• Sat. Jan 28th, 2023

YouTube『プリ姫』泥沼騒動、ひめちゃんが「今の生活がすごい幸せ」と初言及! ママは「言わされている」と主張

 チャンネル登録者数177万人を誇るキッズ向けYouTubeチャンネル「プリンセス姫スイートTV Princess Hime Suite TV」(以下、「プリ姫」)に出演する“ひめちゃん”と“おうくん”が、両親の離婚騒動について初言及。その後、“ママ”がTwitterに「言わされている」などと投稿したことで波紋を呼んでいる。

 「プリ姫」は、現在16歳の娘・ひめちゃん、10歳の息子・おうくん、パパ、ママによる家族チャンネルとして2013年に開設。しかし、今年6月18日付のニュースサイト「smartFLASH」が、18年に実はパパとママが離婚していたことや、パパが元出演者の“もとちゃん”こと大河内基樹氏とママを相手取り、550万円の損害賠償を求めて提訴中であることを報じた。

「この報道後、ママはパートナーである大河内氏との間に3子を出産していたことを報告し、新たな家族チャンネル『プリマ2』を始動。一方、パパは騒動後も、何事もなかったかのように、ひめちゃん、おうくんとともに『プリ姫』の毎日投稿を続けていました。また、ママが『プリマ2』で、パパから受けたというDVの内容を涙ながらに語るなど、元夫婦はますます泥沼化しているんです」(芸能記者)

 さらに、今月12日付の「smartFLASH」は、ママの告発動画に対し、パパが名誉毀損容疑で刑事告訴を行い、9月上旬に告訴状が受理されたと報道。加えて、10月に予定していたママとの面会交流調停に、パパが無断欠席したことなどを伝えている。

「これまで、動画では騒動に触れてこなかったパパですが、16日に『視聴者の皆様へお伝えしたい事』と題した動画を『プリ姫』で公開。パパが相次ぐ報道について『(子どもたちに)さみしい思い、つらい思いをさせてしまって……』と申し訳なさそうに話すと、ひめちゃんが『めっちゃ楽しい』『今の生活がすごい幸せ』『友だちとかも全然理解してくれてるし、そういうの(何か言われたり)ないよ』『私たちはね、元気でやってます』と笑顔を見せ、おうくんも『いえーい』『きっきっきっき!』とおちゃらけていて、そんな子どもたちのフォローに、パパは涙を拭う仕草を見せていました」(同)

 この動画公開後の24日、ママは自身のTwitterに「誰かの支配下で 毎日同じ言葉を聞かされると それが事実だと錯覚しそのまま発信してしまう。生きる場所がそこしかないと 感情を押し殺したり 人前で笑って振る舞うのが上手になる。言わされているのに 自分の本音かのように話してしまう。かつての私。2人も…」と投稿。

 ママは翌25日にも、「かつてのもとちゃんもこの状態だった。だから助けなきゃと思った。私は経験したから気づけた。あのままだったら彼は死んでいた。誰かが実態を発信しないと 被害に遭っているかも判断できず 助け出すことはできない」などと意味深につづっている。

「ママ側は以前から、離婚前は半ばパパの洗脳状態にあったことを訴えていて、大河内氏も、パパがYouTubeの撮影を優先するあまり、ひめちゃんとおうくんがまともに学校にも行けていないことを主張していました。一方、『プリ姫』メンバーと親交のある茨城のご当地キャラ・ねば~る君は、6月に『パパはまじめで一生懸命で いま3人で真っ直ぐ前むいてるのに』『あの人とあの人は寂しい人ネバね』とママと大河内氏を批判するような内容をツイート。ネット上では、今も『パパとママ、どちらを信じればいいのか……』とファンを困惑させています」(同)

 収束するどころか、刑事事件にまで発展している様子のこの騒動。ひめちゃんの「今の生活がすごい幸せ」という言葉が、本心であるといいが……。