Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107
  • 日. 5月 19th, 2024

犯罪データベース

明日あなたが被害にあうかもしれない

Snow Man・渡辺翔太、「an・an」SEX特集でも性欲を感じさせない“そよ風”インタビュー

 夏の風物詩、「an・an」(マガジンハウス)SEX特集が発売になりました。今年の表紙を務めるのは、Snow Manの渡辺翔太。セミヌードの巻頭グラビアでは女性モデルとの絡みを披露し、恒例となっているSEX観インタビューにも答えています。

 渡辺といえば2020年、「an・an」の表紙にソロで初登場した際、同誌史上初の発売前重版が決定した過去も。そんな”ananの伝説を作った男“はどんなSEX観を語るのか――。早速、中身を見てみましょう!

<トピックス>
◎いま、きちんと考えたい 愛とSEX
◎渡辺翔太 真夜中のその後。
◎アルコ&ピース平子祐希さんと考える セックスレス解消の道。

Snow Man・渡辺翔太、毛がない!

 表紙では、下着姿の女性モデルを半裸でハグする姿を見せている渡辺。ページをめくると、巻頭12ページにもわたりグラビアが掲載されています。「真夜中のその後。」と題された写真群、順に見ていきましょう。すると、次のようなストーリーになっているようです。

 高級ホテルの廊下で私を待ち伏せする翔太、気持ちを抑えきれず廊下で壁ドンしちゃう翔太、自分の部屋に招き入れる翔太、脱がせる翔太、誘う翔太、押し倒す翔太、キスする翔太、いつの間にか下になってる翔太、ことを終えた翔太、1人でシャワー浴びにいった翔太、浴びながらこっちを見てくる翔太、いつの間にか一緒にシャワー浴びちゃってる私と翔太、朝日の中ベッドで寝てる翔太、起き抜けの翔太、泡風呂入って笑ってる翔太、昼と夜では全然イメージ変わっちゃってる翔太……。

 なんという翔太地獄! 一連の写真を見ているだけで“彼のこんな顔を知っているのは私だけ”という優越感に浸れます。

 美容オタクとしても知られる彼。今回のセミヌードでは二の腕や肩の筋肉に目がいきますが、一番驚かされたのはやはり肌のきれいさ。相手役の女性モデルと遜色ないきめ細やかさ、なめらかさが写真からも伝わってきます。

 インタビューによれば「撮影の3~4日前の夜中にはアカスリにも行きました」とのこと。泡風呂ショットで写っている足の裏までツルスベっぽいです。かかともアカスリしたのか? 温泉によく置いてあるあの、かかとを削るヤツなどでも使ったのか!? ケアの方法、ぜひ教えてほしいです。

 さらに気になったのが「毛」。髪・眉・まつ毛以外の毛の存在感が皆無です。きわどい外腹斜筋ラインの下ギリギリまでツルツルなのはもちろん、上半身アップでも少しの腕毛さえ確認できません。美しい。気になりすぎて「渡辺翔太 脱毛」で検索してみたところ、今年4月に行われたSBC湘南美容クリニックのCM発表会見で、本人が“顔から下は全部脱毛済み”と明かしていたことを知りました。

 アイドルの毛事情まで知れる時代になったのだなぁとしみじみするとともに、渡辺は、「an・an」SEX特集に抜てきされるべくして抜てきされた人なのだと納得しました。

 SEX観に迫るインタビューにも、渡辺の“美意識”は現れていました。普段は喜怒哀楽の起伏が穏やかなタイプだそうですが、感情がむき出しになるのはライブだといい、そのスイッチを押してくれるのは「ファンの方の声とメンバー」だと語っています。昨年のSEX特集の表紙を務めたSexy Zoneの菊池風磨は、セックスはライブに似ているという旨を語っていました。渡辺はそのラインを継承しつつ、さらにスマートにアレンジしている印象です。

 理想的なカップル像を聞かれた際にも、「正直なことを言うと一人が好きで、極論、パートナーはいなくていいと思っています」と、疑似恋愛の対象であるアイドルとしての最適解と言っていい回答を叩き出しています。

 これは万が一、これから熱愛報道が出た場合、「パートナーはいなくていいって言ってたのに……!」とファンを奈落の底に突き落とす可能性をはらむ、諸刃の剣な答えのはず。しかし、ここで堂々と恋愛に対して興味がないといった回答を出した彼に、“全身脱毛済み”的な一種の清潔感を感じます。

 また、「渡辺さんの思う最高のセックスとは」との問いには、「お互いの愛を確かめ合う行為ではないでしょうか。それもコミュニケーションのひとつの形だと思うんですけど」と、あえての一般論を繰り出し、生々しさを徹底排除。

 さらに「僕は人見知りだったりとコミュニケーション能力が低い方ですが、“ちょっと笑わせたい”“自分の発言で笑ってもらいたい”という思いは常に持っていて。それは特別な誰かと過ごす時間においても、同じことかもしれません」と続けています。

 渡辺は、性欲はそんなにないけどコミュニケーションとしては頑張るよ……と言っているように感じます。毛・肌荒れ・性欲が感じられない、そよ風のようなグラビアとインタビュー。応援したい欲をそそられる読者も多いかもしれません。

アルコ&ピース・平子祐希の“セックスレス”観をもっと広めてほしい!

 渡辺のインタビューページを“そよ風”とするならば、それと対になるのが「アルコ&ピース平子祐希さんと考えるセックスレス解消の道。」のコーナー。愛妻家として知られ、著書『今日も嫁を口説こうか』(扶桑社)も刊行している平子が、セックスレスのお悩みに熱くアドバイスしています。

 いつものパーマへア&ヒゲでキメた平子は、胸をはだけさせた黒シャツ姿でバラを愛でたり、房のままのブドウにかじりついたり、胸元のチェーンネックレスをいじったりと、クドめのグラビアを披露しています。写っていませんが胸毛が見えてきそうな雰囲気です(渡辺のときと同じく、一応「平子祐希 脱毛」で検索してみたところ、それらしき情報は特にヒットせず)。

 そんな平子ですが、彼の語るSEX観には、「なるほど」と考えさせられる部分も。出会って約20年となる妻に今も片思い中という平子、交際3年でセックスレスという悩みには「好きな人とそんなにも長い時間を共有してきたわけだから、普通に考えたら号泣しながらSEXすべきじゃないのかな」とアツすぎる回答をする一方で、「SEXは日常生活の添え物だからしたくなければしなくて全然いい」と柔軟な考えも持っている様子。「会話とか普段の何気ないやり取りこそ、お互いを知るための大切な前戯だと僕は思っている」との意見を語っていました。

 今年のSEX特集は、水原希子やラランド・サーヤが性についてパートナーと話し合うことの大切さを語るインタビュー、オダウエダによるセルフプレジャーグッズの体験レポ、多様な性愛関係を描いたエンタメリストなど、SEX観を前向きに広げる内容が多かった印象でした。

 平子の唱える“積み重ねる日常生活に勝るセックスはない”という考え方も、「セックスレス=愛が冷めた」「熟年カップル=マンネリ」のイメージを変えてくれる考え方といえるでしょう。もっと広めてください平子! という気持ちになりました。


Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107

By Admin