• Sat. Jan 28th, 2023

中居正広、“年内死亡説”の過剰報道に苦言! 「ネットニュースは見ない人なのに……」ファンが読み取った“彼の本心”

 体調不良のため、昨年11月上旬から休養していた元SMAPでタレント・中居正広が、1月14日放送の『中居正広のキャスターな会』(テレビ朝日系)で本格復帰を果たした。中居の病状をめぐり、一時は深刻な報道も出ていたものの、当人は元気いっぱいの様子でカメラの前に登場。多くのネットユーザーから安堵の声が寄せられている。

「中居は昨年7月14日、急性虫垂炎を発症して入院。同18日には仕事に復帰しましたが、10月にも体調を崩し、同1日から2週連続で『中居正広のキャスターな会』など、レギュラー番組の収録を欠席したんです。それでも万全の状態には戻らなかったようで、11月4日には公式サイトを通じて1カ月ほど活動を休止すると宣言。病院の先生や、携わるスタッフ、本人が話し合って決断したそうです」(芸能ライター)

 なお、休養発表直前に、一部メディアが不穏な情報を報道。ニュースサイト「デイリー新潮」は10月26日配信の記事は、急性虫垂炎の手術と前後して、「盲腸のがん」が見つかったと伝えた。

 “事情を知る芸能関係者”は、「そのタイミングで見つかったのはむしろ幸運でもありました」と証言しており、中居は9月にあらためてがんを切除するための手術を受けていたという。なお、同メディアは、当該記事の公開後に「盲腸のがん」という記述を削除。現時点で「実は、急性虫垂炎の手術と前後して、別の病変が発覚したのです」と書き換えられている。

 その後、中居は12月2日に、「体力、筋力の回復を図るコンディションまで整いませんでした」として、年内は静養に専念すると報告。気になる病状については「体調に関しての細かい詳細は慎みたいと思っております」と伏せたままだった。

 一方、同8日発売の「女性セブン」(小学館)は「中居正広 頬も体もやせこけて復帰不能『オペ室で起きた激震』」と題した特集を展開。中居が11月に入院して再手術を受けたところ、数十分で終わる予定が、医師の予想以上に難航。芸能関係者が「オペ室で不測の事態が起きたと聞いています」と語るなど、衝撃的な内容となっていた。

「中居ほどの大物タレントが“命に関わる重病なのではないか”と報じられたため、世間には衝撃が走りました。そもそも、中居は病名を公表していませんでしたから、ネット上には『新潮』や『女性セブン』に対する批判も続出したんです。実際、マスコミ界隈では、『中居が余命宣告を受けた』といううわさまでささやかれるなど、一時かなり緊迫した空気が漂っていました。そんな中、本人は12月11日放送の『中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞2022』(フジテレビ系)にVTR出演。一部スポーツ紙のウェブサイトが、顔周りや首のあたりがかなりシャープになった中居の近影を掲載したことで、ネット上に画像が拡散。SNSには心配の声が飛び交いました」(同)

 こうしてファンの不安を煽るような報道が立て続いたことで、さまざまな臆測が飛び交うことに。年が明けても、良いニュースは舞い込んでこなかったが、中居は1月7日放送のKis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔がパーソナリティを務めるラジオ番組『藤ヶ谷太輔 Peaceful Days』(ニッポン放送)にサプライズ出演。そして、14日の『中居正広のキャスターな会』で本格的に復帰し、同日放送の自身のラジオ『中居正広 ON & ON AIR』(ニッポン放送)にも久しぶりに登場した。

 中居は『キャスターな会』で、休養中、自身に関するネットニュースを見たと告白。「(普段は)ネットとか見ないですけど、結構煽りすぎ」「ポチッと見たら『いやいや、それはないわ』とか、『そんなんじゃないんだよ』っていうのが多かったの。(中略)『年内死ぬ』って出てて。みんな、俺が死ぬと思っていたの?」と共演者に投げかけ、笑いを誘っていた。

 ユーモアを交えて話す姿に、同番組を見たファンたちはネット上で「中居くん、元気そう! 声もビジュアルもいつもの中居くんで安心した」「顔色も肌ツヤも良かったし、声も出てた。中居くん、おかえり!」と歓喜している。

 なお、14日放送の『情報7daysニュースキャスター』(TBS系)や16日放送の『THE TIME,』(同)は、同局の安住紳一郎アナウンサーによる中居への直撃インタビューを放送。ここでも、中居はネット上でささやかれていた“年内死亡説”に言及し、「自分だけ知らなくて、周りの人は『本当は死ぬんだ』って。俺だけ知らないかと思った。『あれ? 俺だけ伝えられてないんだ』と思って。ショックだったよ、本当に。普通の精神状態の人だったらよくないよ、あれ。『俺、死ぬんじゃないか』と思ったもん」とこぼしていた。

 中居ファンの女性は、こうした言葉を「彼の本心」だと指摘する。

「中居くんはネットニュースや、自身に関する報道は基本的に見ていないと公言している人なんです。それなのに、中居くんがここまで踏み込んでネガティブな記事について触れるのは、かなり珍しいこと。安住アナとの会話では明るく振る舞っていましたが、『普通の精神状態の人だったらよくない』という一言は、本心でしょう。中居くんなりに、過剰に報じたメディアにやんわりと苦言を呈したのでは」(中居ファンの女性)

 中居には、くれぐれも無理をせず、体調を最優先しながら今後も仕事に取り組んでいってほしいものだ。