活躍します」「アンチの方みててください。証明します」と強気な発言を残している。

 今後、カウアンが再び古巣に関する暴露を行うのかどうか、その動向に注目したい。