• Tue. Jan 31st, 2023

谷原章介、『めざまし8』でまた“失言”? セクハラ問題の劇作家・谷賢一氏を「擁護した」と大ひんしゅく

 朝のワイドショー『めざまし8』(フジテレビ系)のMCを務めている俳優の谷原章介。今年は番組内での“失言”が取り沙汰される機会が目立ち、ネット上で物議を醸している。

「12月21日放送の同番組では、女優の大内彩加が、劇作家・谷賢一氏から日常的にセクハラや性暴力を受けたと訴え、慰謝料など550万円の支払いを求める訴訟を東京地裁に起こした件が取り上げられました。すると谷原は谷氏について『二度ほど舞台の稽古場でお会いしたんですけども、とてもそういう方には、その時は僕は全然印象は持ちませんでした』と発言したんです」(芸能記者)

 続けて、「ただ具体的な大内さんからの主張がありますので、これらが事実だとすると許せないことですよね」とも語っていた谷原。直接会った際の印象を語っただけにも思えるが、ネット上では「谷氏を擁護した」などと批判的な声が相次いでいるようだ。

「一部ネットユーザーからは、『被害者を不用意に傷つける発言』『影響力を考えて発言してほしい』と谷原を疑問視する声が続出しています。ただ、そんな反応を受け、『谷さんの印象を話しただけなのに……』『そこまで叩かれることじゃない』と谷原に同情的な書き込みも少なくないようです」(芸能ライター)

 このところ、『FIFAワールドカップカタール2022』関連の言動でも、視聴者からひんしゅくを買っていた谷原。同12日の放送回では、日本代表の森保一監督に花束を贈呈する場面で、谷原が「すみません。男からで申し訳ありませんが」と添えたため、「男とか女とか関係なくない?」「余計な一言」と批判を浴びた。

 また、11月29日の放送回では、試合を現地で観戦するために2週間の休暇許可をもらった会社員男性と、その上司にあたる女性への取材VTRが公開されたが、これを見た谷原は「上司の方が、もしかしたら女性ということで、弾力的に柔軟に受け止めてくださったのかもしれませんけど」と発言。これに対しても、やはり「男女関係なく、人柄や社風によるでしょ」とネットユーザーからツッコまれていた。

「谷原といえば、『王様のブランチ』(TBS系)では2007年から10年間MCを務め、『パネルクイズ アタック25 Next』(BSJapanext)やNHK『うたコン』の司会も担当。MCとしてのキャリアを十分積んでいるだけでなく、3男3女の父親という家庭的な一面も持っていることから、昨年『めざまし8』MCに就任した際には、期待の声が多く寄せられていました。しかし、徐々に失言が目立つようになり、『ワイドショーのMCに向いてない』『生放送に出すのは危険』との指摘が増加している印象です」(同)

 “失言MC”のイメージが付きつつある谷原。これまで以上に言動には注意すべきかもしれない。