• Fri. Jan 27th, 2023

7 MEN 侍・本高克樹、出番が「カット」? Travis Japanの“後枠”にIMPACTorsファン落胆のワケ【Jr.チャンネル週報】

 ジャニーズ事務所が動画配信サイト・YouTubeに開設した「ジャニーズJr.チャンネル」。現在、関西ジャニーズJr.(火曜)、少年忍者(水曜)Travis Japan(木曜)7 MEN 侍(金曜)美 少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、その出来ばえは実にさまざま。そこで、「しょせんジャニオタ向け」と切り捨てるにはもったいない動画と、「ジャニオタでもしんどい」動画をジャニーズウォッチャー・中村チズ子が解説&ツッコミ! 今回は、11月17日~23日公開の動画を注目度順にチェックします!

Travis Japan・中村海人、日本でSixTONES・ジェシーと食事に

 10月28日にデジタルシングル「JUST DANCE!」で全世界デビューしたTravis Japan。11月17日公開の動画「Travis Japan【卒業まであと2回】凱旋帰国で報告会!」の冒頭では、留学先のアメリカ・ロサンゼルスから帰国した7人が横並びで立ち、「日本に帰ってまいりました~」「ただいま」とあいさつ。今回は「帰ってきたTravis Japan-緊急報告会-」と題し、海外生活を振り返ったほか、帰国後の近況などを明かしている。

 最初のテーマは「日本に帰ってきてまずやったことは?」。「湯船に入った」(吉澤閑也)「卵かけご飯を食べた」(松田元太)と日常的な話題が出る中で、中村海人はSixTONES・ジェシーと食事したと報告。

 鉄板焼き屋に連れて行ってもらったといい、「英語でちょっと話した。ジェシーくんもしゃべれるから。(自分は)英語っていうのを少し身につけて帰ってきたわけじゃないですか。ちょっとしゃべりてぇなって思って。Conversation(会話)しちゃって。これが7カ月の成果か……と思って、うめぇ~メシ食ってました」と明かすと、周囲は「いいね~」「幸せな時間ですね」「最高や」とうらやましがっていた。

 また、デビューが決まった瞬間に一部のメンバーがうれし涙を流した話や、「JUST DANCE!」のミュージックビデオの撮影エピソードも飛び出したほか、デビュー1年目の目標について、松田は毎年大みそかから元日にかけて行われている『ジャニーズカウントダウン』(コンサート)(以下、『カウコン』)に言及。

 29日時点では、今年の『カウコン』開催は明らかになっていないが、松田は「“デビュー組”として、Travis Japanが出演するっていうのは夢でもあったから。スゴく感動するというか」と出演予定であることを“匂わせ”た。

 なお、『カウコン』といえば、年男のメンバーが集まって歌う「年男ユニット」企画が恒例となっているが、松田は来年の年男(うさぎ年)だけに、「うさ耳つけて、袴着て。めっちゃジャニーズっぽいことできるな、みたいな」と楽しみにしている様子。「先輩(たちの中に)にお邪魔して、羽ばたきたい」とも意気込んだが、果たして松田の夢はかなうのだろうか?

 一方、目標を語る上でトリを任されたリーダー・宮近海斗は、「この7人がいなきゃ、やっぱTravis Japanではないと思うから。1年の目標に限らず、やっぱこの7人で一緒に活動できることが何より、やっぱ幸せというか、したいことかなって思うし」「健康な7人で夢だったり、次の目標をつかむことができたら、喜び合えると思う」「まずはみんなに、健康でいて、労って。で、ともに頑張っていきたい」と宣言。

 動画の中では触れられなかったが、メンバーの吉澤は両足すねの疲労骨折が悪化したことによる腱鞘炎と、環境の変化に起因する適応障害と診断を受け、今年7月から1カ月ほど休養していた。念願のデビューを果たしたからこそ、今後も全員で切磋琢磨していきたい……という思いが強くなったのかもしれない。

