Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107
  • 日. 5月 19th, 2024

犯罪データベース

明日あなたが被害にあうかもしれない

Aぇ! group、なにわ男子、関ジャニ∞がPR……『大阪・関西万博』海外パビリオンの「撤退」が懸念されるワケ

 大阪市の横山英幸市長が、9月8日の定例記者会見に出席。2018年4月より大阪観光シンボルキャラクターを務めるジャニーズ事務所所属グループ・関ジャニ∞の起用について、「今時点で、何かあったらすぐに契約解除だ、という動きをするつもりはありません」と明言した。

 横山市長は、「(ジャニーズ事務所)の対応は注視していきたい」としつつも「それぞれのタレントさんは、誇りを持って活動を続けてこられていると思う」「僕は所属しているタレントさんに何か問題があったとは受け取っていない。一生懸命にやっているのであれば、ともに大阪を盛り上げるイベントに関しては進んでいきたい」と発言。

 これを受け、ネット上では「市長がはっきりと契約解除しないと言ってくれた。本当にありがたい」と一部の関ジャニ∞ファンから感謝の声が上がる一方、「タレントが悪くないのは当然のこと。大阪市民の血税がジャニーズ事務所に流れてることが問題。論点をすり替えないでほしい」と批判的な声も目立つ。

『大阪・関西万博』を関ジャニ∞、なにわ男子、Aぇ! groupがPR

 そんな中、今後大きな物議を醸しそうなのが、関西ジャニーズをプロモーションに起用している『2025年日本国際博覧会(2025年大阪・関西万博)』(2025年4月13日~10月13日開催予定)だ。

 秋篠宮皇嗣殿下が名誉総裁を務める同万博は、副会長に横山市長、催事企画プロデューサーに元俳優・小橋賢児、催事検討会議の共同座長に元吉本興業会長・大崎洋らが名を連ねている。

 さらに、ジャニーズ勢も随所で関わっており、19年12月に行われた「有識者懇話会」には、なにわ男子・大西流星が委員として出席。

 昨年6月に放送された万博関連特番『なんかすごいぞ2025~近未来はこうなる!大阪・関西万博まであと1000日!~』(フジテレビ系)では、司会を関ジャニ∞・横山裕が務め、翌7月に都内で開催された「開幕1000日前イベント」には、岸田文雄内閣総理大臣とともに、「1000日前イベント機運醸成応援団」として関西ジャニーズJr.内ユニット・Aぇ! groupが参加した。

『大阪・関西万博』、ジャニー氏の性加害問題の影響でパビリオンに影響?

「Aぇ! groupは現在、万博関連番組『関西ジャニ博』(MBS)にお笑いコンビ・よゐこと一緒にレギュラー出演中。同番組は、万博に向けて危険にさらされる生態系や自然を守るための“SDGs大作戦”(生態系・どないかして・ガード・しまっせ)をコンセプトにしており、不定期で2時間スペシャルも放送しています」(芸能記者)

 今や万博PRタレントの筆頭ともいえるAぇ! groupだが、現在、ジャニーズ事務所所属タレントを起用するスポンサー企業が続々と「契約更新しない」と表明していることから、ネット上では「万博も早急に起用継続の有無をはっきり示すべき」との意見もある。

 なお、ジャニーズ事務所は今月7日、創業者・ジャニー喜多川氏(2019年に死去)の性加害問題をめぐり記者会見を実施。この模様は英国公共放送・BBCや英紙「ガーディアン」、米紙「ニューヨーク・タイムズ」なども報じており、世界的に注目されている。

「『大阪・関西万博』は、世界中の参加国や国際機関が参加する予定。しかし、ジャニーズ事務所がプロモーションに深く関わっていることが問題視されれば、『最悪、海外のパビリオンが撤退する可能性もある』と懸念するネットユーザーも少なくありません」(同)

 同万博が昨年11月に公開した資料「持続可能な大阪・関西万博開催にむけた行動計画」では、目指すべき方向として「国連の『ビジネスと人権に関する指導原則』に則った万博運営を実現する」と記載。

 この「ビジネスと人権に関する指導原則」は、11年に国連人権理事会において、国と企業が取り組むべきフレームワークとして採択されたもので、指導原則に「人権を保護する国家の義務」「人権を尊重する企業の責任」「救済へのアクセス」という3つの柱を掲げている。

「『大阪・関西万博』がいかに国際的な基準に基づいた人権尊重を重視しているかうかがえますが、現在のジャニーズ事務所はまさに『人権を尊重する企業の責任』や『救済へのアクセス』が不十分ではないかと指摘されている最中。参加国から抗議があってもおかしくない」(同)

Aぇ! groupは『W杯バレー』の二の舞いも?

 Aぇ! groupといえば、今月16日に開幕する『FIVB パリ五輪予選 ワールドカップバレー2023』の大会サポーターに内定していたものの、ヨーロッパのある参加国から強い抗議があり、起用を見送られたと、7月20日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じていた。

「4年に1度行われる同大会は、毎回ジャニーズ所属グループが大会サポーターを務めてきました。しかし、今年内定していたAぇ! groupは、一部参加国から『ジャニーズのアイドルが大会に関わるのであれば出場を取りやめる』と抗議があったため、大会側から起用を取り消されることに。もし同様の事態が起きれば、Aぇ! groupは万博関連の仕事も失うことになるでしょう」(同)

 万博開催まで600日を切ったが、果たしてジャニーズ事務所はこの利権に関わり続けることができるだろうか……。

By Admin