Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107
  • 火. 5月 21st, 2024

犯罪データベース

明日あなたが被害にあうかもしれない

『ウルトラマンZ』の平野宏周、主演映画『妖獣奇譚/忍者VSシャーク』は新たな“胸キュン”作!

ByAdmin

4月 23, 2023 #インタビュー

 数多くの特撮ヒーロー作品を手掛けてきた坂本浩⼀監督の最新映画『妖獣奇譚/忍者VSシャーク』が絶賛公開中だ。

 同作は、『ウルトラマン』『仮面ライダー』『スーパー戦隊』シリーズで知られる特撮界の巨匠・坂本氏が監督を務めた“国産サメ”映画。

 舞台は江戸時代の閉鎖的な漁村。不老不死の力を得るため、忍術でサメを操り村人を脅かす邪教集団の首領に、忍者が戦いを挑む姿を描いた物語で、『ウルトラマンZ』(テレビ東京系、2020年6月~12月)の平野宏周と、『仮面ライダーゴースト』(テレビ朝日系、15年10月~16年9月)の西銘駿がダブル主演を務めている。

 さらに、『仮面ライダー響鬼』(05年1月~06年1月)、『仮面ライダー電王』(07年1月~08年1月)に出演した中村優一も敵役で登場。忍者、サメ、ゾンビ、スプラッターと、要素が盛りだくさんかつ特撮ファン必見のノンストップエンターテインメントムービーだ。

 「サイゾーウーマン」では、主人公・潮崎小太郎役を務める平野さんにインタビュー。撮影の裏側や、映画の見どころについて語っていただいた。

『ウルトラマンZ』坂本浩⼀監督との間にある絶対的な“信頼感”

——今回、坂本監督からのオファーで出演を決めたそうですね。

平野宏周(以下、平野) はい。マネジャーさんから「こういう映画の出演の話をいただいていて、坂本監督がメガホンを取られる作品」と聞いて、「絶対に出演したいです!」とすぐに返事をしました。台本を読み、今までにない斬新な作品だと感じましたし、監督は絶対に素敵な映像に仕上げてくださるので、ぜひご一緒したいと思いました。

 撮影中は、ちょくちょくキャラクターに関して坂本監督と話をさせていただいたんです。僕が演じた小太郎は、今まで挑戦したことがないアウトローな役柄なので、「大丈夫ですかね?」と相談したんですが、監督が「平野くんに絶対合ってると思うから大丈夫だよ」って言ってくださって自信を持てました。

——確かに、小太郎は、『ウルトラマンZ』で演じられていたナツカワハルキとは違う、クールな印象の役柄で、とてもギャップを感じました。お互いに絶対的な信頼感があるお二人だからこそ、この企画が実現したんですね。役作りではどんなことを心がけましたか?

平野 男らしいキャラクターでアクションシーンもたくさんあったので、撮影に向けて、体を大きくしようと、筋トレをしました。あと、“目つき”は意識しましたね。口元を隠しているシーンが多かったので、目の表情で感情を表現するようにしていました。

 坂本監督からもアクションシーンなどで、「まばたきをしちゃってるから、気を付けて」とアドバイスをいただくこともあったので、“目の動き”は小太郎を演じる上で、すごく重要だったように思います。

——ご自身と小太郎の共通している部分はありますか?

平野 小太郎との共通点はないですね……(笑)。でも、“ザ・王道主人公”というより、こういう“ダークヒーロー”に憧れがあったので、演じていてとても楽しかったです。

——役者さんの中には、現場で役のスイッチが入る人と、日常生活の中でも役に入り込む人がいるかと思います。平野さんはどちらのタイプですか?

平野 僕は、日常生活の中でも役を意識しちゃうほうです。家でいざセリフを覚えようとすると、あんま覚えられないんですが、電車に乗っているときに、ふと頭の中で反芻したりすると、だんだん頭に染み込んできて、よく覚えられます。無意識のうちに少し体が動いてしまっていることもあると思います。今回演じた小太郎は、力強くて野性的なイメージがあったので、自然と胸を張って堂々とした歩き方をしていたかも(笑)。

——平野さんは、西銘さんとのシーンが多かったと思います。撮影にあたり、どんなことをお話しされましたか?

平野 同じ特撮出身という共通の話題があったので、仲良くなるスピードがすごく早かった気がします。学年でいうと、西銘さんのほうが2つ年上なんですが、同じ目線に立って話してくれました。お互いに意見を言える関係になれましたし、時には僕を立ててくださって、時には引っ張ってくださって……という感じだったので、すごく安心して撮影に臨めました。

 今回2人で主演を務めさせていただきましたが、僕たちが現場を引っ張っていったというわけではなく、どちらかというと、「坂本監督と一緒にいい作品を作らせていただきたい」という気持ちでキャストが一つにまとまっていったように感じます。楽屋でも、みんなでずっと話しているような、本当にアットホームな現場でした。

——ちなみに、中村さんとは映画『ウルトラマントリガー エピソードZ』(22年)で共演されていますが、今作でご一緒されてみていかがでしたか?