 そして、動画の後半は「【ドッキリ英語!?】生配信反省会を公開…さらに抜き打ちチェック!!」(5月12日公開)で実施した“英語での自己紹介”と比較するべく、英語の抜き打ちテストを実施。個人的には、エピソードトークを披露できるまでに成長した中村や、来日した海外アーティスト(もしくは藤井風)のような松田の話しぶりに注目してほしい。ちなみに再生回数は29日時点で34万台を記録していた。

 18日更新の動画は「7 MEN 侍【ギャルの声ってこんな感じ?】声優って大変な仕事…」。今回、7 MEN 侍は「もっと(仕事を)幅広くやっていきたい」として、「俺は声優王になる!! 声色引き出し選手権」を行っている。

 これは、お題をもとにメンバーがオリジナルキャラクターを考案し、アドリブでセリフを言うという企画。まずは、デモンストレーションで佐々木大光が「おじいちゃん」にチャレンジすると、「【ジャニーズパワーワード】人生を変えた…あの言葉!!」(今月4日配信)にも登場したジャニーさん(ジャニー喜多川氏)の定番ワードが飛び出していた。

 最初のテーマは「イケイケギャル」で、矢花黎、菅田琳寧は恥を捨てて大胆な演技を披露。いつもクールな今野大輝はギャルになりきることによほどためらいがあったのか、「オウェ!」とえずき、「ちょっと待って、ヤバい。耐えられない」と動揺していた。そんな今野がどんな表情でセリフを発したのかは、ぜひ今動画で確かめてほしい。

 そして、ラストの本高克樹は、外国人ふうのギャルという独特なキャラで勝負。続いて、「ムキムキマッチョマン」のお題に移ると、本高はうつむきがちで何か考えている様子。3つ目の「マフィアのボス」は佐々木と菅田が率先してマイクの前に立つなど、もはや大喜利状態に。結局、本高の見せ場は最初のギャルのパートのみとなっていた(編集でカットされた可能性もあるが……)。

 ネット上のコメントを見てみると、「ぽんさん(本高の愛称)の部分、カットがエグくて気になる」「侍Tubeで克樹くんがおしゃべりしているところをもっと見たい」「侍Tube、克樹はカットされまくっているのか、普通に現場でやってないだけなのか気になった」「克樹はギャル以外はやってないのかな。根が真面目だから、面白いことしないと……と思ってできなかったのかも」と推測するファンも少なくなかった。再生回数は29日時点で9.5万台。

 19日に上がったのは「美 少年【ディクシット】キムタクさんもキンプリさんもハマったゲーム!」。今回は藤井直樹持ち込み企画として、King&Prince(以下、キンプリ)の高橋海人に教えてもらったカードゲーム「ディクシット」をプレイすることに。

 藤井は「面白かったから、ぜひやってみたいなと思って」と話し、「やりながら説明していきますね」と言いながら全員にカードを6枚配布した。

 まず、親は手札から好きなカードを1枚選び、カードの絵柄を表す“テーマ”を発表。ほかのプレーヤーはそれを聞いて親が選んだカードを予想し、自分の手札の中から当てはまるものをチョイス。そして最終的に親の選んだものと全員の予想カードを並べ、親以外のプレーヤーは「どれが親が選んだカードかっていうのを見抜いていく」ゲームだという。

 藤井は、「僕たち、6年間一緒にいるわけですけど。その人がね、そのカードをどういうふうに捉えるのかっていうのが面白いポイントかな」と補足。さっそくゲームを始め、最初の親・佐藤龍我が「私は神だ」というテーマを発表すると、岩崎大昇は「龍我の思考回路なんかすぐわかるわ」と自信満々。実際に正解し、「手に取るようにわかるもん」とドヤ顔を見せた。

