Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107
  • 水. 6月 26th, 2024

犯罪データベース

明日あなたが被害にあうかもしれない

ネイリスト直伝、【ダイソー】セルフでフットネイル! 初心者のコツ3つと実例

ByAdmin

6月 11, 2024 #トレンド, #ネイル

 厳しい残暑が続く中、まだまだサンダルが活躍しそうですよね。サンダルを履く時に気になるのは足の爪! フットネイルはしたいけど、サロンに行くのはためらう人もいるのでは? 今回は、ネイリストの筆者が失敗しないフットネイルをレクチャーします!

※2023年8月30日公開の記事を再編集しています。

目次

使用する【ダイソー】ジェルネイル一式
「セルフフットネイル」ポイント1:爪表面の甘皮処理をしっかりする
「セルフフットネイル」のポイント2:根本は細い筆を使う
「セルフフットネイル」のポイント3:UV/LEDライトにしっかり当てる
ネイリストが教える、セルフでも簡単にできるネイルアート

【ダイソー】ジェルネイル一式

 今回、モデルになるAさんが自宅から持ってきてくれたジェルネイル一式はこちら。

ダイソーで購入した以下アイテムです。

◎ベースジェル
◎カラージェル
◎トップコート
◎UV/LEDライト

 今回は秋を先取りし、カラージェルはブルーグレーを選択。青みがかったグレーで今の季節にぴったりです。

 塗る上でのポイントは、以下3点。

(1)甘皮処理などをする
(2)はみ出したり、皮膚についたジェルを拭う
(3)ライトをしっかり当てる(硬化する)

ネイリストが教える「セルフフットネイル」ポイント1:
爪表面の甘皮処理をしっかりする

 上手にフットネイルをするポイントは、使うジェルではなく施術の仕方。ネイルサロンへ行かなくてもきれいなフットネイルができるようにポイントを解説します!

 Aさんには、筆者のレクチャーを受け、足にネイルをしてもらうことに。

 1つめのポイントは「爪表面の甘皮処理をしっかりすること」!

 フットネイルは、ハンドネイルと同じように事前の処理が大切。甘皮の処理や油分、水分の除去がしっかりできていなければもちが悪くなったり、アレルギーの原因にもなります。

 足は手の爪以上に甘皮がしっかりついていることが多いので、ネイルをする前にしっかり処理をしましょう!

 タイミングは、お風呂上りがおすすめ。無理に甘皮を押し上げると、爪表面を傷つけたり、皮膚を痛める可能性がありますが、お風呂上がりだと、甘皮がちょうどいい具合に柔らかくなるので処理しやすいのです。

 使用するのはプッシャーですが、指にガーゼを巻いても甘皮処理はできます。プッシャーは100均でも販売しているので、ぜひ準備してみてください。

 爪表面の甘皮を押し上げた時に甘皮がたくさんあれば、ガーゼでくるくると取り除きます。

 甘皮の処理ができたら、スポンジファイルで爪表面のツヤを取ります。「ノンサンディングジェル」など、使用するアイテムによっては必要ないこともありますので購入したジェルを確認しましょう。Aさんが持参した100均のジェルは必要なかったので、今回は省きます。

 これで爪表面の甘皮処理ができました。

 セルフネイルでも、爪表面の甘皮の処理は最低限行うとよいでしょう。

ネイリストが教える「セルフフットネイル」のポイント2:
根本は細い筆を使う

 爪表面の甘皮処理ができたら、エタノールなどを使用して油分と水分を除去します。特にお風呂上がりにネイルをする場合は、水分を多く含んでいるので、もちを良くするためにも、しっかり水分を除去するとよいでしょう。

 油分と水分が除去できたらベースジェルから塗っていきます。

 ここで2つめのポイント、それは「塗り方を工夫する」ことです!

