Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107
  • 火. 5月 21st, 2024

犯罪データベース

明日あなたが被害にあうかもしれない

昭和天皇も熱心な視聴者だった? 民放最長寿番組『皇室アルバム』の歴史的背景を考察

 「皇族はスーパースター」と語る歴史エッセイストの堀江宏樹さんに、歴史に眠る破天荒な「皇族」エピソードを教えてもらいます! 

――昭和34年(1959年)10月の放送開始から、今年で64年という民放最長寿番組の伝統を誇る『皇室アルバム』(現在の毎日放送)について、考察していこうと思います。実はこの番組、昭和天皇も熱烈なファンでいらしたとか?

堀江宏樹氏(以下、堀江) 放送開始した年の4月に上皇さまのご成婚という歴史的な慶事があり、戦後低迷していた皇室人気がV字回復したといわれています。放送は毎週月曜日、夜21時45分からの15分間で、毎週欠かさず放送され、その頃の視聴率は20%を超えていたそうです。昭和50年(1975年)の3月末までの放送時間は、21時台~22時台というプライムタイム帯に設定されました。視聴率は初期に公開されただけで、その後は秘密にされているようですが、プライムタイムで放送されていた頃は、それなりの数字をあげていたのでしょう。

――『皇室アルバム』といえば、今だと早朝にやっているイメージですよね。しかし、この頃からメイン視聴者は高齢者に想定されていたとか?

堀江 当時の日本人の家庭生活といえば、一家につきテレビ一台でしょう。番組にチャンネルを合わせるのが高齢者であったところで、寝る前の一家団らんの時間に、お茶の間で家族みんなで『皇室アルバム』を見てから、みんなで就寝していたという感じでしょうか。

 番組の放送時間が朝に変わったのは、昭和52年(1977年)4月から。土曜日の朝9時半からの15分番組となりました。平成15年(2003年)3月まではこの時間帯に放送され、同年4月から今日までは、日曜日朝6時半というさらに早朝の時間帯に移動して放送され続けています(関東地区では土曜5時15分~)。

 興味深いのは民放の番組であるにもかかわらず、視聴率に関係なくスポンサーがいる限り、作り続けねばならない番組という位置づけであることです。テレビ局の関係者に視聴率を聞いても「別の部署に聞いてくれ」とタライ回しにされたり、回答をはっきり拒否されるそうですよ(笑)。

――現在でも「菊のカーテン」で手厚く守られているのですね。そんな『皇室アルバム』のスポンサーというと?

堀江 時代を反映し、かなりの移り変わりがあります。ある調査によると「70年までは日本生命の一社提供、80年代~(20)03年までは高島屋の一社提供、その後、資生堂の一社提供となった。しかし、10年頃からは、TBSではドクターリセラの一社提供、制作局である毎日放送では皇潤とドクターリセラの2社提供、そして地方局ではローカルスポンサーをつける場合も」(『皇室アルバム』は寿命を伸ばせるか!? 今、必ず見るべき!?皇室番組レビュー/「月刊サイゾー」2012年01月号)とあります。平成22年(2010年)頃に、番組の存続危機があったのかもしれませんね。

――放送当初から、昭和天皇は『皇室アルバム』の熱心な視聴者だったようですね?

堀江 昭和天皇にとっては、戦後、国民からの皇室支持率の上昇を肌で感じられるうれしい番組だったのではないでしょうか。当初は皇族方の肉声を伝える番組づくりを目指していたようです。資料を見ていると、90年代くらいまでは、皇族の方々を撮影する際の基準も、現在に比べるとかなりゆるく、自由だったようです。

 昭和36年(1961年)には、秋田の国体に昭和天皇が出向かれたのですが、激しい雨風に晒され、駅のホームで突風にも見舞われたため、お帽子が飛びそうに……。昭和30~40年頃に『皇室アルバム』の映像制作担当の毎日映画社の堀内泰子さんという方の証言ですが、あわてて天皇が左手で帽子を押さえたところ、右手の傘が壊れ、変形してしまったそうです(『皇室アルバム』ロングランの舞台裏/『週刊現代』1965年9月発売号)。しかし、放送ではそのままの映像を流したそうですよ。

――台風のときの天気予報コーナーのレポーターみたいなトラブルに昭和天皇も巻き込まれておいでだったんですね。あきらかに放送事故なのに、どうしてそんな映像を流したのかと宮内庁がクレームを入れてきそうですが……?

