• Sat. Jan 28th, 2023

平野紫耀、“異次元の筋力”伝説をまたも更新! パンチングマシーンで驚異の数字を叩き出し……

 King&Princeの冠番組『King & Princeる。』(日本テレビ系)。1月14日放送回は、平野紫耀がまたしても“異次元の筋力”を見せた。

 これまで同番組で、掌底で瓦を割る「寸勁」に初挑戦して成功させたり、鉄棒にぶら下がったままシャツを着用するなど、体を使った企画で大活躍してきた平野。この日は、メンバー5人でミッションに挑む「キンプるファイブ」がオンエアされ、パンチングマシーンを使って5人で合計650キロを目指す“パンチングチャレンジ”を実施した。

 一人130キロ出せばクリアできるこのチャレンジ。最初に挑戦した永瀬廉は193キロを叩き出し、次の神宮寺勇太も182キロを記録。この時点で合計375キロとなったため、余裕で目標達成できる空気に。そこで、MCの劇団ひとりの発案で、クリア条件が「合計1000キロ」に変更された。

 残り3人は209キロずつ出さなければならなくなったが、高橋海人は昨年4月期のドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系)でボクシング部の部長役を務めていたこともあり、「ボクシングやってるんで」と自信満々。しかし、結果は164キロ。試しにもう一度やってみても、178キロという低い数字に。

 さらに、続く岸優太に至ってはこれまでで最低の160キロをマーク。最後の平野は、格闘技経験者でも難しい「287キロ」を出さなければならない展開に。平野は「ちょっと待って」と困惑し自信がない様子だったが、いざ挑戦すると驚異のパンチング力を見せ、283キロとかなり惜しい数字。その後もう一度チャレンジしてみると、なんと288キロを叩き出し、合計1001キロで無事クリアとなったのだった。

 今回の放送にネット上のファンからは、「平野くん、アイドルだよね? かっこよすぎる」「また伝説を更新してしまった紫耀くん」「本当に何でもできるんだね」といった感想が寄せられていた。