• Tue. Jan 31st, 2023

Aぇ! group・末澤誠也、「バラエティを捨てた瞬間」を後輩にバラされ「めっちゃ恥ずない?」と大照れ

 関西ジャニーズJr.のメンバーが出演し、毎回さまざまなテーマでトークを展開するバラエティ番組『まいど!ジャーニィ~』(BSフジ)。1月22日は、前週に引き続き2022年1月に開催されたコンサート『関西ジャニーズJr. LIVE 2021-2022 THE BEGINNING~狼煙~』内(以下『狼煙』)で行われたゲームのご褒美&罰ゲーム企画が放送された。

「大阪リゾート ホテル・ロッジ舞洲」を舞台に、豪華なグランピングを楽しむAぇ! group・末澤誠也率いる優勝チーム「灼熱の炎ベイビーリップ」。対して最下位だったAぇ! group・福本大晴がキャプテンを務める「宇宙海賊団プリプリパイレーツ」は、罰ゲームとしてバーベキューの準備を行い、末澤たちをもてなすことに。

 その間、ログハウスで待機している「灼熱の炎ベイビーリップ」チームは、『狼煙』でのゲームを振り返り、多数決でMVPを選出。まずは、AmBitious・真弓孟之が「最終公演始まる前に、小声に『勝ちに行こ』って」言っていたと暴露しつつ末澤に投票した。

 進行役のLilかんさい・嶋崎斗亜は「バラエティを捨てた瞬間ですね」と指摘するが、当の本人はまったく覚えていない様子。しかし、真弓によると、「マジな顔でマジな声で」言っていたそう。ほかのメンバーから「かっけー」「そりゃついていきたくなるわ!」と称賛され、末澤は「めっちゃ恥ずない?」と大照れ。

 また、Lilかんさい・當間琉巧はAmBitious・岡佑吏へ票を入れた。なんでも、「(先輩の)末澤くんと(後輩の)ボイビ(Boys be)とかの懸け橋になるのが多かった」といい、「影の仕事人というか」と、中間管理職的な役割を務めた岡を称賛。これに岡は「こんなん言われたことない!」と歓喜した。なお、最も多く票が集まりMVPに選ばれた末澤には、牛肉の高級部位 “シャトーブリアン”が贈られた。

 その後、準備が整い、バーべキューを堪能する「灼熱の炎ベイビーリップ」チーム。対して、一生懸命セッティングを行った「宇宙海賊団プリプリパイレーツ」チームには、もう一人の進行役であるAぇ! group・小島健から突然労いの水の差し入れが。

 しかし、中身は強烈に酸っぱい水だったらしく、口に含んだ一同は悶絶。「クエン酸入ってるわ!」と叫ぶ福本に、小島は「お前らは今日、メシ“くえんさー”ってことで」とダジャレで返事をした。

 すると末澤から、「小島さんも飲んだほうがいいんじゃないですか?」と提案が。小島は「なんでやねん、おかしいやろ!」と抵抗したものの、結局すっぱい水を飲み、「あ゛あ゛あ゛~」とうめき声を上げて笑いを誘った。

 なお、シャトーブリアンは、末澤の粋な計らいによってチーム全員と、進行を頑張った嶋崎で味わうことになり、そのおいしさに「うまっ!」「柔らかっ!」と一同は感激。

 ここで、嶋崎から「まだまだ罰ゲームは続くようですけど一旦締めましょ」という声がかかり、福本は「もう終わろうとしてる!? 俺たち罰ゲーム(として)後片付けするよね?」と訴えるも、嶋崎は「(その映像は)もう使わないです」とキッパリ断言。末澤からも「そんな尺ないから」と無情なコメントが飛んだ。

 そうして『狼煙』のご褒美&罰ゲーム企画は終了し、全員で2022年の『まいジャニ』での思い出を振り返る座談会を実施。一番良かったエピソードを選んだ人を嶋崎がMVPに選ぶという。

 Boys be・伊藤篤志は、関西Jr.の先輩・中山優馬がゲスト出演した回(2022年10月16日放送回)を挙げ、中山が気になるJr.として伊藤を選び、「肩組んでもらったんですよ。そんときがうれしすぎて」「放送を何回も見ましたね」と回顧。末澤は「めっちゃ可愛い話やん」とツッコんでいた。

 その後、嶋崎がMVPに選んだのは、なぜかエピソードを披露していない末澤。その理由は、ほかのメンバーが話しているときの“相づち”だそう。「(それぞれのエピソードを)ほっこりした感じで終わらせるのが気持ちよかったし、技量があるなぁ~とか思いながら……」と、末澤の話を聞くときの姿勢を絶賛したのだった。

 この日の放送に、ネット上では「末澤キャプテン、マインドがかっこいい」「褒められて照れてる末澤くんかわいかった」「たしかに末澤くんの相づちは優しい」「MVPに誠也くんを選んだ斗亜ちゃん、忖度と思いきや、誠也くんを良いお手本として挙げて、後輩ちゃんたちに振る舞い方を教えてるって思った」との反響が寄せられた。

サイゾーウーマン ジャニーズ情報専用Twitterアカウント「J担しぃちゃん」オープン