 その後、2回戦では親のテーマを「ジャニーズに関わること縛り」に変更し、ジャニーズファンも興味をそそられるような展開へ。藤井はSexy Zoneの「バィバィDuバィ~See you again~」(2013年)、浮所飛貴はキンプリ・平野紫耀と女優・橋本環奈がダブル主演を務めた映画『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル』(21年)をテーマにそれぞれ出題。さらに、美 少年のオリジナル曲「Cosmic Melody」(佐藤)や「ジャニーズJr.」(金指一世)のカードを予想するターンもあるため、視聴者も一緒に考えながら楽しめるだろう。

 なお、動画内や概要欄では特に触れていなかったが、この「ディクシット」は、昨年10月3日公開の「HiHi Jets【キムタクさんがハマってる】カードゲームをやってみた」でHiHi Jetsが遊んでいたもの。美 少年は「キムタク」(木村拓哉)に加えて「キンプリさんもハマった」と先輩グループの名前も加えていたが、再生回数は29日時点で12万台と低調。さほど効果は現れていなかった。

 20日の動画は「HiHi Jets【俺たちのこだわりベスト3】好きなジャニーズ曲」(再生回数は29日時点で21万台)。今回の企画は「当ててよ 俺のベスト3」で、お題に対してそれぞれが思うベスト3を書き、誰のランキングなのかを予想するというゲームを行っている。

 最初のテーマは「好きなジャニーズソング3選」。シンキングタイムに入り、作間龍斗が「普段出してるやつバレるな。すぐ」とつぶやくと、高橋優斗は「だって俺がSMAPさんの『Jive』(02年)って言ったら一瞬でわかるでしょ?」と反応。猪狩蒼弥が「“初出し縛り”にしましょうよ」と提案し、普段あまり口にしてこなかった曲名を選ぶ流れになった。

 親になった猪狩は、チョイスした3曲について、「今回は(好きな楽曲に挙げている)『らいおんハート』(SMAP、00年)、『君だけに』(少年隊、1987年)は外しました。(誰が選んだのか)わかっちゃうから。実は言ってなかったものを結構入れたね。ジャニーズ入る前に好きだった曲を書きました」とヒントを提供した。

 5人はSMAP、嵐、KAT-TUNなど、過去にコンサートなどで披露してきた持ち歌から、シングル・アルバムを含めてさまざまな楽曲を挙げていただけに、視聴者は自身の好みと照らし合わせながら見ることができそうだ。

 また、「タイムマシンで行ってみたい時代3選」のお題になると、「ジャニーさんが事務所を作った時」「ジャニーズ誕生の瞬間」といった回答も。一方、「Jr.チャンネル」といえば、罰ゲームの“ノニジュース”が定番となっているが、この日はフィリピンから直輸入した“果肉入りノニ”という強敵が待ち構えていた。

 ちなみに、「行きたい県3選」の話題では、井上瑞稀が「俺ら11月にさ、1泊2日ロケをもらってるじゃん。どこの県に行くかって相談をしてた」と発言。「Jr.チャンネル」でその模様が公開されるのかどうか、今後の更新に期待が高まる。

 関西Jr.の動画は22日に「Lil かんさい【最後に重大発表!!!!!】夏の思い出作ろうツアー最終回」と、「Aぇ! group【初の東京ドライブ対決】波乱の展開に…大激怒www ~油断大敵編~」の2本がアップされた。再生回数はLil かんさいが16万台、Aぇ! groupは51万台(29日時点)。

 Lil かんさいは「夏の最後に思い出作ろうツアー」のファイナルで、焚き火を囲みながらメンバーについて1人ずつ本音トークを展開。例えば、西村拓哉は「俺にとって、リトかんちゃんは、ホンマに“一番の友達”やって。そこから友達よりも濃い関係になって」と告白。

 嶋崎斗亜に向け、「“嫌な役目”じゃないけど、(中略)自分が悪役になってまで行動に移してくれてるのは斗亜やなと思うし。(中略)ちゃんと素直に普段から『ありがとう』って伝えたいなって思った」と正直な気持ちを打ち明けた。

