• Fri. Jan 27th, 2023

『ねほりんぱほりん』転売ヤーは罪悪感ほぼなし! 儲けの手口と「メーカーが悪い」という持論【2022年シーズン7】

 NHK Eテレの人気番組『ねほりんぱほりん』のシーズン7が10月7日よりスタートした。かわいらしいモグラの人形ねほりん(山里亮太)とぱほりん(YOU)が、ブタの人形に扮した“顔出しNG”の訳ありゲストに、聞きにくい話題を“ねほりはほり”聞き出す新感覚トークショーだ。

※本記事は『ねほりんぱほりん』シーズン7「転売ヤー」のネタバレをみます

『ねほりんぱほりん』転売ヤー、現役弁護士や「転売」を起業と言い張る女性らが登場

 今回のテーマは、プレミアのつく人気の品などを買い占め、正規の値段より高く売って儲ける「転売ヤー」。ゲストには、現役転売ヤーのヒロシさん(40代、歴23年)、ユーリさん(30代、歴5年)、タイヘイさん(30代、歴10年)の3人が登場した。詐欺まがいの転売で荒稼ぎする人たちってヤクザみたいな感じなんでは? と先入観を持っていたのだが、3人は話を聞く限り至って普通の人々だった。

 ヒロシさんは3人の子を育てる既婚者。「ほかにお金を稼ぐ能力がないので転売をやっている」という専業転売ヤーであり、転売で稼いだお金で一家を支えているそう。ユーリさんは「転売したかったというより独立したかった。要は起業です」と、転売を起業と言い張る女性。実業家の“秒速で1億稼ぐ男”こと与沢翼に憧れを抱き、「こんなふうに自分の力で稼いで、ビジネスをして生きていくってめっちゃいいなって思って転売にたどり着きました」と語っており、ちょっとズレた意識高い系であることがうかがえるが、あっけらかんとしており、本人に悪意は感じられない。

 そしてタイヘイさんは、都内で働く現役の弁護士とのこと。「ちゃんとルール(法律)を守ってやれば、まったく問題ないです」と転売を正当化し、「中古品を扱うときは古物営業法の許可が必要であるとかですね」「税金ちゃんと納めないと脱税になりますよ、とかですね」などと解説する。今回の3人は、全員「古物商許可」を取得しており、それを免罪符かのように掲げていた。 

『ねほりんぱほりん』転売ヤーの「儲ける方法」とは?

 転売ヤーはどれくらい、どうやって稼いでいるのか!? というのは、気になるところ。ヒロシさんの儲けは、23年間で「1億ちょっと」。ユーリさんは「年間で300万円」、タイヘイさんは「10年で2000~3000万円」だとか。

 ヒロシさんはプレミアのつくおもちゃやスマホなどを転売するほか、「無在庫転売」なる商売もしているそう。実際には在庫を持っていないにもかかわらず、他ECサイトで販売しているある商品の情報をコピーし、値段を釣り上げて自身のショップサイト掲載。注文が入った時点でそのECサイトから購入し、高く売って差額を儲けにする仕組みだそう。ヒロシさんは「調べない、情報に弱いお客様、ありがとうございます!」と開き直っており、情報弱者から詐欺まがいの方法でお金を取っていることは自覚している様子だ。

 別の転売問題に詳しい弁護士の解説によれば、無在庫転売という儲けの手口は、法律では特に禁止されていないそうだが、ECサイト・転売サイトでは禁止されているケースもあり、「購入者が在庫がないなら買わなかったといった場合は、詐欺罪・詐欺未遂罪がありうる」「ECサイトへの業務妨害罪が成立する可能性もある」とのこと。安易にマネするのは危険そうだ。

 ユーリさんは、フリマアプリで安く購入したブランド品を、同じフリマアプリで高値で転売しているそう。「3万円で仕入れたものが、キレイに写真を撮るだけで8万円で売れたんですね。それ見た瞬間に『買う人いるんだ~(笑)』って。『正規品で買ったおうがよくない?』って思いました」と、購入者をあざ笑う彼女だが、転売の基礎は30万円を払って「転売コンサル」を受け、「師匠から教えてもらった」とのこと。

 「(フリマアプリの)ページのリンクを送るんですよ、師匠に。送ったら『これは〇〇円までなら仕入れOKです、これは偽物です』っていうのを教えてくれる」システムだそうだ。与沢翼に憧れ、怪しげな「転売コンサル」を師匠と呼んで30万円払うとは……ユーリさん自身も情報弱者側に入るのではと思えてくる。

 師匠の教えを実践し、儲けを得るようになったユーリさんは、やがて自らコンサルに回るように。「Twitterで『稼ぎたい』ってつぶやいてる人とか、お金に関するインフルエンサーをフォローしている人に対して、ローラー作戦でDMを送りまくる」方法で、年間20人ほどの顧客をゲット。1人30万円で転売コンサルを行ったそうで、それだけで600万円稼いだことになる。情報弱者が情報弱者を食う詐欺まがいの連鎖にしか見えないが、「それで最終的に独立しました!」と得意げに語るユーリさんに、やはり罪悪感はなさそうだ。

 現役弁護士のタイヘイさんは、もっとお遊び感覚。「遊ぶ金ほしさ」のため、5回司法試験に落ちたロースクール時代から転売に手を染め、「けっこう簡単で、インターネットに(転売の)情報が普通に落ちてるんですよ。転売情報ブログみたいなものが『これ売れるぜ』って書いてあって」と明かした。

『ねほりんぱほりん』転売ヤーは、罪の意識がほぼない

 ヒロシさんは転売に後ろめたさがあるようで、「転売ヤーっていうのはもう存在しなくてもいいかなと」「俺らがいなければ確実に買える人たちは存在してるんで」「将来的には辞めたいです」と語っているが、ほか2人には罪の意識がほぼなさそうなのが印象的だった。

 ユーリさんは「自分だったら絶対買わないけど、買っちゃう人いるんだーって。それはそれでいいかな」と笑い、タイヘイさんは「私はむしろ、ありがとうと言ってほしい」と主張。

 「だって並ばずに買えたり、本当は買えなかったものを買えたりしますよね。ちょっとマージンはもらいますけど」「基本的に品薄っていうのは供給側が悪いんですよ。売れるTシャツは2倍作ればいいんですよ。文句言われるのは転売ヤ―ではなくメーカーだと思います」と持論を展開する。

 本業・弁護士のステイタスを掲げ、「弁護士業って、事件が1個クローズすると100、200万入ったりすることってまあまああるんすよ。プレステ5(の転売)で1台、2台売って3万、6万入ったって何なの? っていうとこで。正直、生活がどうとうことでは全然ないんですけど」と視聴者を煽りつつ、「(転売が)趣味なんですよね」「得することがレジャーなんですよ。スーパーで卵が50円で売ってたら、ちょっと寄ってこうかなってなりません? 同じです」と言ってのけた。

 法の隙をつき、罪悪感もほぼない転売ヤーを撲滅することは難しそう。転売ヤーに憧れる人を増やすのではなく、転売ヤーに怒りを抱く人を増やすのが撲滅の第一歩なのかもしれない。その意味では、視聴者をイラつかせたタイヘイさんは、いい仕事をしたといえそうだ。