堂本剛、高杉真宙にKinKi Kidsの“どっち派”だったか質問! 「そこ重要になってきます」

 KinKi Kidsのバラエティー番組『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)。9月9日放送回は、ゲストに俳優の高杉真宙が登場した。

 冒頭で高杉は、KinKi Kidsについて「僕はアイスのCMをよく見ていたのを覚えていて……」と、KinKiが2001〜07年まで出演していた「チョコモナカジャンボ」のCMが印象的だったと告白。

 また「近所のお兄さんに(KinKi Kidsの)どっちかっこいいと思う? って言われたりしていたのをすごい覚えていて……」と明かすと、堂本剛は「そこ重要になってきますけど……。高杉くんから言い出しているんで。それははっきり言わないと……」とどっち派だったのかを質問。高杉は「幼い頃なので記憶がないかもしれないですね。今はやっぱりどちらも素敵だなって」と明言を避けていた。

 「ゲストのやりたいことをする」がコンセプトの同番組。高杉は「とにかくおいしいオムライスが食べたい!」とリクエストし、超一流の料理人に店では作らないジャンルの料理を特別に作ってもらう恒例企画「おねだりレストラン」が行われた。

 まずは、東京・銀座にある和食の名店「能登金沢の幸 銀座ふる田」のシェフ・古田浩人氏が「とろろあん うなぎオムライス」を調理。古田氏は、同番組で過去2回創作料理を披露していたが、今回の登場で「KinKi Kidsの曲を車の中で聞くほどの大ファンだったのにもかかわらず、ずっと隠していた」と発言。

 これに剛は「ちょっと!」、光一は「なんで?」と驚きのリアクション。古田氏は「車で聞くだけではなく、歌い込んでおります」と明かし、好きな曲は「ボクの背中には羽根がある」(2001年)で、「イントロ部分が気分が高揚する」と話すと、光一は「そうやったん? いやうれしいね」と思わぬ話に喜んでいた。

 その後、東京・広尾にあるフレンチ料理店「AMOUR」の後藤祐輔氏が卵をふわふわのスフレ風にした「ドレス・ド・スフレ・オムライス」、東京・神田にある「中国料理 神田雲林」のシェフ・成毛幸雄氏が、フカヒレを使った「フカヒレトロトロ炒蚕(ツォータン)オムライス」を用意した。

 すべての料理を完食し、「おなかいっぱいで幸せ」とつぶやく3人だったが、最後に光一は「たまに今日の(料理の)こと思い出しても、あれ食いてぇってなるし。でも食えないんだけどね」と、この日だけの限定メニューに寂しさを感じている様子。

 高杉も「そうなんですよね。(限定料理を)知っちゃったから」「出会わなければ(そのおいしさを)知ることがなかった」と同意すると、光一は「確かに知らないほうが幸せなことってあるよね……」と意気投合していたのだった。

 番組放送後、ネット上の視聴者からは「おいしそうにオムライス食べてて癒やされた」「オムライス全部おいしそうだった」という感想のほか、少数ではあるが「世間はジャニーズのニュースで荒れに荒れてるけど、『ブンブブーン』はなんて穏やかな時間が流れてるんだろう」「いつもの『ブンブブーン』で安心」など、いつも通りの2人が見れて喜ぶコメントも寄せられていた。

タイトルとURLをコピーしました