Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107
  • 日. 7月 21st, 2024

犯罪データベース

明日あなたが被害にあうかもしれない

ストック食材は「上から見える」収納が正解! プロのアイデア実例3

整理収納アドバイザーの伊藤まきさんが、片付けに悩む読者の自宅を使いやすく生まれ変わらせる連載シリーズ【「煩悩部屋」ビフォーアフター】。

 連載企画『ビフォーアフター』新シーズンです。第8回目の片付けモニターは、江東区・3LDKのマンションで暮らす4人家族のKさん(35歳)。今回は、汚部屋の片付けではなく、都心のマンションに多い「狭い収納」を使いやすく手直しする特別編です。

目次

・キッチンカウンター全景Before
・子どものお菓子収納、Before→After
・ドライフード収納、Before→After
・お米収納、Before→After
・キッチンカウンター全景After

 江東区のマンションに暮らすKさん宅。前回の食器棚に続き、今回はキッチンカウンター下の「ストック食材収納」を改善していきます。

キッチンカウンター全景Before:目的の食材が探しにくい

 引き出しと食品棚に入っているのは、おもに「子どものお菓子」「ストック食材」「お米」の3種類。使い勝手が良くなるよう、すべて「上から見える」収納に変更していきます。

子どものお菓子収納Before→After

 親がお菓子を管理する場合は「ざっくりワンボックス」でも良いですが、自分で選ばせるなら「種類分け」がおすすめ。子どもの視線に合わせて「上から見る」または「正面から見る」ように収納すればより探しやすくなります。

ポイント:使用頻度や取り出しやすさで場所を決める

 「上から見える」収納には「先に食べて欲しい」お菓子を、奥には未開封のストックを保管しました。使用頻度や取り出しやすさを考えて収納すると「賞味期限切れ」を防ぐことができます。

ストック食材収納Before→After

 お菓子同様、ストック食材も「種類分け」がおすすめ。おかず系・サプリ系・朝食系など細かく分別すると在庫管理が簡単になり、食べ忘れも防げます。

 今回の場合は、頻繁に出し入れする飴や海苔などは別の棚へ移動。「大人のおつまみ・お菓子」だけを収納するスペースにしました。

ポイント:見やすい「透明の箱」を使うのが正解!

 腰より低い扉タイプの棚は、「透明の箱」を使って「箱ごと取り出せる仕組み」を作ると◎。ざっくり詰め込むほうがたくさん収納できます。

 「賞味期限切れ」を管理できるよう、ストック食材は、奥に埋もれないようにするのがポイントです。

お米収納Before→After

 お米は収納場所を食品棚から炊飯器下の引き出しへ移動。「上からすくえる」ようになり、使い勝手が良くなりました。ストック・五穀米・お餅などの主食も同じエリアにまとめています。

 お米の収納法は、いろいろありますが「腰より下の場所」になる場合は「深型の引き出しの中(米びつに入れる)」「冷蔵庫の野菜室手前(袋ごと入れる)」のいずれかがおすすめです。

ポイント:カウンター周りは使用頻度「1軍」だけでまとめる

 炊飯器下の引き出しにもともと入っていたのは、パーティグッズなど普段使わないモノばかり。キッチンカウンター周りは「使用頻度が高い」食材や道具を優先的に収納することが大切です。

1年に一度使う程度のパーティグッズなら、離れのクローゼットでもOK。忘れないようにラベルを貼って移動しました。

冷蔵庫の隙間Before→After

 冷蔵庫とオーブンレンジの隙間に、紙袋やバッグが押し込まれていました。ちょうど良いスペースなので、ついモノを入れてしまいがちですよね。しかし両方「熱を出す家電」のため、「放熱用の隙間」が必要。燃えやすい紙類をあまり置かずに、取扱説明書どおりの余白を取りました。

キッチンカウンター全景After:使用頻度で「収納を見直す」とスッキリ変わる!

 Kさん宅のように、宅配で食材を購入する家が増えています。となると、どうしても増えていくのが「ストック食材の量」。収まりきらないと思ったら、中身をすべて見直します。例えば「今日はこの棚だけ」「1時間だけ」といった小さな作業でも十分! キッチンは、洋服や雑貨より使用頻度が分かりやすいのでスッキリが叶いやすい場所です。

By Admin