• Tue. Jan 31st, 2023

日テレ『イッテQ』出川哲朗に「気絶してる?」――タレントのケガ続く番組、疑問覚える安全対策

 1月8日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にお笑い芸人・出川哲朗が出演。ニュージーランドでのロケの様子がオンエアされたが、ネット上では“危険すぎる”として物議を醸した。

 この日は『ご意見番の大自然でお料理シリーズ in ニュージーランド』として、 “出川ガール”の箭内夢菜と共にニュージーランドを訪れた出川は、砂丘や風といった自然を生かして料理をする企画にチャレンジ。

「ワイナム湖砂丘の砂を利用してえびせんやポップコーンを作ったほか、強風で知られる首都・ウェリントンでは、風の力を使って生クリームをホイップし、クリスマスケーキのデコレーションをしていました」(芸能ライター)

 そして、最後に行われたのが滝を使った餅つき。マウクの滝を訪れた一行は、滝壺に臼を置き、風船に入れて濡れないようにした餅米を滝に当てて、餅つきをしたのだった。

「この際、箭内が餅を返す役、出川は立ちながら臼を持つ役を担当したのですが、2人は『痛い!』を連呼。また、出川は目を閉じて朦朧とした表情になる一幕も。そんな彼に対して番組スタッフは、2回も『寝るなー!』と注意し、そのたびに必死で目を開けていました。なお、ナレーションとテロップでは『再発見。人は滝に打たれすぎると眠くなる』と出川をいじっていたんです」(同)

 さらにその後、滝の勢いが激しくなると出川は崩れ落ち、スタッフが慌てて「退避退避!」と叫ぶシーンが。この一連の流れに対してネット上では、「出川が目を閉じてるのって、半分気絶してるんじゃないの?」「水の勢いで目が開けられないのでは」「滝の企画はケガをしそうで見ていて怖かった」「『寝るなー!』ってギャグにしていいような状況じゃなくない?」「とにかく痛そう。せめてヘルメットが必要でしょ」など、番組の安全管理に疑問を呈す声が噴出した。

 一方で、番組後半に放送されたお笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞんが出演する海外ロケ企画に対しては、番組の対応にネット上で称賛の声が寄せられていた。

「みやぞんは、アイスランドの絶景をバックに約3キロの坂道を、スケートボードで一気に滑り降りるダウンヒルスケートボードにチャレンジしましたが、その練習中に足を負傷。インストラクターを務めたプロスケーターは『残念だけど、今回はやめたほうがいいと思う』と提案し、番組スタッフと協議をした結果、インストラクターがみやぞんの代わりに坂道を滑り降りることになりました。テレビ映えではなくみやぞんの体を優先したこの判断には、賛同する視聴者が多かったようです」(同)

 みやぞんといえば、2019年5月に同番組で行われたインドロケで、左足首を骨折する重傷を負った過去がある。今回はその二の舞いにならないように注意をしたのかもしれないが、ほかの出演者に対しても同様に安全対策を心がけてほしいものだ。