Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107
  • 水. 6月 26th, 2024

犯罪データベース

明日あなたが被害にあうかもしれない

フジテレビ、GP帯夏ドラマが“全滅”! なぜ「全作5.5%以下」の視聴率不振に陥ったのか?

 堺雅人主演のTBS系日曜劇場『VIVANT』が視聴率のトップを独走している民放GP帯の夏ドラマ。その一方で、フジテレビ系ドラマの最新回が、全作“世帯平均5.5%以下”という非常事態となっている。

 現在、フジは午後9~10時台に、森七菜&間宮祥太朗ダブル主演『真夏のシンデレラ』(月曜午後9時~)、成田凌主演『転職の魔王様』(月曜午後10時~)、杉野遥亮主演『ばらかもん』(水曜午後10時~)、若村麻由美主演『この素晴らしき世界』(木曜午後10時~)の4作品を放送中。

 第1話が世帯平均6.9%(個人4.0%、ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で発進した『真夏のシンデレラ』は、第2話で世帯平均5.4%(個人3.2%)まで落ち込み、最新話の第3話で世帯平均5.5%(個人3.3%)と微増。

 そのほかの最新話は、『転職の魔王様』が世帯平均5.2%(個人2.9%)、『ばらかもん』が世帯平均5.3%(個人2.8%)、『この素晴らしき世界』が世帯平均4.0%(個人2.1%)と、さらに低調だ。

「今期ドラマは他局と比較してもフジの不調が目立ちます。理由は複数考えられますが、ネット上では『メインキャストが地味』という意見が多い印象です。なお、『この素晴らしき世界』は、当初主演が発表されていた鈴木京香が体調不良で降板し、急きょ、若村が代役を務めることに。そういった不測の事態も、『地味』と言われてしまう一因でしょう」(テレビ誌記者)

フジテレビ会長、会議で「深刻で、緊急事態と言える状況」発言か?

 フジの視聴率不振は今に始まったことではなく、昨年度も全日帯およびプライム帯での個人視聴率は民放4位。今月24日付のニュースサイト「デイリー新潮」は、フジ幹部がこの事態に危機感を募らせていると報じた。

「記事によると、10日に行われたフジ社内の新体制全体会議で、宮内正喜会長が『テレビ業界全体の広告収入が悪化し、とりわけフジは深刻で、緊急事態と言える状況』と社員に発破をかけていたそう。さらに、港浩一社長も『まずは放送収入を取り戻しましょう』と視聴率上昇を最優先目標に掲げたとか。民放公式テレビ配信サービス・TVerが広く浸透したとはいえ、やはり現時点ではまだ電波が売り上げの大部分を占めているわけです」(同)

 4月期は、木村拓哉主演の「月9」ドラマ『風間公親-教場0-』の第1話が世帯平均12.1%(個人7.2%)を記録するなど、好調な作品も見られたフジ。早くも“全滅”状態の今期は、このまま挽回せずに終わってしまうのだろうか……。


Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107

By Admin