Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107
  • 金. 6月 14th, 2024

犯罪データベース

明日あなたが被害にあうかもしれない

TOKIO・松岡昌宏、“愛用香水遍歴”告白! 共演女優から使いかけをもらった、お気に入りの香りとは?

ByAdmin

5月 16, 2023 #TOKIO, #松岡昌宏

 TOKIO・松岡昌宏がパーソナリティを務めるラジオ『松岡昌宏の彩り埼先端』(NACK5)。5月14日の放送では、松岡が自らの香水遍歴を詳しく語る場面があった。

 松岡は冒頭で、ラジオの放送当日が水銀温度計を発明したドイツの物理学者・ファーレンハイトの誕生日であることにちなみ、「温度計の日」に制定されていると紹介しながら「ドイツの物理学者、ファーレンハイトなんだ、へぇ〜!」と一言。続けて、「なんで(そう)思ったかというと、“ファーレンハイト”って、人の名前なんだ(って思って)。俺が高校のときかな? (クリスチャン)ディオールの『ファーレンハイト』、香水ですよね。これ、えらいはやったんですよ」と語った。

 現在はまったく香水をつけなくなったものの、25歳くらいまではつけていたという松岡は、「居酒屋とか行くようになったしね。あとちょっと(若い頃は)背伸びしたかったっていうのもあるんだけど」とつけなくなった理由を説明しつつ、「まあね、もうちょい年とったらつけようかなっていう話は一回置いといて。香水好きだったんですよ、俺」とあらためて発言。

 続けて、「ファーレンハイト(の香水)も、一瞬だけつけたことがある」と話し、「『今まで一番長く何をつけましたか?』って言われると、一番長くつけたのは、おそらく、4年か5年ぐらいかな? ブルガリの『ブラック』っていう(香水)。それが一番長かったかな」と長年愛用した香水について明かした。

 そして松岡は、「こんなの朝から聞いてもしょうがないかもしれませんが」と前置きしたあと、「私がつけてきた数々の香水たちを……」と、香水遍歴を告白。「まず一番最初、これ中学校1年になります。ね、『タクティクス』ですね、やっぱり。時代が時代ということもあり、『タクティクス』、みんなつけてました」と、国内の化粧品メーカー・資生堂が販売する男性用化粧品ブランドの商品で香水デビューを果たしたそう

 その後は、『オー ソバージュ』(クリスチャン・ディオール)、『クリスタル』(シャネル)『ファーレンハイト』(クリスチャン・ディオール)、『ブラック』(ブルガリ)、『アラミス』(アラミス)と使用した順に香水を紹介していった。

 また松岡は「うちのメンバーが、『ラルフローレン』(の香水)をつけてたんで。だから『あー、ラルフローレンいい匂いだな』って思ったけど、だからそれってメンバーの匂いみたいなのがあって」と、TOKIOメンバーの香水についても言及。さらに「その頃、クラスメイトの女の子とかもいっぱいつけてて、なにせめちゃめちゃはやったのが、男も女も『エタニティ』。あれははやったよね〜。『エタニティ』、めちゃめちゃはやった! あと俺、『エゴイスト』もつけてたわ」と、『エタニティ』(カルバンクライン)と『エゴイスト』(シャネル)の香水も列挙。

 さらに、「俺、女性の香水で好きだったのがね、『アニエス・ベー』! 『アニエス・ベー』好きだったな。あとね、女性がつけてる『エスケープ』(カルバンクライン)も好きだったなあ」と好みの女性用香水についてもコメント。「だから、もうその時代だよ、俺の香水が終わってるのは」としみじみ。そしてあらためて、「『ファーレンハイト』も好きだった。『ファーレンハイト』はね、うちの当時ね、チーフマネジャーがつけてたんだよね」と懐かしそうに語りながら、「あの頃はみんないろんな匂いをつけてた。時代なのかな?  今は、そんないないっしょ?」と当時を振り返った。

 そんな松岡だが、最近も気に入った匂いに出会ったそうで、「実は去年の『ミタゾノ』で、一緒に出てたりんこちゃんが、アロマと香水を混ぜて使ってるみたいな」と、昨年11月から12月にかけて上演された主演舞台『家政夫のミタゾノ THE STAGE ~お寺座の怪人~』で共演した女優・浦嶋りんこの愛用香水について語り始めた。

 なんでも、「甘い香りっていうよりも、アロマのスパイシーな」香りだそうで、「『あ、これは香水としてじゃなくて、アロマ的につけるのはいいな』と思って、『ちょっとそれ紹介して、俺買うわ』」って言ったら、りんこちゃんが『使いかけで良かったらあげるよ』って言ってくれて。3分の1くらい残ってたのもらって。たまに今、それつけてます」と明かした。

 続けて、「なんか気分転換。あんまり匂いも強くないから、さすがに和食屋さん行くときとかつけて行かないけど。ご飯とか普通に食いに行くときも全然邪魔しない(中略)香水とはまた違う感じ」「香水はなんか自分の好きな匂いに包まれてやっていくみたいな。アロマもそうなんだけど、なんかどっかでリラックスさせて、自分の興奮をちょっと抑えて行動するときにはいいなっていうふうにしてますね」と、用途について熱弁。

 「多いよね、(ステージ)本番になったら香水をつける人とか。人によっては芝居になったらつける人とかもいらっしゃるし(中略)そこで自分のね、あれ(気持ち)を高めてるんだろうなっていう」と、俳優が気持ちの切り替え的な場面で香水を使用することが多いとも明かしていた。

 最後に松岡は「いやー、結構な名前出てきたんじゃない、今? そうだよ、やっぱり懐かしいよね。エタニティの女、アニエス・ベーの女、エスケープの女、そしてクリスタルの女(笑)」と笑いながら、「なんかね、あの人の匂いはこうだとか、そういうね。匂いとともに人を思い出す。まあ曲と一緒だよね」と発言。「なんか朝からちょっと盛り上がっちゃいました。ごめん、ファーレンハイトが人の名前だって、初めて知ったからさ。そういうことなんですね。失礼いたしました」と話をまとめたのだった。

 この日のトークを受け、ネット上のファンは「松岡さんが今までつけてきた香水を知れるなんて……」「松岡くんの使っていた香水と自分が使っている香水が微妙に被っていてちょっとうれしい♪」などと大興奮。「マボ担必聴 歴代つけてきた香水名それにしてもよく覚えてるね」「メンバーの匂い、って言われるとちょっとキュンとするな」といった反響も寄せられていた。

サイゾーウーマン ジャニーズ情報専用Twitterアカウント「J担しぃちゃん」オープン

By Admin