Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107
  • 水. 6月 26th, 2024

犯罪データベース

明日あなたが被害にあうかもしれない

宝塚娘役・天彩峰里のいじめ報道――ファンは被害者を特定、劇団側に「文春訴えて」

 2月2日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、宝塚歌劇団の“新たないじめ疑惑”が報じられた。一方、前日の1日には、劇団側が公式サイト上で「事実に反する内容をあたかも真実であるかのように報道」されたとして、「文春」サイドに強く抗議。しかし、同誌は1月11日発売号でも別のいじめ疑惑を伝えていただけに、ネット上のファンはこの事態に大きく動揺しているようだ。

 先月11日、「文春」本誌は宙組トップスター・真風涼帆のいじめ疑惑をスクープ。記事によると、現在花組のトップ娘役を務める星風まどかは、宙組に所属していた頃、トップコンビを組んでいた真風から暴言を吐かれたり、1時間の正座を命じられていたそう。劇団側は同誌の取材に対し、真風の暴言を否定し、「正座で対話することはよくある」とも主張。また、「文春」発売の前日に公式サイトを更新し、詳細を伏せつつ「事実と異なる記事」への憤りをあらわにしていた。

「そんな中、今月2日発売の『文春』に、宙組の娘役・天彩峰里が下級生の額にヘアアイロンでやけどを負わせていたという記事が掲載されました。さらに、宙組生徒関係者による『今の宝塚は異常』『先輩から下級生へのパワハラや暴言は当たり前』といった証言も伝えられています」(芸能ライター)

 これを受け、劇団側は再び公式サイトで反論。今回は「文春」を名指ししながら「当該報道の内容が全くの事実無根であることを当事者全員から確認しており、当該週刊誌に対しても、これまで同様、事前に送られてきた質問状へその旨を回答したうえで、事実と異なる記事掲載を止めるよう強く要望してまいりました」と説明。

 それでも「今回もまた『関係者の証言』等と称し、事実に反する内容をあたかも真実であるかのように報道」されたことで、「当事者および関係者が多大な精神的苦痛を被って」いるといい、「当該週刊誌に対し、訂正記事の掲出を求めるなど、改めて強く抗議いたします」と訴えている。

「ネット上の宝塚ファンからは、天彩のことを『信じたい』という声が多数上がっています。しかし、劇団のいじめ疑惑報道が続いていることから、やはり何かしらの内部トラブルはあるだろうと見る者、また真風と天彩を擁護するファンに『いじめが本当だったら被害者がいるんだよ?』と忠告する者も見受けられる。なお、“やけどを負わされた後輩”とみられる娘役はすでにネット上で特定されており、『かわいそう』などと心配されている状況です」(同)

 さらに、一連のいじめ疑惑について、「事実と異なる」という主張を繰り返すのみの劇団側には、ネット上で苦言が噴出。「当事者全員に確認したと説明してるけど、聞き取り方はどうだったんだろう? 第三者が匿名を条件にした聞き取りをしなければ、真実はわからない」「内部調査だけだとしたら、もみ消しもあり得るよね」「聞き取りや検証を続けるという発表ならまだよかった。それを早々に『事実無根』と言い切るから、組織自体を疑いたくなる」「もし本当のことを言えない被害者がいたら、劇団の姿勢には絶望してるだろう」と否定的な声が飛び交っている。

「熱心な宝塚ファンからは、『事実と異なるなら名誉毀損で「文春」を訴えてほしい』『訴えなければ、報道は止まらないと思う』『運営にはしっかりジェンヌさんたちを守ってほしい』『ファンとしても事実をハッキリしてもらいたい』など、“劇団は『文春』と戦うべき”との意見が多い。『訂正記事の掲出を求めるなど、改めて強く抗議』するとは表明していた劇団ですが、『文春』の出方次第では裁判沙汰に発展するかもしれません」(同)

 今後も「文春」対宝塚のバトルは激化しそうだ。


Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107

By Admin