堀江 放送を見た昭和天皇が「おもしろい映像だったね」とおっしゃったことで、宮内庁からの抗議はなかったといわれています。

「この番組(『皇室アルバム』)は、何も足さず、何も引かずをコンセプトとしてきました」(「皇室アルバム」を救った昭和天皇の一言/「文藝春秋」3月号 2012年02月10日発売)との関係者の証言通り、昭和40年代は、現在の天皇陛下(当時、浩宮さま)が小学生の時代で、毎年夏は浜名湖(静岡県)で水泳をしたり、ソフトボールをしていたそうなのです。遊び相手は地元の子どもたちでした。

 雅子さまとご結婚後、浩宮さまが静岡を訪問したとき、昔の遊び相手だった小学生たちも招かれ、両殿下と旧交を温めたエピソードもあります。ヒットを打って一塁に走ってきた浩宮さまに足を踏まれてしまったという男性のトークも再対面の場で披露され、みなさん、笑顔になったとか。『皇室アルバム』の映像アーカイブで調べたら、本当に浩宮さまがその子の足を踏んでいたそうです。

――本当に皇室の方の生活を、カメラでかなりの長時間、撮影することが許されていた時代があったのですね。

堀江 現在は、プライバシーの問題とか、コンプライアンスが厳しくなって、撮影許可のない子どもは撮ってはいけないそうで、愛子さまの運動会の映像も、お一人で走っている姿しか撮れないそうです。映像のマンネリ化はどうしてもまぬがれず、番組の行く末が気になりますね……。

――それとは対照的だったのが、放送開始直後の昭和の『皇室アルバム』でしたから、昭和天皇も欠かさず、熱心にご覧になっていたのでしょうね。

堀江 そうですね。それと昭和天皇は、公人としての自覚が大変におありでした。ご自分の立ち居振る舞いが、天皇としてふさわしいものであるかをチェックするためのツールとして、『皇室アルバム』を重視していたとも考えられます。

 昭和天皇はスピーチをするとなると、テープレコーダーで録音し、何度もリハーサルしておられたという記録もあります(奥野修司『極秘資料が語る皇室財産』、以下『皇室財産』)。現在ならスマホでも撮影できてしまいますが、昭和後期の家電技術では動画撮影は気軽には難しかったようです。

 まぁ、そもそも昭和天皇の「テレビ好き」は超有名で、昭和40年代、かなりの額の設備投資をして、家庭用に発売開始されたソニーのビデオレコーダーを一式でご購入という記録があります。昭和43年(1968年)には「御用度費」として、「ソニービデオレコーダー一式」を31万3000円で購入なさいました。これは世界初の家庭用ビデオレコーダー「CV-2000」であろうと推測されます。

 それから、昭和45年(1970年)には「ソニービデオデンスケ」も33万5000円でご購入との記録もあります。これは「ポータブルビデオレコーダー(DVK-2400)」のことだそうですが、当時の大卒の国家公務員の初任給は昭和43年で2万3996円~2万5302円程度。昭和40年代の1万円は、現在の6~8万円との説もあり、そうなると大卒のお役人の月給10倍以上、ヘタしたら年収くらいにも相当する家電を2つも購入、並行して使っていたことなりますね(以上『皇室財産』)。昭和天皇はいわゆる「ソニー派」でいらしたご様子です。

――ポータブルビデオレコーダーとは? 聞き慣れない単語ですね。

堀江 調べてみたら、ポータブルビデオレコーダーとは、いわゆる「8ミリビデオカメラ」の先祖というべき家庭用の撮影機材でした。DVK-2400は肩掛けの本体にケーブルでビデオカメラを繋いで使っていたようです。ご自身が被写体になることだけでなく、映像を撮影することにも強い興味がおありだったのですね。ただ、天皇がご自分でこれをお使いになっていたかは不明です。

 ビデオレコーダーのほうも、昭和天皇はご自分では録画予約はなさらず、『皇室アルバム』などの録画担当は侍従たちだったようですが、時々忘れてしまったり、録画できていなかったりしたそうです。その時の天皇の反応などはまた次回に……。

By Admin