• Sat. Jan 28th, 2023

『きのう何食べた?』レシピ【鮭とゴボウの炊き込みご飯】完全再現! 入れて炊くだけ、時短で香り豊かな旅館の味が完成

料理がまったくできない主婦の私。もう何年も夫が料理を担当していますが、子どもの成長とともに「いやでも作らなあかん時」に見舞われるように……。そこで「かんたん」「ラクチン」とTwitterで話題のレシピにチャレンジしていきます!

今日のレシピ:『きのう何食べた?』1巻【鮭とゴボウの炊き込みご飯】

 マンガ『きのう何食べた?』(講談社)は、弁護士の筧史朗(シロさん)と美容師の矢吹賢二(ケンジ)のカップルの「食生活」をめぐる物語です。手軽にサッとできるレシピが豊富に載っているのも魅力! 今回は第1巻に掲載されている【鮭とゴボウの炊き込みご飯】にチャレンジしてみました。

材料 分量
2合
ゴボウ 1/2本
まいたけ 1パック
塩鮭 2切れ
炒りごま 適量
昆布 1切れ
酒・醬油 適量

(レシピは劇場版『きのう何食べた?』公式チャンネルより)

 実際に作ってみましょう!

 シロさんいわく、「ゴボウのあくはポリフェノールで旨味の元、水にさらさない」とのこと。舞茸はほぐします。お米と昆布を1切れ、塩鮭で準備完了。材料は2人分です。

 研いだお米に材料を全部入れ、用意していた醤油と鮭を入れ、味付けは薄味を意識。調味料の分の水をお玉2すくい分減らし炊くだけです。

 炊き上がりは、ゴボウと醤油のいい香りが! 混ぜてみるとおこげもできていました。期待度が高まります。

 炊きあがったら、鮭と昆布を取り出し、昆布は細切り、鮭は骨を除きほぐす。たっぷりの炒りごま、ほぐした鮭と昆布を戻して混ぜ合わせたら完成です!

 これぞ時短レシピではないでしょうか。炊き込みご飯系は材料を覚えさえすれば、いつでも簡単に作れるので、忙しい主婦には本当に助かります。炊き立てご飯にホックホックの鮭とゴボウ、料亭の晩餐のようなビジュアルに期待が膨らみます。

 全体的に鮭の主張が強めの炊き込みご飯。おいしい! 何度も作りたくなるような、まさに「旅館の味」がしました。舞茸とゴボウ、鮭の旨みを吸い込んだご飯に、箸が止まりません!

 鮭の香りが豊かなので、子どもには好き嫌いが分かれるかもしれませんが、一度作ってみる価値は大いにアリ。冷凍のささがきゴボウを作っておいたら、もっと時短になります。総評価は満点です!

【総評】
もう一度作りたい度:★★★★★(必殺時短でおいしいレシピ認定です!)
ズボラ主婦でも再現可能度:★★★★★(簡単にサクッと作れます)
子どもウケまたは夫ウケ:★★★★★(子どもは好き嫌いは分かれそうですが、我が家は全員◎でした)