Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107
  • 火. 5月 28th, 2024

犯罪データベース

明日あなたが被害にあうかもしれない

平野紫耀ら脱退直前――キンプリは「フードコート」のようなグループだと思うワケ

 さて、風薫る5月――平野紫耀、岸優太、神宮寺勇太がKing & Prince(以下、キンプリ)から脱退する日が、いよいよ近づいてきた。3人が抜けた後もグループは存続するわけだが、果たしてキンプリとは一体どんなグループなのか。今回、あらためて考えてみた。

キンプリ、CDデビューまでの道のり

 のちのSexy Zoneのメンバーらと同じラインで活躍し、その後Jr.の中心メンバー的なポジションに定着した岸と神宮寺。守ってあげたくなるようなセンシティブさを内包した野球少年という圧倒的な“ キャラ立ち”により、「Myojo」(集英社)の読者投票企画「Jr.大賞」の“恋人にしたいJr.”部門で2014年から5年連続1位を獲得した岩橋玄樹。

 一方、それぞれ関西ジャニーズJr.内のユニットKin Kan、なにわ皇子のメンバーとして『まいど!ジャーニィ〜』(BSフジ)にレギュラー出演し、そのルックスとキャラで「次世代注目Jr.」として人気を高めたのち、どことなく“スペシャル感”を漂わせながら東京へ拠点を移した平野紫耀と永瀬廉。 そしてダンスが抜群にうまいJr.として、突如現れた高橋海人。

 それぞれの場で、人気と注目を集めていた6人が、2015年春、シアタークリエの公演『ジャニーズ銀座2015』でメイン公演を務めることになり、ファンたちは「次のデビュー候補ユニットか!?」と一斉に色めき立った。

 その機運は、直後に発表されたイベント『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭りSUMMER STATION』の応援サポーターへの抜てき、6人に冠せられた「Mr.King vs Mr.Prince」という気合の入った 名前によって、さらに高まることに。当時はもう、完全にデビューへのレールが敷かれたとしか思えなかった。

 「Mr.King vs Mr.Prince」は、平野・永瀬・高橋からなる「Mr.King」と、岸・神宮寺・岩橋からなる「Mr.Prince」という3人ずつの2つのユニットを「VS」で相対させるという構成。2組が切磋琢磨しながら競っていくユニットというのは、いかにもジャニーさんらしい発想だ。そもそもの名前が「王様」と「王子」では、初めから対等ではないような気もするが。そんな格差付けもある意味ジャニーさんっぽい。

 しかし、ジャニーさんが気合を入れて作ったユニットに見える一方、サプライズ要素がないことも気になっていた。というのも、ジャニーさんはこういう場合、たいてい「ジャニーズ初の◯◯ユニット」「入所わずか数カ月のメンバーを抜てき」というようなサプライズを仕込むものなのだが……。

 「Mr.King vs Mr.Prince」には、なんというか、当時から“間違いない” メインディッシュが6皿並べられたような雰囲気が、少しだけあったのだ。

 その後、ほどなくして、この“VS”構造はどっかにいってしまい、「Mr.King」と「Prince」として、個別の活動が中心となっていく。のちにジャニーさんは、この6人でのCDデビューは考えていなかったと言われるようになったが、このあたりで「飽きた」――というと言葉は悪いけれど、この6人を 次期デビュー組としてプッシュする意欲も薄れていったような気がする。

 一方で、ジャニーさんの“スペオキ”であるSexy Zone・佐藤勝利とMr.Kingの3人でアメリカへ取材旅行に出かけることもあった。ジャニーさんの興味は当時、 「Mr.Kingだけでいいや」「勝利とMr.Kingで何かできないか」「勝利と平野の組み合わせはどうだろう」といった方向に移っていたのかもしれない。

 しかしその後、メンバーも語る通り、ジャニーさんに“この6人でデビューしたい”と直談判したことで、事態は急転。結果として、18年5月、ユニバーサルミュージックから大々的なCDデビューを飾ることになり、ファーストシングル「シンデレラガール」は、平野主演のドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系)の主題歌に起用されて、大ヒットを記録した。

 これが、キンプリのデビューまでのざっくりとした道のりだが、先に述べたように、筆者の彼らのイメージは、ずっと“メインディッシュが6皿並べられたようなグループ”なのだ。 6人それぞれが、誰もが大好きな“鉄板メニュー”のようで、どのメンバーを推そうか……なんて 考えるうちに、キンプリって“フードコート”みたいなものなのかなという気がしてきた。

 ハンバーグにラーメン、カレー、オムライス、天丼、そば・うどん……個性豊かな人気店が一挙に揃うフードコート。お客さんはそれぞれ好きなお店のメニューを選び、同じ場所で一緒に食事を楽しむ。 キンプリ、そしてそのファンを想像すると、ますますフードコートのイメージに近い。

 しかしフードコートは、各店が一つになって何かに取り組んだり、コラボするということは、基本的にないのではないか。

 キンプリはデビューするにあたり、これまでの「VS」構造が解体され、 新たに「&」という記号が与えられた。これは、一つになるという意味合いが込められたものだが、“フードコート・キング・アンド・プリンス”は、結局1店ずつの「VS」スタイルという印象が強かった。彼らは年齢差もほぼなく、それぞれのキャラの強さもあってか、絶対的なまとめ役やバランサーが登場しにくかったという面があるように思うのだ。

キンプリがティアラから愛されてきたことは確か

 “王子様的正統派ジャニーズ”という事務所の看板的役割も大きかったキンプリ。その半面、「ジャニーズなのに」「ジャニーズらしからぬ」といった方向性で、世間から注目されることも多かった。そんな中、事務所から正統派を求められることに重圧を感じ、自分たちが思い描く活動と現実に乖離が生じたのかもしれない。

 メンバーは海外での活動を希望したものの、コロナ禍の影響などもあり、それもなかなか難しかった。そして去る者、残る者が生まれ、「King & Prince」という名前はこの先、永瀬と高橋の2人で背負っていくこととなった。

 「だから僕は言ったじゃない」――当初、6人でのデビューを想定していなかったというジャニーさんはそう言うかもしれない。もともと6店が出店していたフードコートは、1店が去り、3店が去り――5月23日以降、2店だけになってしまう。

 しかし、人気店が2店あれば、座席は埋まる。4店分の“設備”や“敷地”も使えるかもしれないし、うまくやっていけるだろう。そういう人気フードコートだっていくつもある。

 もし、「&」ではなく「VS」のままだったら、ジャニーさんがもっとデビューに意欲的だったら(その場合、この6人でなくなっていた可能性もあるが)――たらればばかり言ってもしかたないが、デビューから5年間、彼らが多くのティアラに夢を与え、愛されてきたことは確かだ。それは脱退が発表されてからの彼らのCD売り上げからも強く実感できる。

 フードコートのあった施設からいち早く独立した岩橋は、アメリカに拠点を移し、それなりに順調で見通しも明るい 。そして今後3人も、フードコートを飛び出して、岩橋のように独立したお店を出すのか、はたまた誰かと一緒に新たなお店やサービスを立ち上げるのか。それはまだわからないが、それぞれ人気店・行列店になることは確実だと思っている。


Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107

By Admin