 また、岡﨑彪太郎について、當間琉巧は「内面的なものが、こたちゃんは変わってないなってめっちゃ思って。1人、絶対変わらん人がおるからこそ……。こたちゃんがおれば、Lil かんさいの色は変わらないんじゃないかなと思う」とコメント。

 大西風雅は“数少ない同期でありライバル”の西村のことを語る場面で、「どっちかが欠けたら、りとるも終わりやし、たぶん、すべて終わりやと思う」「友達やけど、負けたらアカンなってところもあると思う」と正直な思いを吐露していた。こうして、普段はなかなか聞けないメンバーへの熱い思いが語られているため、Lil かんさいのファンならば感動必至の1本だろう。

 なお、動画の終盤では「大事なお知らせ」と題して別撮りの映像に切り替わり、「Lil かんさいのりとるTube、木曜に変更します!」(嶋崎)と報告。12月から毎週木曜日、午後8時頃の更新になるといい、「もともとTravis Japanさんがね、木曜日は担当してらっしゃいましたから」(西村)「継ぐという形」(當間)と前任のTravis Japanに言及していた。

 この発表に対し、ネット上では主にIMPACTorsファンがショックを受けている様子。結成順や活躍ぶりを見ても、IMPACTorsが「Jr.チャンネル」に新加入するのではないかと予測する声が相次いでいたため、「トラジャの後枠はインパクだと思ってたから、ちょっと複雑。インパクにもYouTubeやってほしかったな……」「インパクに期待してたのに……」と落胆する人が続出。

 一方で、「なんで当たり前のように木曜日の枠がインパクになると思ってるの?」「火曜に関西の2本が更新されていたから、空いた枠に1グループが移動するってまったく変な話じゃないのに」と疑問の声も漏れていた。

 ちなみに、Aぇ! groupの動画は、前週始まった「東京ドライブ対決」の後編。2組に分かれて東京都内をドライブしながら駅の看板を撮影し、どれだけ多くの文字数を集められるか勝負した(制限時間1時間)。

 前半は前週公開したロケの続きをとなっており、後半はVTRを確認しつつ結果発表へ。両チームは途中まで同様のルートを辿っていただけに、どちらが先に看板を撮影できたのか、ハラハラドキドキの展開が待ち受けていた。佐野晶哉、小島健、正門良規チームは車内で和気あいあいと楽しんでいたものの、結果発表後は打って変わって口げんかが勃発。罵り合う様子を見て、相手チームの末澤誠也が「めちゃめちゃ揉めてるやん!」とツッコむ一幕もあった。

 23日の動画は「少年忍者【メンバーを格付け】湧くんゴメンなさい…」。今回は主役の小田将聖をはじめ、青木滉平、稲葉通陽、川崎皇輝、田村海琉、深田竜生、元木湧の7人が出演している。

 この動画では、「小田将聖が少年忍者を格付けしちゃいました!」と題し、小田がテーマに沿って少年忍者メンバーを格付け。進行役の川崎は冒頭から「調子に乗るなよ!」と何やら不満げで、「いやいやいや。僕、メインですよ」と強気な態度を見せる小田に、「許せない! 俺に対してけんか腰なの、ずーっと」とぶっちゃけた。

 ちなみに、「最近、将聖が先輩をイジったり、噛みついたりしてるから、この企画が誕生したらしいですよ」(川崎)とのことだったが、本人は「どこがなんすか?」「えぇ!?」と自覚はまったくないようだ。

 第1問は「少年忍者でダンスがカッコいいなと思うのは?」というお題。川崎が「忍者以外でこの人のダンスが好きだっていうのある?」と尋ねると、「海人くんのダンス、ものスゴく大好きです」と、キンプリ・高橋の名前を出していた。

 これを参考に、一同は1~5位を予想。ほかにも「ギャグセンスがあるのは誰?」「ファッションがダサいのは誰?」というお題が続き、名前が挙がった一部メンバーが傷ついてしまうような、リアルな意見も随所に見受けられた。再生回数は29日時点で11万台を記録している。