Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107
  • 金. 7月 19th, 2024

犯罪データベース

明日あなたが被害にあうかもしれない

Snow Man・岩本照演出の舞台『少年たち』公式サイト一時削除――法務省タイアップで炎上も

 これまでジャニーズ事務所のタレントが多数出演してきた舞台『少年たち』シリーズ。今年は10月4日から『少年たち 闇を突き抜けて』(東京・新橋演舞場)を上演予定で、9月18日よりチケットの一般販売が開始する。しかし、同12日に舞台の公式サイトが一時削除され、「ネット上ではジャニーズファンから心配の声が寄せられる事態となった」(芸能ライター)ようだ。

 1969年に初演された舞台『少年たち』は、当時ジャニーズからデビューして間もなかったフォーリーブスが主演を務め、シリーズ化。2010年の『少年たち 格子無き牢獄』にはデビュー前のA.B.C-Z、Kis-My-Ft2、Snow Manメンバーらが出演し、以降のシリーズにも多くのジャニーズJr.らが起用された。

「同作はもともと、事務所創業者・ジャニー喜多川氏(19年に死去)が企画・構成・総合演出を担当。21年に当時の事務所副社長・滝沢秀明氏(22年9月に退社)が演出を手がけた『少年たち 君にこの歌を』でも、ジャニー氏は“エターナル・プロデューサー”としてクレジットされ、同氏がこだわっていたという演目も引き継がれました。なお、今年の『少年たち 闇を突き抜けて』はジャニーズJr.内ユニット・美 少年が主演で、演出はSnow Man・岩本照が務めます」(同)

『少年たち』公式サイト一時削除にファン騒然

 しかし同事務所は現在、生前のジャニー氏による性加害問題の対応に追われている。9月7日に行った記者会見で、藤島ジュリー景子前社長は、ジャニー氏の性加害を正式に認めて謝罪。被害者に対する補償の方針を示すなどしたが、業界内外でバッシングが続いている状況だ。ジャニーズタレントをCM起用していた数々の企業からも、契約を更新しないなどの発表が相次いでいる。

「そんな中、12日に『少年たち 闇を突き抜けて』の公式サイトが一時削除されました。サイトが消えていた間、ネット上のジャニーズファンは『もしかして中止?』『ジャニーズCM取り止めの流れで、舞台もダメになった?』などと騒然。現在はサイトが復活しており、『システムエラーだったのかな』『焦った』という安堵の声が広がっています」(同)

ジャニーズ伝統演目「桶ダンス」は「なくすしかない」

 一方、ジャニー氏の性加害問題が取り沙汰される中、一部ネット上では同舞台の伝統演目「桶ダンス」も物議を醸していた。

「ジャニー氏のこだわりのひとつであったという桶ダンスは、出演タレントたちが“ほぼ裸”に見える格好で踊る演目。肌に近い色のパンツを着用し、ステージ上にはさらに出演者たちの下半身部分が隠れるようすりガラスも設置されていましたが、ジャニー氏の問題が報じられる以前から、『性的搾取』と一部ファンの間で批判されていたんです」(同)

 一時『少年たち 闇を突き抜けて』公式サイトが消えていた間には、ファンから「やっぱり桶ダンスがアウトなのでは?」「舞台中止はつらすぎるから、桶ダンスをなくすしかない」といった意見も出ていた。

「松竹演劇部の公式X(旧・Twitter)によると、システムエラーが発生したため、サイトの閲覧ができない状況となっていたようですが、ファンの不安は尽きない様子。というのも、時を同じくして、19年に上映された『映画 少年たち』と法務省のタイアップポスターがSNS上で再注目され、大炎上。ポスターには『守りたい 少年たちの輝く未来』といった文言とジャニーズタレントらの写真が掲載されていたものの、少年たちに加害していたのがほかならぬジャニー氏だったということで、批判が噴出したんです」(同)

 来月に控えている舞台『少年たち 闇を突き抜けて』だが、無事に上演されるのか。その際、桶ダンスは演目から外されているのか。岩本の演出を注視していきたい。

By Admin