• Sat. Jan 28th, 2023

声優・櫻井孝宏、新たな不倫相手からの“文春砲”が「最悪のタイミング」だったワケ――事務所コメントも「悪手すぎる」?

 ニュースサイト「文春オンライン」が1月17日、声優・櫻井孝宏とアニメ業界で働くB子さんの不倫を報道。同サイトは昨年10月にも櫻井と放送作家・A子さんの不倫を報じていただけに、ネット上のファンからはあきれた声が出ているが、今回は櫻井の所属事務所・インテンションの対応にも、マスコミ界隈で「悪手すぎる」と苦言が寄せられているようだ。

 昨年9月に「文春オンライン」で既婚者であることをスクープされた櫻井。その翌月、パーソナリティを務めていた『P.S. 元気です。孝宏』(文化放送超!A&G+)の放送作家でもあったA子さんとの不倫が明らかになり、その影響で同ラジオ番組が終了。12月には『A&Gメディアステーション ここむちゃっとカウントダウン』(文化放送)からも降板した。

「それでもアニメ作品からの降板などは発表されていなかった櫻井ですが、今年1月17日配信の『文春オンライン』記事に、別の不倫相手・B子さんが登場。B子さんは2006年から櫻井と関係を持ち、彼が結婚した後もその事実を知らされていなかったものの、21年に『彼が既婚者であると気づいたことは伏せたまま、関係を清算』したのだとか。しかし、22年にA子さんとの不倫が報じられたことで怒りが湧き、櫻井に説明を求めたB子さん。その後、櫻井の弁護士とやりとりするも納得できず、今回の告発に至ったようです」(芸能ライター)

 この報道を受け、インテンションは18日に事務所のホームページを更新し、「今回の記事に掲載されている女性から、櫻井は1000万円を請求されており、指定期日までに対応がない場合、当該女性の納得のいく方法・手段を実施すると伝えられておりました。法外な金額であったことから、櫻井が個人で委任した弁護士を通じて要求を断ったところ、報道がなされた次第です。このような背景があるため、弊社といたしましても顧問弁護士と対応を協議しております」(原文ママ、以下同)と説明。

 同事務所は「文春オンライン」の取材にも「櫻井孝宏に確認いたしましたところ、強い言葉で誠意のある対応を求められ1000万円を要求されたことから、刑事事件化の可能性のある案件となります」などと回答していた。

「ネット上では、またしても不倫が発覚した櫻井に対して『不信感しかない』『品性が下劣』と非難の声が出ているほか、インテンションのコメントについても『女性が悪いみたいな説明は悪手』『こんなに請求されましたって免罪符にしようとしてる?』『まるで櫻井をかばっているよう』『櫻井が誠実な人ならこんなことにならなかったのに。事務所の対応は逆ギレに見える』『櫻井もインテンションも不誠実な印象』といった批判が噴出しています。実際、マスコミ界隈でも、『いろいろな事情があるにせよ、まずは謝罪に徹するコメントを出すべきだったのでは』『身内に甘すぎる印象を与える』と物議を醸しているんです」(同)

 一方、「櫻井にはまだ余罪がありそう」「実はほかにも不倫相手がいて、全員に1000万円を払うことになるのはキツいのかも」と予想するネットユーザーも散見される。

「なお今回の報道が出たのは、アニメ『トリコ』(フジテレビ系)の『生誕15周年記念特番』(ABEMA、2月12日配信)に、ココ役の櫻井も出演すると告知された直後。まさに最悪のタイミングだっただけに、『「文春」はこのタイミングを待ってたのかも』と推測する書き込みもみられます。今後、ABEMAや『トリコ』側の対応にも注目が集まりそうです」(同)

 さすがにもう余罪はないと思いたいが、櫻井が新たな仕事をするたび、ファンは不安を抱くことになるかもしれない。