Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107
  • 日. 5月 19th, 2024

犯罪データベース

明日あなたが被害にあうかもしれない

ブリトニー・スピアーズ、中絶は「医師にも言わず」自宅で……「何時間もかかった。あの痛みと恐怖は、はっきりと覚えている」激白

ByAdmin

10月 24, 2023 #海外

 セレブの自伝本が豊作となった2023年だが、ここにきて最も大きな注目を集めているブリトニー・スピアーズの『The Women in Me』。発売日が刻一刻と迫る中、メディアが同書の内容に関するスクープ合戦を繰り広げている。

 アイドル全盛期に「ジャスティン・ティンバーレイクとの間にできた子どもを、2人だけの秘密として、自宅で経口中絶薬を服用。壮絶な痛みに苦しんだ」体験、ジャスティンと破局後に2週間だけ付き合ったコリン・ファレルと「まるでストリートファイトのような荒っぽいセックスをやりまくった」といった情報が、ここ数日、立て続けに報道されているのだ。

 2021年に大手出版社と1,500万ドル(約22億4,000万円)で執筆契約を結んだと報じられたものの、ブリトニーがインスタグラムに投稿する写真や動画から精神状態を案じる声が上がり、「本当に出版できるのだろうか?」と心配されていたが、いよいよ現地時間10月24日にリリースされる。

 メディアはこぞってその内容をすっぱ抜き報道。1999年から2002年まで交際していたジャスティン・ティンバーレイクの子どもを妊娠・中絶したという告白が書かれているとの記事は世間に大きな衝撃を与えた。

 米「TMZ」によると、ブリトニーは「中絶をした時のこと」も赤裸々につづっているという。妊娠と中絶は「『父親にはなりたくない』ときっぱり言い、『お互い若すぎるし、キャリアもこれからなのだから』、と強く中絶を勧めたジャスティン」と「2人だけの秘密」にすると約束したそうで、医師にも家族にも誰にも言わないで、子どもを堕ろす決断を下したという。

 「妊娠や中絶のことを、誰にも知られないようにするのが重要だった。だから中絶は自宅でひっそりとやると決めた」2人は、経口中絶薬を入手。ジャスティンが付き添い、彼女のそばで音楽を流したり、ギターを弾いたりして励まし、慰めたそうだが、激しい痛みに苦しんだブリトニーは音楽を聴く余裕もなく、バスルームの床に横たわったまま動けず「すべてが終わるまで、ずっと泣き続けていた」そうだ。

 ブリトニーは、この時のことを「何時間もかかった。どうやって終わったのか覚えていないけど、20年たった今でも、あの痛みと恐怖ははっきりと覚えている」とつづっており、今もなおトラウマだと明かした。

 ブリトニーが中絶するために飲んだ経口中絶薬だが、一般的に36時間から48時間空けて2種類の薬を服用することが多い。日本では母体保護法指定医師のみが処方できるが、アメリカではセレブが薬物を簡単に入手可能なため、2人だけで中絶を実行したのだろう。

 ネット上では、「ブリトニーが苦しんでいるのに、のんきにギターを弾いていたとはね」「ヘタなギター聴かされて余計に苦しくなりそう」「怒りが湧いてきた」とジャスティンを叩く声が巻き起こっている。

 一方、「2人だけの秘密」を暴露されたジャスティンのファンは、「裏切りだよね。ジャスティンが気の毒」「もう20年も前のことで、互いに子どももいるのに。ジャスティンがかわいそう」と同情しているが、ブリトニーのファンは「ブリトニーと破局後、彼女に浮気された可哀想な好青年をネタに大成功したんだから、ジャスティンもジャスティンだよね」「因果応報」と厳しくバッシングしている。

コリン・ファレルとのセックス激白

 「TMZ」はまた、ブリトニーがジャスティンと別れた後に短期間交際したコリンについてもつづっていると伝えている。友人であるプロモーターの紹介で、コリン主演映画『S.W.A.T』(03)の撮影現場で出会った2人は、たちまち強く惹かれ合い意気投合。すぐに体の関係を結び、荒っぽいセックスを「2週間、まるで乱闘のようにやりまくった」「互いの体をまさぐり合い、情熱的にグラップリング(組み技)した。まるでストリートファイトのように」と激白しているという。

 コリンの映画『リクルート』(同)のプレミア上映に同伴したブリトニーは、「まだジャスティンを忘れられていなかった」ものの「平気だと思われたかった」ため笑顔でコリンとレッドカーペットに立ったとのこと。コリンは当時、ブリトニーを「彼女じゃないけど、スイートな子なんだ」と説明。一方、ブリトニーは当時受けた雑誌インタビューでコリンとキスをしたことを認め、「世界一キュートでホットな存在」とのろけていたようだ。

 ジャスティンと別れてから、男運が悪くなったとうわさされているブリトニー。「恋愛がうまくいかないことは、私が孤立していった要因のひとつ」と悲しげにつづっているそうで、歴代の元カレたちに関しても、ブリトニーが同書に書いている可能性は大。何を暴露されるのかと、彼らは戦々恐々としているだろうとネット上で話題になっている。

ジャスティン・ティンバーレイクは自伝本の内容を知っていた

 ちなみにジャスティンとコリンは、同書に書かれた内容を大まかに把握していた可能性が高い。2人はそれぞれ弁護士を雇い、ブリトニーを相手取って、自伝本に自身について書かれている内容を事前に読ませてほしいと要求。その上で、いくつかの暴露箇所を削除するよう強く求め、さもなければ訴訟を起こすと言い渡したと、今年7月に英紙「ザ・サン」が報じていた。

 数カ月にわたる交渉と法的手続きを経て、出版が4カ月延期されたとも伝えられていたため、ネット上では「ジャスティンが知ってたなら、中絶の一件は書かないでほしいと言ったはずでは」「ブリトニーが無視したのかな。それともジャスティンが腹をくくったのかな」などと邪推が飛び交っている。

 今年はセレブの自伝本ブームとなっており、今月だけでもアーノルド・シュワルツェネッガー、ジェイダ・ピンケット・スミス、ジョー・ステイモスと大物セレブが続々と自伝本をリリース。本のプロモーションのためにメディアのインタビューを受けているが、「TMZ」によれば、メディア嫌いのブリトニーに、その気は一切ないとのこと。それでも、売り上げはとてつもない数字を記録するのではないかといわれている。当分、ブリトニーの話題で持ちきりとなりそうだ。


Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107

By Admin