Snow Man・渡辺翔太&向井康二、「不仲説」を蹴散らすドリカムっぽいエピソード【Duet9月号レビュー】

 岸優太が表紙を飾る「Duet」9月号(集英社)が発売中です。巻頭特集「夢へのポイント、コツコツと♪」では、“アクション”をテーマにしたインタビューに答えているのですが、まるで忍者のように岸が分身しているページはインパクト大! 6人の岸が1ページ内にギュッと収まっているのを見ると、ふと「まさか誌面をスカスカにしないための奇策?」「King&Princeも、もともとは6人だったよな……」と切なさが募ります。岸がキンプリを脱退し、ソロタレントとして活動していることに、まだまだ慣れない筆者なのでした。というわけで、早速誌面をチェックしていきましょう!

<トピックス>
◎響け、Danger groove Snow Man
◎ふぉ~ゆ~感じでいいっすか!? ふぉ~ゆ~
◎スノケン 渡辺翔太×向井康二

Snow Man・佐久間大介のシリアルキラー役が見てみたいワケ

 最初に見ていくのは、Snow Manが登場する企画「響け、Danger groove」です。メンバーがそれぞれ「今後どんな役を演じてみたいか」について話しているのですが、とても読み応えがありました。

 例えば、ラウールは自身の外見について「オレってあんまりいない体型とビジュアルだから」と分析し、「リアルな大学生役とかより、アイドル役、スター役、俳優役みたいなほうが合うんじゃないかなって思うんだ」とコメント。

 またKis-My-Ft2・玉森裕太出演ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系、2021年1月期)に、冨永愛が本人役でモデルとして登場していたことを例に出し、「そういう出方もあこがれる」とも話していました。“尖り盛り”の二十歳にもかかわらず、なんと冷静にタレントである自分を客観視しているのだろうと驚かされます。

 一方、30歳の渡辺翔太は、学園ドラマでおバカなヤンキーを演じてみたいとのこと。年齢的に教師役のほうがいいのではというツッコミすら野暮だと感じるほど、元気いっぱいに回答していて好感を持ちました。

 そのほか、目黒蓮は普通の会社員役、阿部亮平は青春系の作品の大学生役、佐久間大介は殺人犯役、深澤辰哉は研修医役、宮舘涼太は好きな人が亡くなってしまったけど一途に思い続ける男性役、岩本照が任侠ものの強面役、向井康二が勇者の剣役にあこがれているとのこと。9人いてまったくかぶらないというのは奇跡ではないでしょうか? 

 中でも筆者が最も見てみたいのは、佐久間の殺人犯役。しかも「猟奇的なシリアルキラー」がいいのだそう。佐久間といえば、2016-17年ジャニーズJr.カレンダーの付録「Johnnys’Jr. DATA BOOK」に掲載されたプロフィール写真が、ネット上でバズった過去があります。その高い鼻梁と、見る者になぜか不安感を与える表情から「鳥ピエロ」というあだ名までつけられたのですが……「鳥ピエロ」写真を見れば見るほど、シリアルキラーにハマると確信した次第です。

 なお、佐久間は、24年2月公開の土屋太鳳主演映画『マッチング』で、土屋演じる主人公のストーカー役を演じるそう。先日公開された特報映像を見たところ、狂気じみた表情にゾクッとさせられ、来年の公開が楽しみになりました。

 次に、ふぉ~ゆ~の連載「ふぉ~ゆ~感じでいいっすか!?」を見ていきましょう。説明するまでもないですが、ふぉ~ゆ~はCDデビューをしないままジャニーズJr.を卒業したというジャニーズきっての異色グループ。バラエティ番組ではよく「ジャニーズなのに知名度ゼロ」というキャッチコピーをひっさげ、「ジャニーズが集う音楽特番で楽屋が用意されておらず、廊下の壁側に2つ置かれた長机に4人で座った」「『ジャニーズカウントダウンライブ』後は、ファンと一緒に電車に乗って帰る」などの自虐ネタでスタジオを笑わせています。

 この連載の座談会でも、お得意の自虐ネタが炸裂。辰巳雄大が「今日はリーダーからおともだちに、大事な報告があります」と切り出すと、福田悠太が「ボクらの移動車が、4人で乗れる大きな車に変わりました!」と発表。その後、越岡裕貴が「前は移動車にふたり、あとふたりはタクシー移動だった(笑)」、松崎祐介が「(辰巳の車内が広すぎて怖いという話を受けて)長テーブルとパイプ椅子4脚あれば、くつろげるもんな」と続きます。この“四位一体”の自虐はもはや芸術の域といえるでしょう。

 過去にジャニーズWESTが『しゃべくり007』(日本テレビ系)で「崖っぷちアイドル」を自称し、「キンプリにすげー勢いでブチ抜かれてるんですよ」(小瀧望)「(今回の出演も)キンプリのおこぼれだと思ってますから」(中間淳太)と自虐していましたが、ふぉ~ゆ~がのちに同番組に出演した際、そんなジャニーズWESTを嘲笑うかのように「僕らはまだ崖にも登れてない」と言っていたのが忘れられません。自虐ネタにおいて、ジャニーズ内でふぉ~ゆ~以上に真実味があるグループはいないでしょう。

 一方、ジャニーズファンの中には、「惨めな気持ちになる」という理由から、自担グループが自虐するのを嫌がる人も少なからずいる印象。しかしふぉ~ゆ~の場合、すでに事務所内での独特なポジションを確立しているからか、どれだけ自虐しても本人たちはあっけらかんとしており、見ているほうも嫌な気分にならないんですよね。

 なお、先の移動車トークは「がんばり具合で車の大きさが変わる」と結ばれていました。大きな移動車に変えただけで、こんなにもハッスルしてくれるなんて、事務所もうれしいのではないでしょうか。

Snow Man・なべこじ、“サウナ”スタイルで対談に登場

 最後はSnow Manの各コンビの関係性を徹底調査する対談連載「スノケン」をチェック。今回は、“なべこじ”こと渡辺翔太と向井康二が登場しています。

 なべこじは、古参と新加入メンバーのコンビ。かつてニュースサイト「文春オンライン」に、「不仲説」をぶち上げられたものの、深夜に2人で芸能人御用達のサウナに行っていたというオチで、多くのスノ担をズッコけさせたこともありました。

 そんななべこじですが、サウナポンチョにサウナハット姿で対談に登場。読めば読むほど、「古参と新加入メンバーが不仲? 知るかよ」という気持ちになります。

 一番驚いたのは、ステイホームの時期、渡辺の住んでいた家のベランダから、向井の家が見えていたことから、「ふたりで電話しながらベランダに出て、ライトを照らして『見える~?』って、光のサインを送りあっていたよね」(渡辺)という……。

 ライトで通じ合うなんて、DREAMS COME TRUEの「いつもブレーキランプ5回点滅 ア・イ・シ・テ・ルのサイン」(「未来予想図II」)以外知らなかったのですが、なべこじはドリカムの世界観で生きているという発見がありました。今後のなべこじエピソードに期待したいです。

タイトルとURLをコピーしました