• Fri. Jan 27th, 2023

東出昌大が怪優と化した『天上の花』 「愛ゆえの暴力」はありえるのか?

 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。
 次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。

 三好達治の二行詩「雪」は国語の教科書にも載り、誰もが一度は読んだことがあるだろう。そんな日本情緒あふれる詩で知られる昭和の詩人・三好達治の隠された裏の顔を描いたのが、東出昌大が主演した映画『天上の花』だ。戦時中、敬愛する萩原朔太郎の妹と福井県の海辺の村で同棲生活を送った三好達治の…

続きを読む