• Sat. Jan 28th, 2023

King&Prince「ichiban」を超えた楽曲とは? 「ジャニーズダンス楽曲大賞2022」ベスト3発表!

ByAdmin

Jan 9, 2023

 2022年、さまざまなジャニーズグループが新曲を発表し、音楽シーンを賑わせましたね。サイゾーウーマンでは、昨年末に引き続き「ジャニーズダンス楽曲大賞」を開催!

 これは、昨年発表されたジャニーズ楽曲の中から、振り付けやダンスパフォーマンスのベスト1を決定する(※ただしYouTubeで公式MVやパフォーマンス動画が公開されている楽曲限定)ファン投票企画で、KAT-TUNからTravis Japanまで、全35曲を対象にアンケートを行いました。

 年間1位に輝いたのは、果たしてどのグループのどの楽曲なのか?  いよいよ結果発表です!

対象となる楽曲のパフォーマンス一覧

【KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2】

【Sexy Zone、A.B.C.-Z、ジャニーズWEST】

【King&Prince、SixTONES】

【Snow Man、なにわ男子、Travis Japan】

▼前回の結果▼

(※アンケート実施期間:2022年12月23日〜2023年1月3日、回答数:51票)
(原則として、アンケート回答は原文ママ)

「ジャニーズダンス楽曲大賞2022」3位:Hey!Say!JUMP「春玄鳥」5票

 「ジャニーズダンス楽曲大賞2022上半期」では5位だった、Hey!Say!JUMPの「春玄鳥」が順位を上げて年間3位にランクイン。この楽曲は、テレビアニメ『ラブオールプレー』(日本テレビ系)主題歌で、sumikaの片岡健太が作詞、同じくsumikaの小川貴之が作曲を手掛けた、さわやかなナンバー。振り付けには、手を握ってグーの形から親指と小指を伸ばす「春玄鳥ポーズ」が取り入れられているのが特徴です。

 第2位は、「ジャニーズダンス楽曲大賞2022上半期」で1位に輝いた、King&Prince「ichiban」。6月29日発売の4枚目のアルバム『Made in』のリード曲で、KREVAが楽曲提供し作詞・作曲を担当。BTSやTWICEなども手掛ける世界的ダンサー・RIEHATAによる高難度の振り付けが大きな話題を呼び、TikTokでの総再生回数は11億回を突破。アイドルやダンサー、一般人まで「踊ってみた」動画も流行しました。

投票コメント

・初めて見たときの衝撃が忘れられない

 第1位に輝いたのは、昨年10月28日に全世界メジャーデビューを果たしたTravis Japanのデビュー曲「JUST DANCE!」。全編英語詞のパーティーチューンで、BTSなどのダンスを手掛けているニッキー・アンダーセンが振り付けを担当しています。高いダンスパフォーマンス力を持つ彼らならではの、一糸乱れぬシンクロダンスを存分に味わうことができ、踊ることの喜びがひしひしと伝わってくる一曲です。

投票コメント

・ダンプラ動画が、すごくいい。

・グループの中に何人かが特に上手い人がいるというのが普通だと思いますが、トラジャは全員のダンスレベルが高いです! 全米4位、世界9位というタイトルがそれを示しています!

・あきらめずに活動していたら、こんなにスキルが上達していたといういいお手本。