Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107
  • 火. 7月 23rd, 2024

犯罪データベース

明日あなたが被害にあうかもしれない

【ダイソー】110円「白い刷毛」、黒カビ掃除に最強! プロ直伝の掃除テクニック

整理収納アドバイザー1級、クリンネスト2級の資格を持つ「掃除をしながら片付ける」伊藤まきさんが、ダイソー商品を使ったプロ技を紹介していきます!

目次

【ダイソー】白い刷毛110円
【セリア】白い刷毛110円
ダイソー「白い刷毛」で黒カビ掃除!
【黒カビ除去掃除】step1
【黒カビ除去掃除】step2
【黒カビ除去掃除】step3
【黒カビ除去掃除】完了
【黒カビ除去掃除】注意点

 今回はダイソーとセリアの「刷毛」を使った掃除術を取り上げます。  写真上は、家具の塗装などでおなじみの「刷毛」。掃除のプロたちも、サッと出して使える道具として重宝しています。

【ダイソー】万能用ハケ110円

 ダイソーのDIYコーナーへ行くと刷毛があります。黒(油性用ハケ)と白(万能用ハケ)の取り扱いで、今回使うのは白の万能用ハケ

【セリア】油性水性兼用刷毛110円

 セリアの刷毛はすべて白(油性水性兼用)。「多用途刷毛」もありますが、今回は使いません。

 なお刷毛を使う前は必ず「手でしごいで抜け毛を取る」作業をしてからにしましょう。

ダイソー「白い刷毛」で黒カビ掃除!

 「白い刷毛」なら、壁の黒カビが落とせます。ただ、漂白剤で黒カビの掃除が可能なのは「水を弾く壁紙」の場合に限ります。水が染み込みやすい壁紙の場合は、壁紙用の専用洗剤が必要です。

用意するアイテム

・白い刷毛
・キッチン用の漂白剤
・漂白剤を薄める器
・新しいマイクロファイバータオル

 最後に水拭きを繰り返すための、新しいマイクロファイバータオルは数枚用意してください。

【黒カビ除去掃除】step1:水200mLに対し漂白剤10ml溶かす

 片付けモニター宅で大きな家具をどかすと、壁紙に「黒カビ」がありました。

 水200mLに対して、キッチンブリーチを10ml(キャップの半分)の濃度まで薄めます。室内で漂白剤を使うときは「窓を全開」にして、換気をしておきます。作業中は、ゴム手袋、マスク、長袖の服も忘れずに!

【黒カビ除去掃除】step2:白い刷毛で漂白剤を塗布

 白い刷毛に薄めた漂白剤をつけて、壁紙に薄く塗り広げるように散布していきます。プロは、霧吹きボトルを使いますが「刷毛」のほうが飛び散り(目や髪に付くリスク)が少なく扱いやすいです。ただし、床まで洗剤が垂れやすいので、古いバスタオルや養生テープでガードをする必要があります。

【黒カビ除去掃除】step3:マイクロファイバータオルで水拭き

 刷毛で塗り広げると、瞬く間に「黒カビ」が消えていきました。水で濡らして硬く絞ったマイクロファイバータオルで、水拭きを繰り返します。巾木と壁紙の隙間に入らないように、素早く作業しましょう。

【黒カビ除去掃除】完了

 小範囲の汚れなら、自力でも写真のようにキレイになります。巾木と角に溜まった黒カビと頑固なシミは、歯ブラシ(先端を短く切る)を使ってこすり落としました。

【黒カビ除去掃除】自力で作業するときの注意点

 自力で黒カビを除去できるのは腰より下の小範囲に限ります。腰よりも高い天井や複数箇所にカビが発生している場合、壁紙がめくれたり膨らんでいる場合、窓枠が傷み湿った状態などは、壁の内側からの判断が必要なので内装業やカビの専門会社に相談しましょう。


Deprecated: trim(): Passing null to parameter #1 ($string) of type string is deprecated in /home/kusanagi/hanzaijp/DocumentRoot/wp-content/plugins/feedwordpress/feedwordpress.php on line 2107

By Admin