Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107
  • 水. 6月 19th, 2024

犯罪データベース

明日あなたが被害にあうかもしれない

『笑ってはいけない』復活は不可能か――松本人志らのモチベーション下げた“日テレの驕り”とは?

 日本テレビは10月23日に行った定例会見で、2020年まで大みそかの恒例特番となっていたバラエティ特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけない』シリーズについて、今年は「編成中」とコメント。しかし、会見前に「日刊スポーツ」が「3年連続見送り」と報じ、業界関係者も「やはり今年も『笑ってはいけない』の復活はない」(芸能ライター)と記事内容に納得しているようだ。

 『笑ってはいけない』はもともとダウンタウン・松本人志と浜田雅功を中心とした同局バラエティ『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の罰ゲームコーナーだったが、視聴者の間で爆発的な人気を博し、シリーズ化。2006年の「絶対に笑ってはいけない警察24時」以降、日テレの大みそか特番として定着していた。

 しかし、20年の「絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!」を最後に、『笑ってはいけない』シリーズの放送は見送られている。21年と22年はナインティナインなど人気芸人を複数起用した『笑って年越したい!!笑う大晦日』シリーズがオンエアされた。

「ネット上には『笑ってはいけない』シリーズの復活を望む声が多く、『今年はどうなる?』と注目されていました。そんな中、日テレは今月23日に定例会見を行い、同局取締役専務執行役員・福田博之氏が大みそかの番組に関して『年末年始も含めまして、今、編成作業しているところ』とし、『笑ってはいけない』シリーズについては『もちろんチャンスがあればやりたい』ともコメントしたそうですが、『日刊スポーツ』によると同シリーズは『今年も放送を見送ることが決まっている』といいます」(同)

 とはいえ、『笑ってはいけない』シリーズは明確に“今回が最終回”とアナウンスされたわけではない。それでも“見送り”が続いているのは、一体なぜなのか。

「かねてから伝えられているように、番組内容の詳細が正式発表前にすっぱ抜かれ、出演者のモチベーションダウンを招いたのが最大の原因。特に20年末の放送では、当時、不倫スキャンダルによって活動を休止していたアンジャッシュ・渡部建がサプライズ登場する予定でしたが、一部メディアによってスクープされ、出演者の中でも松本が特にこれを問題視。すでに収録済みだったという渡部の出演シーンはすべてカットされました。このすっぱ抜きが、翌年からの放送見送りを決定づけたのだとか」(同)

『笑ってはいけない』シリーズは、『紅白』と唯一互角に戦える番組だった

 一方、日テレは「笑ってはいけない」シリーズの復活を熱望しているという。その理由は無論、同シリーズが高視聴率を稼ぐ超人気コンテンツだからだ。大みそかに放送されるようになって以降の“最高成績”は、13年の「絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時」で、第1部(午後6時30分~9時)の世帯平均視聴率は19.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録している。

「渡部が出演できなかった20年の『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!』も第1部で17.6%を叩き出していました。この高視聴率とあって、大みそかのテレビは同シリーズと『NHK紅白歌合戦』の一騎打ちという構図ができていたんです」(同)

 『紅白』と唯一互角に戦える『笑ってはいけない』シリーズは、日テレにとっても大事な番組だったはずだが、局側の姿勢も出演者のモチベーションを下げる一因になっていたようだ。

「配信やDVDの売り上げも好調だっただけに、日テレとしては“あと10年は続けたい”と考えていたようですが、その一方で、局側が同シリーズを“放送して当然”という驕りが出てしまったことも、レギュラー陣の士気を下げていたといいます。つまり、もともと“確執”が生じていた中、渡部の件がトドメになったわけです。日テレによると、今年はまだ『編成中』だそうですが、スポーツ紙に『見送り』とすっぱ抜かれてしまい、松本らの説得をするどころではない状況。結局、日テレは今年も『笑ってはいけない』シリーズは諦め、芸人勢が多数出演するお笑い番組を放送するしかないのでしょう」(同)

 もはや『笑ってはいけない』シリーズは、「復活不可能」(同)という声もあるが、日テレはいつまで「今年こそは」と叶わぬ夢にすがっていくのだろうか。

※大みそか放送分のみ
※2009年以降は第1部の視聴率のみ比較対象とする

1位:2013年「絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時」(第1部)19.8%
※(第2部)17.2%

2位:2011年「絶対に笑ってはいけない空港(エアポート)24時」(第1部)18.7%
※(第2部)16.6%

2位:2014年「絶対に笑ってはいけない大脱獄24時」(第1部)18.7%
※(第2部)16.0%

4位:2016年「絶対に笑ってはいけない科学博士24時」(第1部)17.7%
※(第2部)16.1%

5位:2015年「絶対に笑ってはいけない名探偵24時」(第1部)17.6%
※(第2部)15.3%

5位:2020年「絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!」(第1部)17.6%
※(第2部)14.1%

7位:2017年「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」(第1部)17.3%
※(第2部)16.3%

8位:2012年「絶対に笑ってはいけない熱血教師24時」(第1部)16.8%
※(第2部)16.5%

9位:2009年「絶対に笑ってはいけないホテルマン24時」(第1部)16.4%
※(第2部)15.4%

10位:2019年「絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」(第1部)16.2%
※(第2部)14.6%

11位:2008年「絶対に笑ってはいけない新聞社24時」15.4%

12位:2010年「絶対に笑ってはいけないスパイ24時」(第1部)15.3%
※(第2部)14.3%

13位:2018年「絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!」(第1部)14.3%
※(第2部)12.8%

14位:2007年「絶対に笑ってはいけない病院24時」12.4%

15位:2006年「絶対に笑ってはいけない警察24時」10.2%

By Admin