Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107
  • 日. 5月 19th, 2024

犯罪データベース

明日あなたが被害にあうかもしれない

チャールズ国王、ヘンリー王子と“和解”会談か? 「国王は甘い」の声も

ByAdmin

8月 23, 2023 #海外

チャールズ国王、ヘンリー王子と“和解”会談か? 「国王は甘い」の声も

ByAdmin

8月 23, 2023 #海外

2020年10月、チャールズ国王(当時は皇太子)(C)gettyimages チャールズ国王がヘンリー王子と和解に向けた話し合いを行う計画を立てているとの報道が流れている。王室を批判し内情を暴露し続ける王子に「寛大すぎる」と批判する声も出ているが、和解会談は国王が主導権を握り進めるとのこと。しかし、ウィリアム皇太子の同意が得られないため会談は行われないと伝えるメディアもあり、情報は錯綜。注目を集めている。

 2020年3月末にメーガン夫人と息子を連れ王室を離脱。その後、移住したアメリカのメディアで王室批判を展開し、Netflixのドキュメンタリー番組や自伝本でウィリアム皇太子との不仲を暴露したヘンリー王子。

 また、タブロイド紙の親会社NGNを相手取り、違法な情報収集を繰り広げたとして提訴したが、その裁判でも王室を批判。自分と同じように訴訟を起こしたウィリアム皇太子は多額の示談金を受け取ったとも証言している。まさにやりたい放題、言いたい放題のヘンリー王子にウィリアム皇太子は激怒しており、兄弟仲は修復不能な状態に陥っていると伝えられている。

 その一方、ヘンリー王子の父、チャールズ国王は王子と仲良くしたいと願っているといわれており、自伝本という名の“王室暴露本”まで出したにもかかわらず、今年5月に執り行われた自身の戴冠式に招待。王子は息子アーチー王子の誕生日があるから、とトンボ返りしたため言葉を交わす時間もなかったが、仲良くしたい気持ちを持っていると伝えられてきた。

 そんな国王が、現地時間9月17日にヘンリー王子と和解会談を行うと英週刊誌「OK! マガジン」が報じたのだ。

メーガン夫人が立ち会う可能性は低い

 ヘンリー王子はメーガン夫人と共に、9月9日から16日にドイツで開催されるインヴィクタス・ゲームに参加することを発表している。一方のチャールズ国王は9月中旬に休暇先のバルモラルからロンドンに戻り、20日にフランスを公式訪問する予定。2人のタイミングが合うということで、17日にロンドンで和解に向けた話し合いを行うことにしたのだという。

 ヘンリー王子は、チャールズ国王とウィリアム皇太子から会談の場で謝罪してほしいと1月に発言。「OK! マガジン」によると、話し合いの主導権は国王が握るとのことで、王子に謝罪することはないとみられている。国王は王子に、家族のプライベートなことを公に話さないと約束させるつもりだとの情報も流れており、これに王子が同意するかはわからないだろう。

 なお、この和解会談にメーガン夫人が立ち会う可能性は低いとのこと。王子が自伝本で「危険人物」と書いたカミラ王妃も参加しないものとみられている。

 和解会談の報道について、ネット上からは「国王は甘い」という厳しい声が上がる一方、ヘンリー王子のファンからは「オーラがなくなってきた王子がまた輝きを取り戻せるかもしれない」と実現を期待する声が上がっている。

 英紙「サン」は、チャールズ国王が自身の11月14日の誕生日はヘンリー王子一家も招いて家族でお祝いをしたいと願っていると報じており、会談で和解できたら、王子が子どもたちを連れて誕生日に一時帰国する可能性は高まりそうだ。ネット上では、「子どもたちが王室を知り、従兄弟たちと遊ぶ良い機会になるだろう」などと王室ファンは盛り上がっている。

チャールズ国王が王子と会うことはない、と断言

 一方で、会談は実現しないという否定的な報道も。米ニュースサイト「デイリー・ビースト」は、チャールズ国王やウィリアム皇太子の親近者が会談は「あり得ない」と一蹴したと報道。

 国王はヘンリー王子と和解する意思は持っているが、フランス公式訪問という重要なイベントの3日前に王子と実際に会うことなどしない、と断言したと伝えた。

 ウィリアム皇太子の友人も、国王と王子の和解会談を皇太子が同意するはずがないとコメント。「裏切られたと感じているため、国王も皇太子もヘンリー王子と会うことはしない」とし、和解に向けた話し合いが実現するのにはまだまだ先の話だと報じた。

 しかし、ヘンリー王子にとってチャールズ国王との会談は王室に戻る足がかりとなる。国王は2月にイースト・ロンドン大学を訪問した際、集まった市民から「ヘンリー王子を連れ戻してください。お願いします」と声をかけられ、「そうなるといいね」と返していることから、王室復帰もあり得るかもしれないと期待する声も上がっている。果たしてチャールズ国王とヘンリー王子の親子和解会談は実現するのか。生ぬるく見守りたい。

