Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107
  • 日. 6月 23rd, 2024

犯罪データベース

明日あなたが被害にあうかもしれない

【薬剤師監修】見た目が若い人はやっている? 肌の老化を防ぐ「エイジングケアの基本」4選

 「いつのまにか、目元にしみが……!」「肌がたるんで、実年齢より老けて見える」

 肌の悩みは人それぞれですが、自分の肌の老化に気づいてショックを受けたことがある人も多いのではないでしょうか? 今回は肌が老化する原因や、エイジングケアの重要ポイントを薬剤師の竹田由子氏に紹介してもらいました。

1. 肌の老化が進む3つの原因

 まず、肌が老化する主な原因を解説します。

1‐1. 肌の糖化

 肌が老化する原因の一つとして、肌の糖化が挙げられます。「糖化」とは、過剰に摂取した糖分がタンパク質などと結合してしまうこと。タンパク質が糖化すると、メイラード反応という化学反応によってAGEs(終末糖化産物)と呼ばれる悪玉物質が生成されます。

 このAGEsが肌コラーゲンの弾力性を損なわせたり、肌を黄色っぽくくすませたりするのです。

1‐2. 光老化

 日光に含まれる紫外線を浴び続けることにより、肌にダメージが蓄積して起こるのが「光老化」。

 紫外線が肌の色素細胞(メラノサイト)を刺激してメラニンを過剰に生成させたり、肌のハリに関わるコラーゲンやエラスチンに悪影響を及ぼしたりするのです。

 顔など日光にさらされやすい部分のしみやシワは、およそ8割が光老化によるものだと考えられています。

1‐3. ホルモンバランスの乱れ

 女性ホルモンのエストロゲンは、美肌のキープに欠かせないコラーゲンやエラスチンの生成に関わっています。そのため、女性ホルモンの分泌が減少してホルモンバランスが乱れると、肌の老化につながるのです。

 個人差はあるものの、プレ更年期と呼ばれる30代半ば頃からエストロゲンが徐々に減少し始めるので、肌トラブルに悩まされる人も増えてきます。

2. 肌の老化防止は食事の改善から

 アンチエイジングには、タンパク質、ビタミンなど良質な栄養素をバランスよく摂取することが重要です。

 肌のハリに関わるコラーゲンはタンパク質の一種。コラーゲンの材料を体に補うためにも、肉や大豆などからタンパク質を積極的にとりましょう。また、抗酸化ビタミンと呼ばれるビタミンA(β‐カロテン)C、Eなどを、緑黄色野菜やナッツ類などからとるのもおすすめです。

 肌の老化を防ぐには、次の3点を意識したスキンケアを続けることが大切です。

3‐1. 肌悩みに適したスキンケア

 しみや目の下のたるみなど、自分の肌の悩みに応じた対策をしましょう。

 例えば、しみを予防したい人は「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」という効能が記載された医薬部外品の化粧水を使用するのがおすすめです。

 また、目の下の皮膚のたるみは乾燥によって悪化するといわれているため、保湿効果の高いアイクリームがたるみ予防に適しています。

 自分の肌の悩みや部位に適したスキンケアグッズを取り入れながら、食生活に気をつけたり、紫外線対策を行ったりすることなどが重要です。

3‐2. 紫外線対策の徹底

 紫外線対策の徹底は、光老化を予防するうえで欠かせません。光老化は、紫外線を浴びた時間と強さに比例するといわれているためです。

 外出するときは帽子や日傘を使い、長袖の服を着て紫外線から肌を守りましょう。日焼け止めは顔や手足などに十分な量を塗って、2~3時間を目安に塗り直してください。

3‐3. 十分な保湿

 肌を保湿して乾燥を防ぐことは、アンチエイジングの重要なポイント。乾燥した肌はバリア機能が低下するため、紫外線や微生物などによる刺激を受けやすい状態になってしまうのです。

 洗顔・入浴の後や肌の乾燥を感じたときには、乳液や保湿クリームなどで肌を保湿しましょう。目元や口元のように皮膚が薄くてカサつきやすい部分は、アイクリームなどのポイントケアアイテムを使うのもおすすめです。

