• Sat. Jan 28th, 2023

7 MEN 侍・佐々木大光、前のユニットは「なくなってた」! Aぇ! group・草間リチャード敬太は、ジャニー氏に注意された過去明かす【Jr.チャンネル週報】

 ジャニーズ事務所が動画配信サイト・YouTubeに開設した「ジャニーズJr.チャンネル」。現在、Aぇ! group(火曜)、少年忍者(水曜)Lil かんさい(木曜)7 MEN 侍(金曜)美 少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、その出来ばえは実にさまざま。そこで、「しょせんジャニオタ向け」と切り捨てるにはもったいない動画と、「ジャニオタでもしんどい」動画をジャニーズウォッチャー・中村チズ子が解説&ツッコミ! 今回は、12月1~7日公開の動画を注目度順にチェックします!

Lil かんさい、木曜日に引っ越し後初の更新

 10月28日に配信デビューしたTravis Japanが11月24日の生配信をもって「Jr.チャンネル」を卒業したことを受け、火曜から木曜枠に移動したLil かんさい。引っ越し後1発目の動画は「Lil かんさい【彪太郎の全てがわかる!?】もっと俺に興味持って~ www」(12月1日配信)。メンバーがグループのリーダー・岡崎彪太郎をどれだけ理解しているか、クイズ形式で確かめる企画だ。

 最初は「『おかざきこたろう』を漢字で書きなさい」とかなり初歩的なお題が出されるも、ほかの4人は早くも戦意喪失。特に「彪」の漢字が難しかったようで、珍解答妙が続出し、基本的に穏やかな性格の岡崎も、「なんでそんな間違うん!?」と立ち上がって抗議した。

 以降は誕生日・血液型を答える問題があったほか、「最近一番じっくり話した先輩は?」というテーマでは、ジャニーズWEST、なにわ男子メンバーとのエピソードも披露。なお、最終的に「彪太郎を褒めてください」と、もはやクイズではないムチャブリに発展し、岡崎へのアピールが勝負の分かれ道となっていた。

 時折、激しいツッコミや強烈な一言も飛び出していたものの、解答を通してメンバーの“岡崎愛”が伝わり、会話からも仲の良さがにじみ出ている。Lil かんさいならではの平和な雰囲気は、前任のTravis Japanと少し共通しているのかもしれない。特に今回は、岡崎の温和な性格によって、より和やかなムードが漂う動画となっていた。再生回数は16万台(13日時点)。

7 MEN 侍・菅田琳寧、入所直後の今野大輝に「君、推されてるの?」

 12月2日の動画は「7 MEN 侍【マル秘今野大輝誕生日】忘れられないよ!!」(再生回数は13日時点で10万台)。11月24日に23歳の誕生日を迎えた今野大輝をフィーチャーしたクイズ企画「俺のことどれだけ覚えてる? こんぴ王決定戦!!」を行っている。

 個人的に印象的だったのは、今野が菅田琳寧と「初めて会話した時の場所と言葉」として挙げた「君、推されてるの?」というキャッチーなワード。2012年6月にジャニーズ事務所に入った今野は、同年の舞台『JOHNNYS' World』(東京・帝国劇場)への出演が決まった際、先輩の菅田にそう声をかけられたんだとか。

 今野は同舞台で菅田と立ち位置が隣になったといい、「推される、推されてないなんてまだその時、わからなかったから。だから『いや、ちょっとわかんないです』って(答えた)」と振り返った。アイドルを応援するファンは、立ち位置や出番の多さなどを気にしがちだが、ステージに立つ本人たちも、裏でこういう会話をしてるんだ……とハッとさせられる場面だった。

 また、今動画では、今野が佐々木大光との「1番印象的な出来事」として、2人でユニットのメンバーを選んだ過去を告白。2人がかつて所属していたユニット「Classmate J」がなくなり、ジャニー喜多川前社長に「グループ組みたい」と直談判したところ、メンバーを「(君たちで)選んでよ」と言われたそうだ。

 その後、ジャニー氏は「Sound Lover」というグループ名をつけてくれたものの、ユニットは「いつの間にかなくなってた……」(佐々木)とぶっちゃけトーク。ともに混迷の時代を駆け抜けた間柄でもあるためか、今野は佐々木に高待遇の15ポイントを進呈していたのだった。

 美 少年とHiHi Jetsは、11月26日よりコラボレーション企画がスタート。2週目となる今回は「【コラボメシ】猪狩&大昇のゴチでお寿司!!」(12月3日)と「【コスプレ買い物】デパ地下突撃です!!」(4日)の2本が配信された。いずれも、同世代の“Hi美”がわちゃわちゃと盛り上がる様子を見られるため、2組が好きなファンにとっては至福の時間となるだろう。