 フットネイルはハンドネイルと異なり、「利き手ではない手で塗る時、やりにくい」ということはないのですが、足だからこその塗りづらさがあります。特に根本は見えづらいため、はみ出して皮膚についたりすることも多いと思います。

 このような場合、塗る箇所によって筆を使い分けるとよいでしょう。

 まずベースジェルを塗る前に、しっかりと筆をジェルボトルのふちでしごき、量を調整します。

 ジェルが多く筆についていると皮膚に流れやすくなるので、一度に塗りやすい量を取るようにします。ジェルが適量取れたら、爪の3分の2あたりから爪先までを先に塗布。

 爪先まできれいに塗れたら、ベースジェルをアルミホイルやパレットに出し、細い筆にジェルをつけて根本を塗ります。こうした工夫により、皮膚の近くの根本も、はみ出しづらくきれいに塗ることができますよ。

 最後に爪の断面も皮膚を抑えながら塗っておきましょう。このひと手間が、爪先からのジェルの浮きを防ぎます。

爪からはみ出たらウッドスティックで除去

 万が一、ジェルが爪からはみ出た際はウッドスティックで硬化をする前に取り除きましょう。

ライトで1分間硬化

 小指までベースジェルがきれいに塗れたら、ライトへ入れ1分間硬化。

 ベースジェルが硬化できれば、同じようにカラージェルを塗ります。この時も筆はふちでしごいて、ジェルの量を調整し、根本は細い筆を使うと塗りやすいでしょう。

 カラージェルは二度塗りするとムラになりにくく、均一に塗れます。

 一回一回硬化し、きれいに塗り終えたらトップコートを同じように塗って、硬化してください。

 それではトップコート硬化後を見てみましょう。

 いかがでしょう。根本を細い筆で塗り、はみ出した箇所は硬化前に取り除いたことで、皮膚にジェルがつくことなく仕上がりました。

ネイリストが教える「セルフフットネイル」のポイント3:
UV/LEDライトにしっかり当てる

 爪表面の甘皮処理をしっかりし、塗り方も工夫したら、最後のポイントは「UV/LEDライトにしっかり当てる」。

 Aさんの施術を見ていた時、ライトは全体的に当たっているように見えましたが、実際は親指や小指は硬化しきれていませんでした。100均のライトは上からしかライトが当たらないことが原因でしょう。

 使用するライトの特徴を理解することもネイルをする上では大切です。もし硬化ができていない爪があれば、ライトを当てる角度を変えて、全ての爪をしっかり硬化しましょう。

ネイリストが教える、セルフでも簡単にできるネイルアート

 上手にフットネイルができるようになったら、かわいいデザインのネイルをしたくなりますよね。ただ、「どうすればいいのかわからない」「初心者には難しいんじゃない?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

 しかし、本格的な絵を描いたり、グラデーションをしたりなど、難しいデザインをしなくても、簡単にかわいいネイルアートをすることができますよ!

 今回は、100均で購入できるようなアイテムを使って、Aさんにネイルアートにもチャレンジしてもらいました。

 まず簡単にできるアートの1つめは、ネイルシールを使うこと。貼るだけでかわいくオシャレに仕上がるので便利です! 100均にもたくさんのネイルシールが販売されています。Aさんは両足の親指にネイルシールを貼りました。

 2つめの簡単なアートはラメを使うこと。ラメはシールより豊富な種類が販売されていますので手に入りやすく、いろいろな使い方ができますよ。

 Aさんはラメを爪先に少し重ねて塗りました。全体にラメを塗るのもかわいいですし、写真のように爪先など一部にラメを塗るのもオシャレです。

 いかがでしょうか?

 シールを貼った親指はポップでかわいいデザインに、ラメを塗った爪は大人っぽい秋らしいデザインになりました。このようにセルフネイルでもシールやラメを使うと簡単にネイルアートが楽しめます!

100均ジェルでも、上手にフットネイルを仕上げられる!

 100均のジェルでも最低限3つのポイントを意識すれば、自宅でも上手にフットネイルを仕上げることができました。

 仕事柄、手にはネイルができなくても、足元はネイルを楽しめるという方も多いと思います。セルフネイルを極めて、季節関係なくフットネイルを楽しんでみては?


Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107

By Admin