4. 肌の老化対策には漢方薬もおすすめ

「生活習慣やスキンケアには気をつけているけれど、肌トラブルが改善しない」
「体の内側から、肌の老化にアプローチしていきたい!」

 そんな場合は、漢方薬を活用してみてはいかがでしょうか。漢方薬は医薬品として効果が認められており、美容皮膚科でも自然由来の治療薬として処方されています。

 シワやたるみといった肌の老化は、肌の糖化や紫外線ダメージによる光老化、ホルモンバランスの乱れなどが原因と考えられます。また、加齢による内臓や精神力の機能低下によって肌が疲れて見えることもあるでしょう。

肌の老化対策には、
・肌の新陳代謝をよくして紫外線によるダメージを回復する
・水分の循環をよくして肌に潤いを与える
・血流をよくして肌に栄養を行き渡らせる
・ホルモンバランスの乱れを整える
などの生薬を含む漢方薬を体質に合わせて選びます。

また、
・血流の改善によって胃腸の機能を回復させ、酸素と栄養を全身に届ける
・自律神経を整え、ストレスを軽減することで意欲を高める
などの生薬を含む漢方薬で、体の内側からのアンチエイジングにもアプローチします。

 漢方薬は根本からの改善を得意としているので、しわやたるみなどが起きにくい体質を手に入れることができます。

 忙しい現代人にとって、栄養バランスのとれた食事を1日3回欠かさずとったり、入念なスキンケアを続けたりするのは難しいときもあるでしょう。しかし、漢方薬なら症状や体質に合わせたものを服用するだけなので、ムリなく日々の生活に取り入れることが可能です。

 ここでは、肌のアンチエイジングにおすすめの漢方薬を紹介します。

・当帰飲子(とうきいんし):体の冷えがある人に適した漢方薬です。「血(栄養)」を補う「四物湯(しもつとう)」をベースにしており、肌に栄養分と潤いを与えます。

・温経湯(うんけいとう):手足がほてって唇が乾燥しやすい人に適した漢方薬です。「血(栄養)」を補って肌に栄養や潤いを与えるとともに、上半身の熱を取り去って肌の乾燥を抑えます。

 漢方薬を選ぶ際に大切なのは、「自分にぴったり合ったものを服用する」ということ。自分の症状や体質に不適な漢方薬を選んでしまうと、効果が出ないばかりか副作用につながることもあるのです。

 数ある漢方薬の中から自分に適したものを見極めるには、漢方薬に精通した医師・薬剤師の力を借りるのがおすすめ。スマホで気軽に相談できる「あんしん漢方」のようなオンライン漢方サービスを活用すると、漢方に詳しい薬剤師がAIを駆使してあなたにぴったりの漢方薬を提案してくれますよ。お手頃価格で自宅に漢方薬を郵送してくれるので、とても便利です!

あんしん漢方

5. 肌の老化を防いで健やかな肌をキープしよう!

 肌の老化は、過剰な糖分摂取や紫外線、女性ホルモンの乱れなどさまざまな原因で引き起こされます。肌の老化を防ぐには、バランスのよい食事で良質な栄養を摂取したり、自分の肌に適したスキンケアを行ったりすることが大切です。また、漢方薬で、体の内側からアンチエイジングに働きかけていくのもおすすめ。できることから一つずつ、美肌につながる生活習慣を始めましょう!

薬剤師・竹田由子(たけだゆうこ)
43、47歳で出産した2児のママ薬剤師。共立薬科大学(現 慶応大学)卒、臨床薬学専門。病院で10年以上医薬品情報室に従事し、医薬品に関する情報に精通。元漢方・生薬認定薬剤師。漢方を自身の月経痛や妊活にも活用してきた経験から「日常の不調はまず漢方」をモットーに体の不調を我慢する女性へ対し情報発信している。症状・体質に合ったパーソナルな漢方をスマホ一つで相談、症状緩和と根本改善を目指すオンラインAI漢方「あんしん漢方」でもサポートを行う。


Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107

By Admin