Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107
  • 日. 7月 21st, 2024

犯罪データベース

明日あなたが被害にあうかもしれない

『24時間テレビ』ジャニーズ事件簿――なにわ男子ファン殺到でパニック、櫻井翔の“握手拒否”疑惑も

ByAdmin

8月 26, 2023 #なにわ男子

 ジャニーズ事務所のアイドルグループ・なにわ男子がメインパーソナリティーを務める大型チャリティー特番『24時間テレビ46 愛は地球を救う』(日本テレビ系)が、8月26~27日に放送される。ジャニーズといえば現在、事務所創業者・ジャニー喜多川氏(2019年に死去)の未成年タレントに対する性加害問題が取り沙汰されているだけに、「今年は番組におけるジャニーズの扱い、またメンバーらによる言動も、いつも以上に物議を醸しやすいかもしれない」(芸能ライター)と心配されているという。

 日テレの看板番組の1つともいえる『24時間テレビ』は、ほぼ毎年ジャニーズがメインパーソナリティーに選ばれている上、それ以外の役割でも同社のタレントが出演することは珍しくない。

 ただ、今年3月に英国公共放送・BBCがジャニー氏の性加害問題を追及するドキュメント番組を放送し、国内外で事務所の印象が急激に悪化。その翌月になにわ男子のメインパーソナリティー起用が発表されたため、ネット上では「問題が一つも解決していないのに、それでジャニーズを使うのか」などと批判が噴出していた。

「なにわ男子には何の罪もないですが、ジャニーズ本体のイメージが低下しているせいで不快感を示すネットユーザーが少なからずいるようです。そのため、なにわ男子はメインパーソナリティーという大役の緊張感もあるでしょうが、余計な批判を招かないよう、言動はおろか、ふとした表情一つにもより一層気をつけないといけません」(同)

NEWS・加藤シゲアキドラマは放送直前に撮り直し

 これまで放送されてきた『24時間テレビ』では、“ジャニーズ絡みの騒動”が少なくない。例えば、13年の『24時間テレビ36』では嵐がメインパーソナリティーを務めたが、彼らが一般来場者から募金を受け取る場面で、櫻井翔の動きに、ネットユーザーの注目が集まった。

「櫻井だけ“手を後ろに組んで立っている”状態だったんです。一部ネット上では、来場者から握手を求められた櫻井が『握手するために募金に来たの?』と言っていた……という情報が拡散され、『翔くんの信念を感じる』『握手くらいしてあげたらいいのに』と“握手拒否疑惑”に賛否両論が飛び交い、大騒ぎになりました」(同)

 一方、16年の『24時間テレビ39』内の特別ドラマ『盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~』では、NEWS・加藤シゲアキが主演したものの、共演予定だった俳優・高畑裕太が強姦致傷容疑で逮捕(のちに不起訴処分)され、降板。その代役に加藤と同グループの小山慶一郎が選ばれ、放送直前ながらドラマの“撮り直し”に挑むという騒ぎもあった。この件に関しては、ピンチを乗り切った関係者、NEWSの2人にも労いの声が寄せられたが……。

ジャニー喜多川氏の追悼企画に「番組を私物化」

「19年の『24時間テレビ42』は、放送の前月にジャニー氏が死去したため、番組内で“追悼企画”が行われることになりました。『生涯を捧げたエンターテインメント ジャニー喜多川の想い』と題し、この放送回にもメインパーソナリティーを務めていた嵐と、まだジャニーズJr.だったSixTONESがコラボレーションし、ほかにもジャニー氏が目をかけていたという美 少年、HiHi Jets、少年忍者らも出演。しかし、ネット上には『チャリティー番組ですることじゃない』『ジャニーズが番組を私物化してる』という指摘が相次ぎました」(同)

 さらに、同放送回では当時Jr.だったなにわ男子も大阪・読売テレビのスペシャルサポーターとして出演したが、彼らを一目見ようと現地にファンが殺到。当時のネット上には、その大混乱ぶりが報告されていた。

「募金ブースになにわ男子が現れる可能性があったため、整理券の配布には“1,000人規模”のファンが押し寄せたとか。そこで主催者側は、“じゃんけん大会”を行い、人数を減らそうと試みるもうまくいかず、抽選制に切り替えるなど、現場はパニック状態に。最終的に“なにわ男子の募金ブースへの登場はなくなった”とアナウンスがあったといいます」(同)

 今年、なにわ男子は番組の顔となるだけに、ファンの注目度もますます高まっている。世間の“ジャニーズを見る目”が極めて厳しくなっている状況の中、炎上の火種を未然に防ぐことはできるだろうか。

By Admin