• Tue. Jan 31st, 2023

篠田麻里子の“修羅場”音声データを拡散した人物――滝沢ガレソ氏が“法的措置”を受ける可能性

 篠田麻里子の不倫騒動をめぐり、昨年末、その“火付け役”となったTwitter界のインフルエンサー・滝沢ガレソ氏が、メディア関係者の間でにわかに注目を集めているという。

 1月17日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)ならびにニュースサイト「週刊女性PRIME」では、篠田が夫・T氏から“口止め料”として8000万円を要求されていたことを詳報。事態を告発した篠田の親族は、T氏だけでなく、不必要なまでにネット上で情報拡散を行う勢力に対して「(T氏の)脅迫行為に加担しているという認識」と明言。記事内には、ガレソ氏の名前も登場している。

 ガレソ氏は12月27日、「週刊新潮」(新潮社)が、篠田とT氏の言い争いを録音した音声データの書き起こしを、“修羅場”として掲載したのとタイミングを合わせて、Twitter上に実際の音声を次々にアップした。

「ガレソ氏はその直前に、騒動が世間に知れ渡る前から、篠田や不倫相手と目される人物に対して『予告』とも取れる投稿していたアカウントに、『もし捏造じゃないならお話伺いたいです』とリプを送っていた。このアカウント主が、週刊誌に情報を提供している『T氏の知人』と見られています。そしてその結果、ガレソ氏は音声データや篠田のスマホ内のデータなどを、独自に入手することに成功したようです」(スポーツ紙記者)

 音声データ内には、篠田が「私が浮気した件を相談した」という発言も含まれており、不倫はもはや「紛れもない事実」として報じられるように。しかし、当の篠田は昨年12月28日に、インスタグラムで「私が不倫をしたという事実はありません」と宣言。今回「週刊女性」に登場した家族もまた、不倫は事実無根だと主張している。

「双方とも、不倫をした/していないを立証する“決定的証拠”は持ち合わせていないことがうかがえます。T氏が篠田に第三者を通じて送りつけたという“脅迫メール”に関しても、これだけでは法的に問題があるかといえば微妙なところ。ただ、同誌にコメントしている弁護士は、第三者による音声データのアップロードに関しては『プライバシー侵害の程度が強く、会話者に対する不法行為が成立する可能性がある』『会話の内容や漏洩の程度によっては名誉毀損罪が成立することも考えられる』(原文ママ、以下同)と見解を示しており、これはガレソ氏の行為を指しているとみて間違いありません」(同)

 ガレソ氏は年末、篠田の不倫に関して「とんでもないのあるんでお年玉にご期待ください!」と、さらなる情報公開の“予告ツイート”もしていたが、年明け後は音沙汰ナシ。そして、自身の名前が登場している今回の記事に関しては、「週刊女性PRIMEからマリちゃんが不倫してない前提の旦那下げ記事が出てます」と投稿するだけに留まっている。

「ガレソ氏は昨年9月にその『週刊女性PRIME』に、社会的に影響力を持ち始めた“暴露系”インフルエンサーの一人として登場。同記事では自身の立ち位置について『強い立場の人、いわゆる「上級国民」たちに、一矢報いてほしい。きっとそう期待されているんじゃないかと思っています』『インフルエンサーが一種の「駆け込み寺」として機能しているんだと思います』と信条を語っていました」(週刊誌記者)

 しかし今回の篠田の件に関しては、長女の実名を出したり、無関係なほかのタレントを巻き込むなど、「行きすぎ感は否めない」(同)という。

「突然のトーンダウンは、自身の立ち位置の危うさに加えて、T氏の本性に危険を感じたためでは。ガレソ氏は、T氏が篠田に対し、法外な“金銭”を要求していたことを把握していなかった可能性もあります」(同)

 騒動の今後の焦点となるのは、不倫の有無に加え、離婚、長女の親権問題の行方だが、マスコミ関係者はガレソ氏への“然るべき措置”にも目を光らせている。