• Fri. Jan 27th, 2023

アニメ映画『THE FIRST SLAM DUNK』新キャスト起用で大炎上! 声優の演技力は「旧作と同じくらい」と関係者談

 バスケットボール漫画の金字塔として知られ、国内コミックスのシリーズ累計発行部数は1億2000万部以上を誇る『SLAM DUNK』(集英社、作・井上雄彦氏)。その新作アニメ映画『THE FIRST SLAM DUNK』が、12月3日に公開初日を迎えた。同5日発表の「国内映画ランキング」(興行通信社調べ、12月3~4日)によると、公開初週の土日2日間で84万7,000人を動員し、興収12億9600万円をあげ、初登場1位に輝いたが、「ネット上では賛否が分かれている」(芸能ライター)という。

 湘北高校バスケ部に入部した不良少年・桜木花道が、チームメイトや他校のライバルたちと切磋琢磨しながら成長していくさまを描いた『SLAM DUNK』。1990年10月から96年6月まで、「週刊少年ジャンプ」(同)にて連載され、93年にはテレビ朝日系でアニメの放送がスタート。劇場版も4作制作され、当時の日本に空前のバスケブームを巻き起こした。

 昨年1月に原作者の井上氏や、東映アニメーションが新作アニメの製作を発表すると、続編を待ち望んでいた往年のファンから歓喜の声が上がっていたが……。

「映画公開1カ月前の11月4日に東映アニメーションの公式YouTubeチャンネルで配信された特番で、声優陣がテレビアニメ版から一新されていることが明らかに。すでに特典付きの前売り券が発売された後だったこともあり、ネット上では『オリジナルの声優さんでやってほしかった』『なぜ変更する必要があるの?』『前売り券を買ったこと、後悔してる』などと不満が続出し、大炎上に発展したんです」(芸能ライター)

 その後、映画公式Twitterは「【みなさまへ】」と題した声明文を発表。「たくさんの反響をいただいている中で、 作品を楽しみにしてくださってる方々のさまざまな思いを受け止めております」「私たちは、スラムダンクを昔から愛してくださってる方も、 はじめて見る方も、とにかく楽しんでもらいたい、という思いで制作を続けてきました」(原文ママ、以下同)と説明した。

 直接明言はしていないものの、これらの言葉は、声優変更をめぐるファンの批判に対する釈明とみられる。しかし、ネット上では、「声優変更は仕方ないにしろ、もっと早く告知するべきだった」「前売り券発売後の情報後出しはせこい」など、かえって火に油を注ぐ結果に。

「こうして公開前から大きな注目を集めることとなった『THE FIRST SLAM DUNK』。ネット上では、実際に映画を見た人から、『ストーリーが良くて見応えがあった!』『新しい作品と思って見たら納得できた』『期待はずれだった』『旧アニメのテイストを期待して見に入ったらガッカリした』など、賛否両論が寄せられています」(同)

 新キャストに不満の声が上がる理由を、声優業界関係者は以下のように分析する。

「オリジナルキャストがまだ現役で活躍しているにもかかわらず、キャストを総入れ替えすれば、前作と比較する声が上がったり、厳しい評価を下されるのは当然のこと。特に主人公の花道役は、旧アニメで高いキーの草尾毅が務めていましたから、往年のファンは、新キャストである木村昴の低めの声に違和感を抱いたものとみられます」(声優業界関係者)

 しかし、新キャストの演技力自体は「旧作の声優と同じくらい」(同)だという。

「木村をはじめ、宮城リョータ役の仲村宗悟、三井寿役の笠間淳、流川楓役の神尾晋一郎、赤木剛憲役の三宅健太のうち、群を抜いて芝居がうまいのは三宅。ほかの4名は誰も突出していませんし、技術的には未知数でしたが、実は、旧作にもその傾向はあったんですよ。ベテランの故・梁田清之氏(赤木役)と塩屋翼(宮城役)は実力があったものの、草尾、置鮎龍太郎(三井役)、緑川光(流川役)は若手で演技力も乏しかった。しかし、作品そのものに勢いがあったため、たちまち人気アニメとなりました」(同)

 なお、映画公式サイトで公開されているインタビューで、井上氏は声優交代の背景に言及。旧キャストが今作に出演していたら「かつて育てられたキャラクターをいったん捨ててもらわないといけないことになっただろうと思う」「(アニメと)同じ根っこから生えるもう1本の木、という感じでこの映画を捉えている」とコメントしていた。

 原作者が声優のキャスティングにまったく介入しないケースもあるというが、今回の交代劇は「井上氏の希望による部分が大きいのかもしれない」(同)という。

「旧アニメでは、草尾、緑川、置鮎、また木暮公延役の田中秀幸ら、大手声優事務所・青二プロダクションの所属声優たちが多数出演し、同社がキャスティングに関して大きな権限を持っていたことがうかがえる。一方で今作の出演者の所属事務所はそこまで偏っておらず、当然、監督・脚本を務める井上氏の意向も反映されていたとみられます。往年のファンは『この声は違う』とガッカリしたかもしれませんが、井上氏にとっては、むしろ旧アニメより今回のほうが、より自分が思い描いたキャラクターの声になっていると思われます。もしかすると、旧作のキャスティングに不満を感じていたところもあったのでは」(同)

 映画はまだ公開されたばかりだけに、ネット上の口コミによって客足が伸びる可能性は十分考えられる。アニメの放送終了から約26年ぶりに復活した『SLAM DUNK』が原作ファンやアニメファン、声優ファンから今後どのような評価を得ていくのか、動向に注目だ。