 そんな中、1本目で筆者が注目したのは、美 少年・浮所飛貴の周りを見る力、細やかな気配りだ。美 少年・岩崎大昇とHiHi Jets・猪狩蒼弥の食べたい寿司ネタを当てるクイズ企画中、例えば10分25秒頃では、浮所が自身の後方を確認した後、向かいに座るHiHi Jetsメンバーに「2本ある」とペンを差し出している。また、13分46秒頃には、正面の高橋に片手で「ごめん」のポーズをしながら、お皿を下げるようお願い。

 この間に岩崎がルール変更の説明をしていたのだが、浮所はきちんと耳を傾けており、「なるほど!」と大きな声で反応。カメラが回っているからこそ、振る舞いには気をつけているのかもしれないが、進行を止めず、さりげなく周囲を気遣う姿に感心してしまった。

 一方、2本目では、そんな浮所が“ニワトリライダー”なる明らかに悪目立ちする格好に着替えさせられ、地元の愛知県・名古屋駅前のデパ地下で買い物ロケを行うことに。バスの車内でモニタリングしていた2組は「尊敬するわ」(高橋)「こんなんできないもん」(HiHi Jets・井上瑞稀)「よく頑張ったよ、ホントに」(美 少年・那須雄登)と、浮所の全力投球ぶりを称賛していたのだった。再生回数は、1本目が22万台、2本目が20万台(13日時点)。

 一方、美 少年は5日アップの「【心あたたまる話】まったりホームパーティー風」で、gelato piqueのルームウェアをPR。タイトル通り、6人が「心あたたまるエピソード」を話すという内容で、那須雄登は憧れの先輩である嵐・櫻井翔にまつわるエピソードを披露。嵐ファンも必見の1本となっており、再生回数は14万台(13日時点)を記録している。

 那須によると、櫻井からマネジャーづてで「翔くんファンなら誰でも知ってるダッフルコート」をもらったとか。「茶色っていうかまあ、グレーかな。その写真が有名すぎて。ファンの人が大好きな写真なの。そのダッフルコートをいただいたの」「めっちゃ暖かかったです!」とうれしそうにトーク。岩崎は「ただの自慢話じゃねぇか!」とツッコんでいた。

 那須が言う“写真”とは、櫻井が表紙を務めた雑誌『H』09年4月号(ロッキング・オン)を指すとみられ、ネット上のジャニーズファンも「ダッフルコートって、『H』で着てたおなじみのやつだよね?」「那須くん、あのダッフルコートをもらったの? うらやましい。大事に着てね」「あの写真のダッフルコートが私物で、それをずっと持っていたこと、那須くんにあげたことも全部ビックリ」と衝撃を受けていた。

 12月6日の動画は「Aぇ! group【初出し失敗談】ジャニーズ裏話を暴露です!!」。今回は、引いたカードに書かれた数字に沿ったインパクトのエピソードを披露する「エピソード版 ito をやってみた!!」企画を行っている。「ジャニーズ事務所に入って驚いたこと」というテーマでは、草間リチャード敬太がメンバーも知らなかった過去の出来事を切り出した。

 入所直後、ジャニー氏に仕事現場を案内してもらったことがあったという草間。先輩の楽屋まで通してもらい、初めてKAT-TUN・亀梨和也らに会って衝撃を受けたそう。興奮のあまり、楽屋に置いてあったティッシュペーパーを取り、「ここにサインください!」とお願いしたところ、ジャニー氏から「失礼だよ、それ」と注意されたという。

 その後、舞台を見学し、帰宅する際に「亀梨くんと滝沢(秀明)くん2人が同じ色紙にサイン書いてくれたやつをポンって渡してくれて」と、草間はジャニー氏からのサプライズを回顧した。

 ほかにも、佐野晶哉が、関西Jr.出身のKing&Prince・永瀬廉へ向けられた“歓声”に言及する場面もあり、特に関西ジャニーズ好きのファンは見逃せない1本だろう。再生回数は13日時点で37万台と、ほかのグループと比べても断トツで伸びていた。

 12月7日にアップされたのは、前週始まったアンケート企画の第2弾「少年忍者【緊急アンケート~その2】一番面白いジャニーズは誰?」。

 今回も「面白い人」「私服がお洒落だと思う人」といったテーマの中、Jr.仲間やSexy Zone・菊池風磨、SixTONES・ジェシー、松村北斗らデビュー組の名前も挙がり、ジャニーズ内評価が明らかになっている。

 「ダンスが好きなかっこいい人」のお題では、長瀬結星が10票を獲得して第1位に輝いたKing&Prince・高橋海人の“伝説”を語る場面が。高橋はジャニーズに入所する前からダンスを習っており、小学生の頃に同じダンスコンテストに出場したという長瀬によると、当時中学生の高橋は「(コンテストで)名前呼ばれて全国大会行ってた」とか。「人間じゃない動きをする」などと、高橋のダンスの実力がいかに高いのかを熱弁していた。

 なお、少年忍者の動画は公開後2日がたった時点でも10万台に届かないことが定番となっているものの、今動画は13日時点で16万台と好ペース。名前が出ているとうわさを聞きつけた先輩グループのファンたちも視聴しているようだった。