木下優樹菜、地上波登場も自虐! フジに「俺出せ」と噛みついた人とは? 復帰を画策する有名人

――サイゾーウーマンの管理人で芸能通のしいちゃんが、編集部員を相手にこの1週間で話題になった芸能ニュースを解説

編集G 先日、『第74回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表されたね。年の瀬が迫ってきた感があるわぁ~。

しいちゃん 今年、世間を騒がせた芸能ニュースの一つといえば、6月に「週刊文春」(文藝春秋)が報じた、広末涼子のダブル不倫騒動だよね。お相手である鳥羽周作氏は、11月4日、自身の公式YouTubeチャンネル「シズるチャンネル」の動画に5カ月ぶりに登場。動画更新を休んでいたことを謝罪してた。

編集G 鳥羽氏はミシュラン1つ星店「sio」のオーナーシェフを務めていたけど、騒動の余波で代表を辞任したんだったよね。

しいちゃん そうそう。「シズるチャンネル」には後任の小倉知巳シェフが出演していたの。11日に投稿された「一つ星シェフが教えるシンプルに旨い〆のパスタ【後編】」という動画では、鳥羽氏自ら騒動について言及。「自分がやったことで確かに、いろいろな意見はいただいていて、それについては、自分なりに真摯に受け止めて、いろいろ思うところもあるし、反省しなきゃいけないところもあるけど。でも、だからといって『料理やめます』とかは何か違うと思っていて」「職業『料理』だし、料理しかないなって思って」「今回のことで学びをね、次の『おいしい』で世の中の人をどういうふうにハッピーにしていくか、みたいなことに役立てればいいなって思って」と語っていた。

編集G 各メディアの報道によると、鳥羽氏は不倫騒動で調理専門学校の学部長を退任したり、40社ほどあったクライアントも9割が契約解除となった結果、3億円ほどを失ったらしいじゃん。

しいちゃん そのためネット上では、「広告収入目当てなのかな」といった声のほか、「何で表に出たがるの?」「前に出なくてもできる仕事」と、メディア出演をよく思わない人は多いみたい。

編集G もともとファンがついていた人だし、メディアに出てチヤホヤされるのは、どんな料理よりもおいしい旨味があって、それを忘れられないってこと!?

木下優樹菜、地上波復帰で「おめえのこと許してねぇよ」と自虐

しいちゃん 元タレントでYouTuberの木下優樹菜は、11月10日放送のバラエティ番組『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)に出演し、地上波テレビに復帰したよ。番組内のフワちゃんの苦手なタイプのタレントを集めるという企画で、TKO・木下隆行が来ると聞かされていたフワちゃんの前に登場した木下は、「フジテレビに来たの4年ぶり」と話し、フワちゃんにYouTubeのコラボを持ちかけてた。その際、「なんでもやりたい」と意欲をのぞかせた一方で、「『おめえのこと許してねぇよ、まだ』みたいな……」と自虐する場面も。説明するまでもないと思うけど、木下は2019年11月、姉が勤務するタピオカ店店主を恫喝し、芸能活動を自粛。20年7月に芸能活動再開を発表したものの、5日後に引退を発表。タピオカ店店主から1000万円の損害賠償を求められた訴訟は、21年10月、東京地裁から40万円の支払いを命じる判決を言い渡されてる。

編集G 今は“一般人”として自身のYouTubeチャンネルを更新してるユッキーナだけど、芸能界に未練タラタラって感じするね。

しいちゃん 視聴者も、木下の出演に違和感を抱いたようで、ネット上では「全然面白くなかった」「不快だった」「一般人と言ってる人を引っ張りだすのはどうかと思うし、木下も出演すべきではなかったと思う」「フジテレビはセンスない」と本人だけでなく局に対しても批判的な声がほとんどだよ。

楽しんご、木下優樹菜の地上波復帰に「俺出せよ!」と噛みつく

編集G フジテレビは、世間のニーズを見誤ったね。

しいちゃん ちなみに、タレントで整体師の楽しんごは番組放送の翌日、X(旧Twitter)で「こいつが出れんなら俺出せよ!」と、木下の地上波復帰に噛みついてた。楽しんごは14年1月、13年7月に元マネジャーの男性を殴り、けがをさせた容疑で書類送検されてるんだけど、この投稿には「確かに」「笑ったけど正論」「それは厳しいかも」「お互いに需要がない」と賛否が寄せられてた。

編集G どんだけみんなテレビに出たいのよ。いち視聴者としては、昔チヤホヤされている人より、時代とニーズに合ったタレントが見たいよ。テレビ局さん、そこんとこ頼むみます!

タイトルとURLをコピーしました