平野 中村さんは“優しいお兄ちゃん”という感じで、本当に気遣ってくださいますし、中村さんが現場にいるだけで安心する。現場を盛り上げてくれたりとか、引っ張ってくれるので、気持ちが楽になるし、頼りになる存在です。劇中では絡むシーンがそこまで多くなかったんですが、すごく存在感があって素敵だなと思いましたし、また共演の機会があれば、次はもっとお芝居でやり合ってみたいです。

——本作の見どころは、何といってもアクションシーンですよね。稽古はどれくらいされましたか。

平野 クランクイン前に、アクションスターの真田広之さんの出演作をたくさん見て勉強させてもらい、稽古は計5回行いました。基礎から教えてもらったんですが、最初はまったくできなくて。野球経験があるせいか、刀の振り方がバットの振り方になってしまうんですよ。稽古中に動画を撮っていたんですが、自分で確認してみても、動きが固くて……。「これ大丈夫かな?」と思っていたんですけど、坂本監督とアクション部の和田三四郎さんから「役を意識してやってみたら」とアドバイスをいただいて、そこからすごくスムーズに動けるようになりました。

 映像では、カメラワークやスタントマンの方の“やられ具合”もあり、迫力あるシーンに仕上がっているので、「僕のこのレベルでこんだけかっこよく映るんだ」っていう驚きもありましたね。

——撮影で一番苦労したことは?

平野 昨年の8~9月頃に、2週間ほどで撮影をしたんですが、山や海辺での撮影が多く、特に海中でのシーンは、結構波が高くて……(苦笑)。身長が183cmある僕でも立っているのが結構ギリギリで、波が来るたびにジャンプしてなるべく顔に水がかからないようにするんですが、背の低い女性キャストやスタッフさんは特に大変そうでしたね。でも、逆に言うと、今になればあの撮影も大変だったけど楽しかった思い出の一つになりました(笑)。

——サメ映画が苦手な女性もいるかと思います。そんな方に、本作の魅力をご紹介いただけますでしょうか。

平野 注目ポイントはやっぱり、“小太郎のかっこよさ”じゃないですか(笑)。最近の恋愛映画に物足りなさを感じている人には、新たな胸キュンを届けられると思います。また、BLチックなシーンや、小太郎の野性味あふれる迫力満点なアクション、スプラッター要素もあり、展開も早いので爽快感も味わえますし、「何も考えずにスッキリしたいな~」という方に見ていただきたいですね。予告映像を見ると、コメディ色の強い作品だと思われるかもしれませんが、実際に劇場で見終わった後には、作品に対する印象もガラッと変わっていると思いますよ。

——ここからは平野さんご自身のことについてお話をうかがいたいのですが、役者を目指そうと思ったきっかけを教えてください。

平野 もともと家族でよく行くセレクトショップがあり、その店の社長が、今僕が所属しているサンミュージックのお笑い芸人さんだったんです。その方の紹介で事務所に入りました。それからずっとふわふわした状態で芸能活動をしていて、「役者としてやっていきたい!」って思い始めたのは、やっぱり『ウルトラマンZ』に出演してからですね。「この仕事でご飯が食べられたら、幸せだろうな」って感じたんです。

 放送後はありがたいことに、街で声をかけていただく機会は増えましたね。ただ、子どもたちは直接会うと、緊張して泣き出しちゃったりとか、顔を合わせられない子もいて(笑)。そういう面では、お母さんやお父さん方のほうが喜んでくださるかもしれません。

恋愛ドラマで「イケメンキャラを演じてみたい!」

——今回、アウトローな役に初挑戦した平野さんですが、今後演じてみたい役や出演してみたい作品はありますか?

平野 キラキラした恋愛ドラマに出たいです! 僕、今まで女性に振られる三枚目のキャラクターを演じることが多くて。ある時期、仕事で1週間のうちに3回ぐらい振られたこともあるんですよ(笑)。王道の二枚目キャラを演じたことがあまりないので、そういうイケメンキャラを演じてみたいです。

——この時期、新生活を迎えて新たなスタートを切った方も多いと思います。平野さんは今後、プライベートで新たにチャレンジしたいことはありますか?

平野 “挑戦”ではないかもしれませんが、僕、催眠術にかかってみたいんですよ! 「あれって本当なのかな」って、催眠術自体信じてないんです。そんな僕は術にかかるのか、かかったらどんな感覚なのかを味わってみたいなと思っています。

——読者の中には、新しいことを始めるのに躊躇してしまうという人もいるかもしれませんが、平野さんは、どんどん挑戦していけるほうですか?

平野 僕は、少しでも気になるものがあったら“とりあえずやってみよう”って思うタイプなので、すぐに行動に移します。自己肯定感が高いほうだから、もし自分に合わなかったら、落ち込むよりもすぐに次のことに目を向けちゃいます。失敗を恐れずに飛び込んでみることも大事だと思うので、まずは勇気を持って一歩を踏み出してみてほしいですね!

■平野宏周(ひらのこうしゅう)
1999年、神奈川県出身。2016年『Rの法則』(NHK Eテレ)レギュラーを務める。ほかに、2018年『法医学教室の事件ファイル』(テレビ朝日)」など数多くの映画、ドラマ、CMなどに出演。2020年『ウルトラマンZ』(テレビ東京)では初主演に抜擢された。Twitter:@kohshu_hirano

ヘアメイク:菊池倫徳
スタイリスト:鳥羽栞
衣装:シャツ2万8,600円、ジャケット4万7,300円、パンツ3万6, 800円/全てCULLNI△FLAGSHIP△STORE ︎(TEL:0364161056)

『妖獣奇譚 ニンジャVSシャーク』
ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、新宿シネマカリテ 他にて全国ロードショー!
公式サイト:https://ninja-vs-shark.com/

監督:坂本浩一
出演:平野宏周、西銘 駿、長野じゅりあ、宮原華音、中村優一 他
主題歌「滄溟の誓~Oath of Great Blue~」リオ・アスナブル
製作:REMOW ダブル・フィールド 制作協力:アウトサイド、yell/配給:エクストリーム
2022年/日本/カラー/77 分/DCP/ビスタサイズ
(C)2022 REMOW


Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107

By Admin