「あやなん暴走を止めるのが最優先事項」前代未聞の大炎上、東海オンエア側の対応は?

 YouTuber・あやなんが10月30日、自身のX(旧Twitter)で「私たちしばなん夫婦には数ヶ月ほど前から夫婦公認でセカンドパートナーが存在しています」(原文ママ、以下同)と報告。あやなんは今月16日にインスタグラムのストーリーズ(24時間限定公開)にて夫である東海オンエア・しばゆーとの離婚を示唆してからというもの、ネット上の注目を集めているが、マスコミ界隈ではその言動に疑問の声が出ているようだ。

 しばゆーとの夫婦チャンネル「しばなんチャンネル」を運営するなど、個人としてだけでなく夫婦や2人の子どもの出産・育児など、家族の生活もオープンにしてきたあやなん。しかし離婚をほのめして以降、今月17日にはXで家族が東海オンエア・てつやから「迫害」されていたと主張。

 同日中にしばゆーがXで「お前これ以上喋るな」と訴えたほか、てつやも東海オンエアのYouTubeサブチャンネルであやなんに「ネットリテラシーを培って」と諭す動画を公開するなど、騒動は徐々に拡大していった。

「その後もさまざまな暴露が続き、前代未聞の大炎上となった東海オンエアは同25日、グループでの活動を数カ月“休憩”すると発表。一方、しばゆーとの関係は『友達』のまま変わらないとして、ファンを安心させました。29日には、しばゆーもXで『精神科で躁鬱&パニック障害と診断を受けて薬飲んで療養中』と報告し、ようやく騒動が収束しそうな雰囲気となっていた中、あやなんが30日付のXで『今日改めてうーくん(編注:しばゆー)と話しをして、夫婦の間で起こった事はもっと時間をかけて解決に向かって前向きに進んでいく予定』と説明しつつ、お互いに“夫婦公認セカンドパートナー”がいることを公表したんです」(芸能ライター)

あやなん、夫婦公認のセカンドパートナー公表も「子どもがかわいそう」

 同日、インフルエンサー・滝沢ガレソ氏のXでは、あやなんの不倫に関するポストが注目を集めていた。騒動の渦中、あやなんはインスタグラムのストーリーズに、親しい友人限定で、しばゆーではない男性との“ディズニーデート”を報告していたのだが、そのスクリーンショット画像が流出したのだ。

 これを受け、あやなんは自身のXで「元々みんなに報告するつもりだったので何も都合の悪い事はありません」とコメント。また、一連の騒動中にしばゆーの不倫相手・Sさんの存在も明らかにしていたが、今回のポストで「私たち夫婦と、パートナーの2人合わせて 4人でのディナーもして家族にも紹介済みです」と、お互いの不倫は“公認”であると説明した。

「続くポストでは、『ウチらの彼氏、彼女のことを部外者が勝手に詮索して傷つけたり晒したりしたら容赦なくぶっ潰します』と宣言。夫婦が納得しているのであれば、確かに部外者が口を出すべきではないものの、ネット上では、『子どもたちはどう思ってるの?』『子どもがかわいそう』と物議を醸しています」(同)

あやなんは東海オンエア大炎上を「終わらせたくない」?

 この展開に、マスコミ関係者からは苦笑も聞こえてくる。というのも、あやなんはこれまで、騒動が落ち着きそうなタイミングを狙ったかのように“新たな爆弾”を投下してきたからだ。

「今回はまるで騒動を沈静化させまいとするような、かなり露骨な燃料投下でした。東海オンエア側は当初から、あやなんの暴走を止めること、彼女につられて、しばゆーが騒ぎださないようにすることに努めていたようです。それが最優先事項で、世間的に“東海オンエア側に非がある”と受け止められることも、甘んじて受け入れていた印象があります」(制作会社スタッフ)

 しかし、あやなんとしてはまだ何か不満があるのか、「どうにもこの大炎上を終わらせたくないように見える」(同)という。

「男性とのディズニーデート発覚をきっかけに、セカンドパートナーの存在を公表したあやなんは案の定炎上し、イメージはさらに悪化していますが、それでも『注目を浴び続けたい』という思惑を感じます。てつやはあやなんに土下座して謝罪したようですが、それも意味がなかったというか、まだまだ東海オンエア側は、彼女に振り回されることになりそうです」(同)

 収束の気配を蹴散らすような言動を取るあやなんの暴走はいつ止まるのか。

タイトルとURLをコピーしました