• Sat. Jan 28th, 2023

Kis-My-Ft2は「全員が仲良いわけじゃない」発言にファン動揺! 横尾渉が明かした、メンバーの“微妙な距離感”

 1月4日放送のバラエティ『1周回って知らない話2時間SP』(日本テレビ系、午後7〜9時)のゲストに、Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔が登場。彼とは20年の付き合いになる同グループの横尾渉もVTR出演したが、「メンバー全員が仲良いわけじゃない」と発言したことで、ファンが動揺している。

 今回、藤ヶ谷は1月13日公開の主演映画『そして僕は途方に暮れる』の宣伝のため、番組収録に参加。1998年にジャニーズ事務所に入所した当時のエピソードや、2005年にKis-My-Ft2(以下、キスマイ)を結成し、長い下積み時代を経て11年8月にCDデビューするまでの経緯などを振り返った。

 さらに、「メンバー内で一番仲が良い」という横尾が、VTRで藤ヶ谷の人となりを解説。藤ヶ谷はグループの「ムードメーカー」だそうで、「コミュニケーションを一番取ってる子」とも証言した。

 続けて、「メンバー全員が仲良いわけじゃないから。正直、各々、距離感がある」「でも、コミュニケーション取ってないと、バラエティとかラジオとかうまく噛み合わない。『じゃあ、取っていこうよ。コミュニケーション』って彼から言い始めました」と明かしたのだった。

「横尾によれば、藤ヶ谷はメンバーの宮田俊哉が舞台出演時に困っていた際、アドバイスを送っていたとか。また、昨年10月期に夫婦の性事情をテーマにした連続ドラマ『夫婦円満レシピ~交換しない? 一晩だけ~』(テレビ東京系)に出演した千賀の相談にも乗っていたようです。横尾は『なんかあればみんな藤ヶ谷のとこ行きますね。メンバーみんな助けられてますよ』と話していました」(ジャニーズに詳しい記者)

 しかし、番組を見ていたキスマイファンたちは、「全員が仲良いわけじゃない」という横尾の一言が引っかかった様子。ネット上では、「余計なこと言わなくていいのに……」「結構グサッと来た」「キスマイをあまり知らない人には“仲悪いんだな”ってイメージが残ると思う」「視聴者が誤解を招くような言い方はよくない」「言葉を選んでほしかった」と不快感をあらわにしていた。

 一方で、「本当にキスマイが不仲なら、さすがにテレビで言えないと思うから大丈夫でしょ」「横尾さんは“それぞれの距離感がある”って伝えたかっただけなんだろうな。仲良しこよしじゃなくても、お互いに信頼し合っているキスマイが大好き」と前向きに捉えるファンもいたが……。

「ただ、中でも“藤北”と呼ばれている藤ヶ谷と北山宏光のコンビは、プライベートでの交流エピソードはあまり聞かれないため、『「全員が仲良いわけじゃない」って明らかに“藤北”のこと言ってるじゃん』『不仲と臆測を呼ぶのは藤北だろうから、あの発言は控えてほしかった』との指摘もありました」(同)

 その一方で、宮田がパーソナリティを務めるラジオ番組『宮田俊哉 燃(萌)えよ!ラジオ』(FMヨコハマ、1月4日放送)では、そんな北山と食事に行ったことを報告。22年の上半期は、北山と「そろそろご飯とか行きたいよね」と会話していた流れで、「2回ぐらいご飯に一緒に行った」とか。宮田によると、北山は“美食家”だそうで、「食が好きな人が選ぶお店って、(料理が)めちゃくちゃおいしくてさ。こういうのをたくさん知ってる男になりたいなって俺は思った」と、北山にあこがれを抱いたよう。

 食事の際は、一緒に日本酒を飲んだこともあったといい、「2人で結構、酔っちゃったね。ハハハハ(笑)」「デビューして12年とかたってるけど、こうやってメンバーと2人でご飯に行ける関係性でいられるっていうのは、なんか良い」と述べていたのだ。

 昨年8月でデビュー11周年を迎えたキスマイ。横尾が説明していた通り、彼らの場合は「各々の距離感」で交流を深めているからこそ、絶妙なバランスでグループが成り立っているのかもしれない。今後も切磋琢磨しながら、活動を継続していってほしいものだ。