By Admin

2020年10月、チャールズ国王(当時は皇太子)(C)gettyimages チャールズ国王がヘンリー王子と和解に向けた話し合いを行う計画を立てているとの報道が流れている。王室を批判し内情を暴露し続ける王子に「寛大すぎる」と批判する声も出ているが、和解会談は国王が主導権を握り進めるとのこと。しかし、ウィリアム皇太子の同意が得られないため会談は行われないと伝えるメディアもあり、情報は錯綜。注目を集めている。

 2020年3月末にメーガン夫人と息子を連れ王室を離脱。その後、移住したアメリカのメディアで王室批判を展開し、Netflixのドキュメンタリー番組や自伝本でウィリアム皇太子との不仲を暴露したヘンリー王子。

 また、タブロイド紙の親会社NGNを相手取り、違法な情報収集を繰り広げたとして提訴したが、その裁判でも王室を批判。自分と同じように訴訟を起こしたウィリアム皇太子は多額の示談金を受け取ったとも証言している。まさにやりたい放題、言いたい放題のヘンリー王子にウィリアム皇太子は激怒しており、兄弟仲は修復不能な状態に陥っていると伝えられている。

 その一方、ヘンリー王子の父、チャールズ国王は王子と仲良くしたいと願っているといわれており、自伝本という名の“王室暴露本”まで出したにもかかわらず、今年5月に執り行われた自身の戴冠式に招待。王子は息子アーチー王子の誕生日があるから、とトンボ返りしたため言葉を交わす時間もなかったが、仲良くしたい気持ちを持っていると伝えられてきた。

 そんな国王が、現地時間9月17日にヘンリー王子と和解会談を行うと英週刊誌「OK! マガジン」が報じたのだ。

メーガン夫人が立ち会う可能性は低い

 ヘンリー王子はメーガン夫人と共に、9月9日から16日にドイツで開催されるインヴィクタス・ゲームに参加することを発表している。一方のチャールズ国王は9月中旬に休暇先のバルモラルからロンドンに戻り、20日にフランスを公式訪問する予定。2人のタイミングが合うということで、17日にロンドンで和解に向けた話し合いを行うことにしたのだという。

 ヘンリー王子は、チャールズ国王とウィリアム皇太子から会談の場で謝罪してほしいと1月に発言。「OK! マガジン」によると、話し合いの主導権は国王が握るとのことで、王子に謝罪することはないとみられている。国王は王子に、家族のプライベートなことを公に話さないと約束させるつもりだとの情報も流れており、これに王子が同意するかはわからないだろう。

 なお、この和解会談にメーガン夫人が立ち会う可能性は低いとのこと。王子が自伝本で「危険人物」と書いたカミラ王妃も参加しないものとみられている。

 和解会談の報道について、ネット上からは「国王は甘い」という厳しい声が上がる一方、ヘンリー王子のファンからは「オーラがなくなってきた王子がまた輝きを取り戻せるかもしれない」と実現を期待する声が上がっている。

 英紙「サン」は、チャールズ国王が自身の11月14日の誕生日はヘンリー王子一家も招いて家族でお祝いをしたいと願っていると報じており、会談で和解できたら、王子が子どもたちを連れて誕生日に一時帰国する可能性は高まりそうだ。ネット上では、「子どもたちが王室を知り、従兄弟たちと遊ぶ良い機会になるだろう」などと王室ファンは盛り上がっている。

チャールズ国王が王子と会うことはない、と断言

 一方で、会談は実現しないという否定的な報道も。米ニュースサイト「デイリー・ビースト」は、チャールズ国王やウィリアム皇太子の親近者が会談は「あり得ない」と一蹴したと報道。

 国王はヘンリー王子と和解する意思は持っているが、フランス公式訪問という重要なイベントの3日前に王子と実際に会うことなどしない、と断言したと伝えた。

 ウィリアム皇太子の友人も、国王と王子の和解会談を皇太子が同意するはずがないとコメント。「裏切られたと感じているため、国王も皇太子もヘンリー王子と会うことはしない」とし、和解に向けた話し合いが実現するのにはまだまだ先の話だと報じた。

 しかし、ヘンリー王子にとってチャールズ国王との会談は王室に戻る足がかりとなる。国王は2月にイースト・ロンドン大学を訪問した際、集まった市民から「ヘンリー王子を連れ戻してください。お願いします」と声をかけられ、「そうなるといいね」と返していることから、王室復帰もあり得るかもしれないと期待する声も上がっている。果たしてチャールズ国王とヘンリー王子の親子和解会談は実現するのか。生ぬるく見守りたい。

By Admin