• Tue. Nov 29th, 2022

『紅白』声優枠なしで残念がる声も……業界関係者がその理由を分析! 「Aqoursで面倒だと思われた」?

 11月16日、NHKが大みそか放送の『第73回NHK紅白歌合戦』の出場者を発表した。アニメファンの間では、大ヒット映画『ONE PIECE FILM RED』のオリジナルキャラクター・ウタの出場が注目を集めている一方、一部ネット上では「今年も声優は出ないのか」「もう“声優枠”はないんだね」と残念がる声も上がっているようだ。

 同映画は、人気漫画『ONE PIECE』(集英社)を原作としたテレビアニメ(フジテレビ系)の劇場版。原作者・尾田栄一郎氏が総合プロデューサーを務める『ONE PIECE FILM』シリーズの最新作で、赤髪海賊団の大頭・シャンクス(池田秀一)の娘である歌姫・ウタ(名塚佳織、歌唱パートはAdo)と、主人公・ルフィ(田中真弓)たちの新たな冒険の様子が描かれている。

 歌手のAdoが担当したウタとして歌唱した、主題歌「新時代」や劇中歌は大きな注目を集め、今年の『紅白』紅組出場歌手に名を連ねた。なお、番組では『ONE PIECE FILM RED』とのコラボレーション企画「ONE PIECE UTA LIVE RED×WHITE」も実施するそう。Adoは“声のみ”の出演となるのか、実際にステージに立つのか、詳細は明かされていないが、ネット上では『ONE PIECE』ファンを中心に「ウタ、『紅白』出演おめでとう!」「『新時代』歌うのかな?」「Adoさんの生歌が聞けるといいな〜」と祝福や期待の声が続出。

 しかし、一部のアニメ・声優ファンからは「今年も声優の出場はかなわなかったか……」「声優が出させてもらえることはもうないのかな」と嘆く声も上がっている。

「過去には、2009〜14年まで声優アーティストの水樹奈々が6年連続で『紅白』に出場。15年には、アニメ『ラブライブ!』(TOKYO MXほか)に登場するアイドルグループの声を担当する女性声優9 人組ユニット・μ’s(ミューズ)がその大舞台に立ちました。それから2年は声優の出場はありませんでしたが、18年に続編『ラブライブ!サンシャイン!!』(同)の女性声優9人で結成されたAqours(アクア)がパフォーマンスを披露しています。しかしそれ以降、声優は『紅白』から遠のいているんです」(芸能ライター)

 声優業界関係者はAqoursの『紅白』出演当時を振り返りながら、近年声優が姿を現さなくなった原因について、以下のように分析する。

「当時、NHKサイドはAqours側からの“注文”が多いことに困っていたとか。その一つが、写真チェック。声優業界では、どんな媒体でも必ずといっていいほど、タレント側の『写真チェック』が発生しますが、彼女たちの場合はかなり厳しく、使用できる写真がかなり限定され、シワや顔色、フェイスラインなどを修整するよう細かく注文が入ることもしばしば。『紅白』の場合、ほかのアーティストと写真を撮る機会もありますし、Aqoursの場合はメンバー全員の事務所に使用許可を取ることになるため、時間も手間もかかる。そうした理由から『声優を出すのは面倒』だと思われたのではないでしょうか」(同)

 声優に限らず、表に立つ仕事をしている者がメディアに出る際、写真の仕上がりを確認するのは、ごく自然なことだろう。しかし、声優が写真を細かくチェックする裏には、「別の理由もある」(同)という。

「アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(テレビ東京系)で綾波レイ役を演じ、“アイドル声優”の先駆け的存在となった林原めぐみが“顔出し”でさまざまな媒体に出演するようになった1990年代当時、芸能界では声優に対する扱いがとても雑だったようです。そのため、声優もほかのタレントと同じ扱いを受けるべく、地位向上のための一つの手段として写真チェックを厳しくするようになったとか。『芸能人たちは、必ず自分で写真を選定しているのではないか』と声優事務所が思い込んだ結果、それが業界全体に広がったものとみられます」(同)

 前出の関係者によると、「まだ芸能界のルールを知らない声優事務所は多い」そう。独自のルールを持ち込まなければ、声優たちの活躍の場はもっと広がるのかもしれない。