• Sat. Jan 28th, 2023

ヘンリー王子&メーガン夫人、ロバート・F・ケネディ人権賞受賞で掘り起こされた、過去の差別発言

ByAdmin

Dec 9, 2022

 12月6日夜、ヘンリー王子とメーガン夫人がロバート・F・ケネディ元米司法長官の人権団体が主催する『リップル・オブ・ホープ・アワード・ガラ』に出席。「王室の構造的な人種差別」を勇敢に告発し、「メンタルヘルスについて」積極的に発言を行い、世界に変化を起こしたとして「希望のさざなみ賞」が授与された。豪華なルイ・ヴィトンのオートクチュールドレスを着て現れたメーガン夫人は、トークセッションでシニアロイヤル(英国王室の主要王族)時代に自殺願望があったことをあらためて語り、ヘンリー王子は自分たちがストーリーをシェアするのは人々を癒やすためだと熱く語った。

 2人はプライベートジェットでガラが開催されるニューヨークを訪問。雨が降る中、SUVで会場に到着した際には、王子が先に降りて夫人が濡れないように後ろから傘を差すという紳士っぷりを発揮。メーガン夫人ははじけるような笑顔で先陣を切ってレッドカーペットを踏み、うれしそうに彼らを迎えた団体の会長ケリー・ケネディとスリーショット写真を撮影した。

 Netflixのドキュメンタリー『ハリー&メ―ガン』の配信開始2日前ということもあり、集まった記者の中には「王室を破壊する気分がいかがですか?」「家族より金のほうが大事ですか」などと野次を飛ばす者もいたが、ヘンリー王子は「質問が多いね」とスルー。純白のオフショルダーのドレスに、ダイアナ元妃から受け継いだ大粒のアクアマリンの指輪をはめていたメーガン夫人も、笑顔を振りまき、受け流していた。

 なお、ガラでロバート・F・ケネディの娘であるケリー会長とトークをしたヘンリー王子は、自分たちの活動は「これが始まり」とし、メーガン夫人は積極的に語ってきた自身のメンタルヘルスについて「消えてしまいたい……という気持ちになるのは、あなただけではないとわかってほしくて」と説明。自身の経験を積極的に語ることによって、いま死にたいと思っている人たちの希望になりたいとも熱弁した。

 対してヘンリー王子も、「地球上の99%の人は、なんらかのトラウマや喪失感、痛みを抱えている」「2020年以降、増え続けている」と危機感を示し、「我々が自分たちのストーリーをシェアすることで、そんな人々を癒やせるのだ」と自論を展開。

「希望のさざなみ賞」を受賞したことで世界中から注目され、ガラの知名度を大きく上げたヘンリー王子夫妻だが、一部からは「イランの女性人権活動家たちや、ウイグル人の人権活動家たちなど、命を懸けて必死に活動している人たちを抑えて受賞するのはいかがなものか」と、彼らの受賞を疑問視する声も上がっている。

 確かに「王室の構造的な人種差別」は問題だが、2人が告発していることには証拠がない。逆に王室のメンバーで人種差別で問題になったのはヘンリー王子しかいないという声も多く、2005年に仮装パーティにナチス・ドイツの制服で出席し、白人至上主義団体KKKの仮装をする友人と盛り上がっている写真が流出したこと、09年には士官学校の士官候補生だった06年当時、パキスタン人への蔑称である「パキ」、アラブ人に対する差別用語である「ラグヘッド」など、人種差別用語を使っていたことをネット上で再び掘り起こされている。

 ヘンリー王子は自身の人種差別行為について謝罪しており、王室も謝罪声明を発表しているが、王族がとんでもない人種差別をしていると当時は大問題となった。

 プライバシー確保のために王室を離脱したのに、王室批判をし「いかに自分が被害者だったか」ばかりをアピールしていると批判されているヘンリー王子夫妻。今回司会を務めていたアレック・ボールドウィンも、自分は主演映画撮影現場で死傷者が出た銃暴発事故の被害者だとアピールし続けていると指摘し、「被害者ヅラする人たちだけのガラ」だと厳しい意見も上がっている。

 また、ガラでは王子夫妻と一緒のテーブルで式典とディナーを楽しめる特典が100万ドル(約1億3,000万円)で販売されていたことから「こんなことを了承するなんて下品」だと叩かれている。11月29日にメーガン夫人がゲストとして出席した「パワー・オブ・ウーマン」のチャリティイベントでも、販売されていた席は5,000ドル(約68万円)だったことから「ロイヤルだから自分たちには価値があるとか思ってそう」と眉をひそめている人も。

 自分たちが苦しんだつらいストーリーをシェアすることで、人々を癒やし勇気づけたいと思い活動している2人だが、ネット上では、「クリスマスどころか、日々の食事にも困っている庶民のストーリーも聞いてほしい」「電気代が高くて、それどこじゃない。1465万ドル(約19億9,000万円)の大豪邸に住んでいる上級セレブの悩みなんて、聞いてる余裕はない」といった声が続出していた。

 8日に配信された『ハリー&メ―ガン』の前半3話も賛否両論を呼んでいるヘンリー王子夫妻。世間の怒りは増すばかりで、「怒りをエネルギーに変えられたら電気代がタダになりそう」と皮肉る声まで上がっている。15日に配信される残りの3話で、アンチを黙らせることができるだろうか……。