山田涼介に編集者が激ギレ! ジャニーズとスタッフの気になる関係【WiNK UP10月号レビュー】

 「WiNK UP」10月号(ワニブックス)が発売中です。今月号は、「WiNK UP」「POTATO」(ワン・パブリッシング)「Duet」(集英社)が合同でHey!Say!JUMPの沖縄ロケを行っており、彼らが3誌すべての表紙を飾っています。

 「WiNK UP」の表紙では、メンバーがおそろいの「I LOVE(ハート) OKINAWA」Tシャツを着ているのですが、他2誌に比べ、“沖縄”での浮かれっぷりが際立っており、大変微笑ましいです。

 インタビューページからも、ジャニーズイチの“働きすぎアイドル”こと山田涼介が、仕事を忘れて大はしゃぎしている様子がわかり、いちファンながら沖縄の青い空と海に感謝したくなりました。では早速、誌面をチェックしていきましょう!

<トピックス>
◎OFF DIARY #JUMPの夏休みin沖縄 Hey!Say!JUMP
◎at the hotel lobby なにわ男子
◎メンバーといるときの顔。 Travis Japan

Hey!Say!JUMP、沖縄でシークレット・ギグ

 最初に見ていくのは、Hey!Say!JUMPの沖縄ロケ企画「OFF DIARY #JUMPの夏休みin沖縄」。タイトル通り、メンバーのオフモード全開の写真やインタビューが楽しめます。撮影日の前夜にメンバー全員で部屋に集合し、大盛り上がりしたそうで、八乙女光いわく「いい感じに壊れて(笑)」いたとのこと。

 八乙女が、ホテル側の用意したパジャマの上だけを着て(伊野尾慧いわく「短めのワンピースみたいなカッコ」)登場し、メンバーの笑いをかっさらったほか、山田が「有名K-POPアイドルの曲をガチ踊りしてたかと思ったら、それが途中から芸人の永野さんになる」という技を見せたり、知念侑李が「超くっだらないイリュージョン」を披露したり、伊野尾&山田がベランダのヤモリを捕まえようと奮闘したり……などなど。

 カメラが回っていないところで繰り広げられたHey!Say!JUMPのシークレット・ギグに、読者のJUMP担も大興奮したのではないでしょうか。

 そんな中、筆者の心に刺さったのは、Hey!Say!JUMPと「WiNK UP」スタッフの関係性。メンバーいわく、子どもの頃からスタッフが変わっていないそうで、現場でも「山田、ほら早く!」と声を掛けられるんだとか。八乙女は「最近はそういう現場も減っちゃったから、なんか懐かしくてね」としみじみ語っていました。

 特に山田は、そんなスタッフに囲まれて童心に返りすぎたようで、同誌の撮影前に「そこにプールがあるから」という理由でダイブ!! 同誌編集者に「これから撮影なのに!」と激ギレされたものの、「こんないい笑顔はなかなか撮れないぞ」というクソガキ論法で応戦したそうです。プロアイドル・山田を5歳児のようにさせてしまう「WiNK UP」スタッフ……この世には、アイドル同士だけでなく、アイドルとスタッフの関係性からも摂取できる“ときめき”があるようです。

 次に見ていくのは、なにわ男子の「at the hotel lobby」。インタビューテーマは「メンバーに似合う恋人像」で、リードになぜか「取材は7月中旬」と記されています。

 例えば、雑誌の発売日時点で、すでにスタートしているコンサートツアーについて、メンバーが“抱負”を語っている場合、リードにインタビューの収録日を明記することは珍しくありません。ただ今回、なにわ男子は仕事の話を一切していないにもかかわらず、取材日が掲載されているわけで……やはりこれは、8月下旬から9月の頭にかけて連発した西畑大吾&長尾謙杜の女性スキャンダルの影響によるものではないでしょうか。

 交際している相手がファンにバレたのに、「WiNK UP」編集部が「メンバーに似合う恋人像」を語り合う企画を敢行したとすれば、それはそれでアイドル誌としては尖りすぎですからね。

 とはいえ、これを読むことは、なにわ男子担にとってかなりの苦行であることに違いありません。まず、読売テレビ・足立夏保アナウンサーとの熱愛が報じられた西畑ですが、藤原から「雰囲気的にはかわいい系で、表では、彼氏が引っ張ってる感じに見えるけど、家では逆。彼女が引っ張っていて、甘えさせてあげてるっていう。髪の毛とかも乾かしてもらってる」と、やたら詳細な恋人像が出てきたので、まさか西畑と足立アナとのことを知っているのか……? とソワソワしてしまいます。

 一方、元AV女優・三上悠亜との密会(しかもKis-My-Ft2・千賀健永との三角愛)をスクープされた長尾はというと、大橋和也が「似合う恋人像」について、「謙杜の弟感についていける子がいいと思う」と、ある意味核心に迫る一言を投下!! 三上は長尾の9歳年上ですから、彼の弟感についていけているのでは……。

 また、長尾自身が「相手が束縛するっていうのは、何か不安にさせてる部分があるんだと思うから、不安にさせないようにする。連絡はちゃんとするから、自由にさせてもらうとか(笑)」と具体的に話しており、図らずも三上との交際の様子をファンに公開してしまう事態となっています。

 読めば読むほどスリリングで、なにわ担はお通夜ムードになること必至のインタビューでした。

 最後は、Travis Japanの「メンバーといるときの顔。」をチェック。「まだ、表に出てない(?)裏話」というテーマでメンバーが座談会を行っており、7月15日放送のTBSの音楽特番『音楽の日2023』で、s**t kingz、DA PUMP、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE、JO1、BE:FIRSTらと行った「ダンスボーカルグループコラボ」など、最近出演したテレビ番組やイベントの舞台裏を明かしています。

 そんな中、松田元太は、6月9日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)で披露した「九九」の反響が大きかったことを告白。MCのダウンタウン・松本人志から「6の段言える?」と振られ、「6×1=6」「6×2=12」と順調な滑り出しを見せたものの、「6×3=24」と早々にミス。その後も「6×4=25」「6×6=36」「6×5=25」「6×7=72」と散々で、スタジオは大爆笑。「松田元太=九九が言えない」というキャラが爆誕したのです。

 実際このキャラは他番組でもクローズアップされており、お茶の間にも浸透しつつあるかもしれません。なお、Snow Manの阿部亮平と目黒蓮も、同誌で松田の「九九」について言及。阿部に「え、九九は言えるよね(笑)?」と振られた目黒は、「言えるって! …ゆっくりなら(笑)」と宣言しており、「九九がゆっくりなら言える」キャラであることが発覚していました。

 それにしても、「九九が言えない」が売れるきっかけになるとは、松田も思ってもみなかったことでしょう。芸能界は何が起こるかわかりませんね。とはいえ、一部ネット上で、松田は私立中学出身と言われており、「中学受験したのに九九が言えないキャラは厳しくないか?」との指摘も。何年後かに、このキャラの裏話が聞ける日を楽しみにしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました