Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107
  • 月. 5月 20th, 2024

犯罪データベース

明日あなたが被害にあうかもしれない

木村拓哉『教場0』第4話も“トンデモ謎解き”が……視聴率は自己最低更新

 木村拓哉主演の月9『風間公親-教場0-』(フジテレビ系)の第4話が5月1日に放送され、世帯平均視聴率9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。前回の9.8%から0.2ポイントダウンし、自己最低となってしまった。

 放送前から“春ドラマの目玉”として注目を集めていたものの、放送開始後は、展開やキャスティングに「ツッコミどころが多い」との指摘もある同ドラマ。

 例えば4月17日放送の第2話では、犯人である女性が遺体を1人で肩に担ぎ上げたり、ブロンズ像に凶器を溶接するなどの大胆な犯行を繰り広げたにもかかわらず、「濃霧だったから」という理由で目撃者がいなかったため、「そんなことある?」と疑問を抱いた視聴者は多かったようだ。

※以下、『風間公親-教場0-』第4話のネタバレを含みます。

 そして最新回の第4話では、人気工芸家の浦真幹夫(淵上泰史)の死体が自宅リビングで発見され、19歳の大学生・萱場千寿留(生見愛瑠)が事件直前に浦真の車に同乗していたことが判明。

 刑事指導官・風間公親(木村)と新人刑事・隼田聖子(新垣結衣)が千寿留のアパートを訪ねると、彼女が自宅出産をしており、産後も病院に行っていないことが発覚する。

 さらに、アパートの大家から「赤ちゃんの足に傷のようなものがある」といった証言があり、千寿留による虐待が疑われることに。

 だが真実は、まったく異なるものだった。千寿留が子どもの父親である浦真を殺害後、その場で産気づき、浦真の作品である大きな器に赤ちゃんを出産。器は暖炉の近くに置かれていたため高温状態だったのだが、浦真の名前をローマ字で彫った刻印部分に赤ちゃんの足が当たり、その一部である「mama」という焼印が残ってしまったのだ。

 ネット上では、犯人のシングルマザー役を演じた“めるる”こと生見の演技が大好評。「うまくて驚いた」「お芝居になると別人。めるるとしての顔じゃなく、役者の顔だった」と反響を呼んだ。

 一方、「mama」という焼印の唐突さから、「突然出てきたmamaの刻印にずっこけてしまった」「mamaには笑っちゃった」という反応が目立ったが、中には「『教場0』の謎解きって、変なのが多くて面白い」「クセの強い“トンデモ謎解き”が楽しみになってきてる」など、それを作風として好意的に受け取る視聴者も多いようだ。

 同日には、長らく役者業を休止していた坂口憲二の出演が正式発表された『教場0』。キャストの豪華さには目を見張るが、視聴率は回復するのだろうか。

サイゾーウーマン ジャニーズ情報専用Twitterアカウント「J担しぃちゃん」オープン

By Admin