• Tue. Jan 31st, 2023

広瀬すず、14キロの加重布団を愛用! ASKA開発の「オゾン水変換機器」に購入者動揺? 芸能人の健康へのこだわり

――サイゾーウーマンの管理人で芸能通のしいちゃんが、編集部員を相手にこの1週間で話題になった芸能ニュースを解説

編集G いや〜寒い寒い。来週は最強寒波がやってくるみたいだし、体調管理に気をつけて、新型コロナとインフルエンザの同時流行をなんとか乗り切りたいね。

しいちゃん 健康に関する話題といえば、広瀬すずが、1月1~3日の深夜に放送された特番『広瀬すず&櫻井翔とほっこり過ごすお正月SP 3夜連続「ネメシス」上映会』(日本テレビ系)に出演した際、自身の快眠法について熱弁。「寝るって本当に大事だなと最近、すごい思うんですよ」と切り出した広瀬は、「ちょっとストレッチしてから寝るだけでも(眠りの質が変わる)。深呼吸を10回から15回してから寝ると、無理やりでも自律神経が整ったりするんですよ」「私、7キロの掛布団かけているんですよ」「7キロを2枚使ってたり。(合計)14キロかけて私、寝ているんですよ」と明かしてた。

編集G 「加重布団」ってやつね。重みによって精神的な安心感を与えてくれるから、安眠につながる……っていうことはわかるんだけど、さすがに14キロは重すぎじゃ……? 寝ている間に苦しくなって、逆に悪夢を見そうだよ。

しいちゃん 2022年11月に極楽とんぼ・山本圭壱と31歳の年の差婚をした元AKB48の西野未姫は、1月16日、『ぽかぽか』(フジテレビ系)にゲスト出演した際、山本と新婚早々「水素水けんかばっかなんですよ」と明かしていたよ。

編集G えっ、「水素水けんか」ってなに?

しいちゃん 西野は、山本に水素水を飲むように勧めているみたい。31歳もの年の差があるだけに、共演者の菊地亜美から「(山本が)自分の親よりも先に死んじゃうかもしれないじゃん」「結構、食べ物とかも脂っこいもの好きだから、どっちかというと早死にしそうじゃん」と言われ、「心配です。それが一番の不安です」「だから、もしかしたらうちの親が山本さんの介護を手伝うことになるかもしれないから、なるべく長生きしてほしくて、今、家の水を水素水にしたほうがいいんじゃないかって提案してる」と告白。でも山本は、「本当にいいっていう証拠はあんのか」と、双方の意見が対立しているんだって。

編集G 水素水って、一時期、藤原紀香がハマってたよね。ブログやテレビでもしきりに紹介してたイメージ。

しいちゃん でも、専門家の間ではその効能は賛否両論。16〜17年頃には、「水素水」をうたっていながら、水素含有量が表示値よりも少ない商品が出回っていると問題になったこともあり、流行はあっという間に下火になった。ネットでも「水素水で長生きできるわけない」「西野さんは世間知らず」「この夫婦、大丈夫か」と心配されてる。

編集G まあ、山本も2月には55歳になるみたいだし、水素水だけにこだわらず、油ものを控えたり、適度な運動をするなど、健康に気を使ってほしいね。

しいちゃん “水つながり”でいうと、1月15日配信のニュースサイト「週刊女性PRIME」の記事では、ASKAが開発したというオゾン水変換機器「ULAS O3(ユーラス・オースリー)」の問題をスクープ。「ULAS O3」は、水道水をオゾン水に変換、対象物にかけると一瞬で殺菌できるんだって。税別3万8,800円の商品で、昨年7月に予約販売を開始し、計4,000台が完売。ところが出荷が遅れに遅れて、今年1月になってもまだ商品が届かず、「謝罪して一旦返金して」「消費者庁案件になるのではないか」と、購入者の間で不安が広がっているそう。

編集G ASKAが開発したってどういうこと? そもそもオゾン水って何? よくわからないことだらけだし、それが4,000台も売れたことにビックリだわ。ASKAのオリジナルグッズだと捉えればいいのかな。

しいちゃん 「ULAS O3」の公式サイトに記載されている説明文によると、オゾンは、「自然界においてはフッ素に次ぐ強い酸化作用を持ち、除菌・消臭等広い分野にわたり私たちの生活や環境の保護に役立っています」(原文ママ、以下同)とのこと。それが「水(H2O)に溶解している状態」がオゾン水で、主成分は「水と空気」なんだって。

編集G へぇ~。アルコールほど除菌力は高くないけど、オゾン水は体にも自然にも優しいってことなのかな。それにしても、公式サイトには商品発送遅延のお詫び文などは一切ないし、公式Twitterもツイート数がたった3件しかないうえ、投稿も昨年7月で止まってるから、購入者が不安になるのも無理ないわ。

しいちゃん ASKAは「週刊女性PRIME」で記事が出る2日前に自身のブログで「週刊女性」(主婦と生活社)側から問い合わせがあったことを明かし、同メディアとの過去の確執に触れつつ、「2月上旬からは、予約いただいた方々へ一斉に届けることができるよう決断しました。一般市場に製品が並ぶのは遅くても4月くらいからじゃないかな?」と説明。報道同日は「『週刊女性』、書き逃げしましたね。」とのタイトルで不満を書きなぐり、翌16日には中国から「ULAS O3」のパーツが届き、検品後に組み立てることを報告。「今月内にお手元に届く方がいます。来月、再来月には4000台お届けできるはずです」とあらためてつづっているよ。

編集G ASKA、「週刊女性」側に相当イラ立ってるみたいだね。このバトル、一体どうなることやら……。それにしても、芸能人は健康法にこだわりがあるんだね。私はとりあえず、お酒の量を少しだけ減らすことから始めます!